小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

朝食、緑茶、コーヒーを借りて返すサステイナブルなテークアウトサービスが話題

2022.02.02

『Megloo』

 密を避けてお店の味を楽しめると需要が高まったテークアウトサービスに〝借りて返す〟という新しいスタイルが生まれつつある。背景にあるのはプラスチックごみの大量排出問題だ。国連環境計画によると、世界全体で発生するプラごみの47%が使い捨ての包装容器で、これらはリサイクルが難しく、リサイクル率は14%程度にとどまる。排出量を減らすためにドイツでは再利用テークアウトカップサービス『RECUP』を2016年から開始、現在では同国内3000以上の店舗で利用されている。

 昨今、日本でも同様のサービスが注目されていると、株式会社カマン代表取締役社長の善積真吾さんは説明する。

「日本は1人当たりの使い捨て包装容器ごみの平均排出量が年間約32㎏とアメリカに次いで多く、国際的な課題です。さらにSDGs実現への取り組みも相まって政府が積極的なので、『Megloo』(左上掲)のようなサービスを進めるうえでの追い風になっています」

 返却式のテークアウトサービスには、ゴミ削減という本来の目的以外にも、店舗側と利用者側双方にメリットがある。

「『Megloo』が店舗に提供する容器は使い捨て容器より低コスト。環境問題に取り組むお店というイメージ向上にもつながります。お客さんも機能性・デザイン性が高い容器を使うことで、温かい料理をおいしく楽しめます」(同前)

 大手コーヒーチェーンのスターバックスでも返却式カップの実証実験を開始している。〝借りて返す〟スタイルは、新しいテークアウトのスタンダードになるかもしれない。

保温性・密閉性抜群!提携店舗どこでも返却OK!

『Megloo』

神奈川県鎌倉市で実証実験中の返却式容器シェアサービス『Megloo』では、テークアウト時に借りた容器を提携店舗や返却BOXのどこでも返却可能。容器は保温性、密閉性が高く、さらに洗いやすいため衛生的。今後は対象店舗を拡大するほか、独自開発の容器を開発する予定。

【LINEで簡単オーダー!お店の味を温かいままどこでも味わえる】

『Megloo』

『Megloo』

店頭でQRコードを読み取り、LINEから容器の受け取り、返却手続きを行なう。

【傾けてもこぼれない!】

『Megloo』

朝食屋コバカバ

[住]神奈川県鎌倉市小町1丁目13-15 [電]0467・22・6131 [料]950円(サバ弁当)

朝受け取って帰りに返却!手軽に本格水出し緑茶が味わえる

『朝ボトル』

愛知県名古屋市に2021年5月にオープンした日本茶カフェ『mirume 深緑茶房』では、朝にお茶入りのボトルを受け取って帰りに返却する『朝ボトル』を提供中。天皇杯を受賞した深緑茶房(三重県)の茶葉を使用しており、手軽に本格的な水出し緑茶を楽しめる。

【低カフェインで身体にやさしい】

『朝ボトル』

【水を足せば3杯分楽しめる!】

『朝ボトル』

『朝ボトル』では平日の8〜10時に店頭のカウンターで提供される。使用後のボトルはカウンターの穴に挿すか返却用の木箱へ投入して返却する。

mirume 深緑茶房

[住]愛知県名古屋市西区那古野1丁目36-57 [電]052・551・3366 [料]300円(朝ボトル)

大手コーヒーチェーンでも実証実験開始!

『借りるカッププログラム』

東京・丸の内エリア内のスターバックス全10店舗では、カップ循環型プログラムの実証実験を実施中。通常のカップよりも安く提供されるうえ、ステンレス製なので保温性が高い。再利用時の洗浄は微生物検査などの高度な基準を設けており、衛生面も安全だ。

【ステンレス製で保温性抜群】

『借りるカッププログラム』

【最新設備で衛生面もバッチリ】

『借りるカッププログラム』

スターバックスコーヒー 皇居外苑 和田倉噴水公園店

[住]東京都千代田区皇居外苑3-1 [電]03・6273・4844

取材・文/桑元康平

※本記事内に記載されている商品やサービスの価格は2021年12月20日時点のもので変更になる場合があります。ご了承ください。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。