小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

バリスタも愛用!1回のドリップでおいしいコーヒーを抽出できるハリオのドリッパー「V60 MUGEN」

2022.01.29

忙しい朝にも淹れたてコーヒーを楽しめるハリオV60 MUGEN

日本の耐熱ガラスメーカー「ハリオ」。コーヒー関連の商品も多く展開しており、その中でもバリスタも愛用しているほど人気のドリッパーV60

その進化版ともいえる「蒸らしなし」で1回の抽出で手軽においしいコーヒーが淹れられるドリッパー「V60 MUGEN」が登場!さっそく使用感をレポートする。

V60 MUGEN」の特徴は・・・

ハンドドリップで淹れるコーヒーは、インスタントのモノより格段においしいが、豆からドリップするのは、お湯の注ぎ方や注ぐ回数が味を左右し、多少技術が必要。そんな手間と技術を補ってくれるドリッパーが、ハリオのV60の進化版「V60 MUGEN」だ。

ドリッパーでおいしくコーヒーを要れる入れるには、初めに少量のお湯を粉全体に均一に注ぎ蒸らす作業が必要で、このひと手間でコーヒーの味が変わる。しかし、この「V60 MUGEN」はそのちょっと面倒な「蒸らし」の作業なしで、1度のドリップでおいしいコーヒーを抽出できる。

カタチは本家の「V60」と似ているが、「V60」はスパイラスの溝が入っているのに対して、「V60 MUGEN」は星形の溝が入っており、見た目はすっきりした感じだ。

実際使用してみた!

使い方いたって簡単。

ペーパーフィルターのチャック部を折り曲げ、ドリッパーにセット。

ドリッパーにセットしたペーパーフィルターに湿る程度のお湯をかけて紙をリンス。そして、リンスしたフィルターにコーヒー粉を20g平らに入れ、渦上にお湯を注ぐだけ。

「蒸らし」作業が要らず、何度も分けてお湯を注ぐこともせずに入れられ、忙しい朝の時間でもおいしいコーヒーが簡単に淹れられる。

ドリッパーとホルダーは取り外し可能で、洗うのも簡単。

フックホルダーがあり、使わないときは吊り下げて収納できる。

他のドリッパーと味は違う?

ドリッパーによって推奨しているコーヒーの淹れ方はあるが、「V60 MUGEN」の推奨している淹れ方で、他のドリッパーと「MUGEN」で淹れたコーヒーの味を比べてみた。

淹れるときに感じたのが、他のドリッパーよりもコーヒーの抽出がゆっくり。

筆者は、コーヒーは好きだが味にうんちく言えるほどの知識はない。しかし、2つ比べてみると「V60 MUGEN」で入れたコーヒーの方が、酸味やコクが強く、ガツンとパンチが強い。逆にもう1つの方はすっきりした感じ。同じ豆、方法で入れたのだが、ドリッパーが違うだけで味が変わるということを実感した。

もちろん、雑味が少なくすっきりしたものが好みの人や、コクがあるものが好きな人など、人によってコーヒーの味の好みはあり、ひとえにどちらかがおいしいとは言えない。しかし、酸味が強いコーヒーが好みの筆者は「V60 MUGEN」のドリッパーは今後も使い続けようと思った。

簡単でシンプルなドリッパーだが、お湯の注ぎ方で味が変わる

「ドリッパーでコーヒーを抽出」というと難し感じがするが、これは際立ったテクニックが必要なく、レシピ通りにつくれば初心者でもおいしいいコーヒーが淹れられる。

ただし、お湯の注ぎ方をゆっくりしたり、早くしたりすることで酸味やコクを変えることができ、シンプルうえに奥が深く、初心者だけでなくコーヒーにこだわりがある人にもおすすめ。

筆者は、野外で使用することもあるため、割れにくいAS樹脂の素材のモノを使用しているが、「V60 MUGEN」は高級感ある有田焼の陶器のモノもあり、自分のライフスタイル、部屋の雰囲気で選べる点もうれしい。

これから春にかけて、引っ越しや一人暮らしをする人が増えるが、その人へのギフトとしても喜ばれそうだ。

V60 GUMEN [ハリオ]
https://www.hario.com/product/coffee/dripper/VDMU.html

文/舟津カナ

編集/inox.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。