小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

不安定さを増す世界の株式市場の背景にある2つの要因

2022.01.27

米金融政策の正常化やウクライナ情勢に対する懸念から、週明けの欧米市場は不安定な動きを見せている。こうした状況を踏まえて今後の株式市場への影響を考察した、三井住友DSアセットマネジメントによるマーケットレポートがこのほど公開された。詳細は以下の通り。

週明けの欧米市場は不安定な動き、米金融政策正常化やウクライナ情勢に対する懸念が主因

1月24日の欧州株式市場では、ドイツ株式指数(DAX)とフランスCAC40が前週末比4%弱下落し、英FTSE100種総合株価指数は同3%弱下落した。米国株式市場でも、ダウ工業株30種平均の下げ幅が一時1,100ドルを超えるなど、主要株価指数は大きく下落したが、午後に入ると買い戻しが優勢となり、ダウ工業株30種平均、S&P500種株価指数、ナスダック総合株価指数は、そろって前週末比で上昇し、取引を終えた。

主要株価指数の不安定な動きの背景には、①米金融政策の正常化ペースが更に加速するとの見方が広がりつつあること、②ウクライナ情勢がここにきて急速に緊迫の度合いを増したこと、があると思われる。これらに対する投資家の懸念が強まり、株安に繋がったと推測される。そこで、以下、この2点についての考え方を整理し、今後の株式市場への影響を考える。

正常化ペースの織り込みが過度に進み、市場は先週後半から、米景気腰折れを警戒する流れに

はじめに、米金融政策の正常化ペースからみていく。先週は原油高の進行を受け、正常化ペース加速の思惑から、米10年国債利回りが大きく上昇した。フェデラルファンド(FF)金利先物市場が織り込む米利上げ回数(利上げ幅は0.25%)は、1月20日時点で2022年が約4.2回、2023年が約2.5回だった(図表1)。市場では、3月の利上げ幅は0.5%になる、バランスシート縮小は国債売却で進める、との見方も浮上していた。

市場で適度に正常化ペースの織り込みが進めば、「インフレ抑制→株高」も期待できるが、過度に織り込みが進めば、「景気腰折れ→株安」となる。実際、先週後半以降は後者の流れとなり、市場は原油安、米10年国債利回り低下、株安で反応している。また、FF金利先物市場における利上げの織り込みも後退し、1月24日時点で2022年は約3.7回、2023年は約2.3回に、それぞれ減少した。

過度な正常化織り込みによる株安は一時的、地政学リスクが株価に与える影響も一般に短期的

このように、行き過ぎた正常化ペースの織り込みは、市場が自らそれを修正するため、「景気腰折れ→株安」の流れは、一過性のものと判断される。また、米国では正常化の織り込みが進んだ結果、期待インフレ率が低下し、実質金利は緩和の縮小を見越して上昇したものの、依然マイナス圏にある(図表2)。この点を踏まえると、今の環境は、株式市場にとって、それほど悪くないといえる。

次に、ウクライナ情勢は、今後の展開を見守る必要はあるが、米国、ロシア双方とも武力衝突を避けるべく、協議を継続するとの見方が多いように見受けられる。地政学リスクは一般に、主要国の金融システムに深刻な影響が出ない限り、顕在化しても株式市場への影響は一時的と考えられる。そのため、主要株価指数の不安定な動きが長期化する恐れは、今のところ小さいと思われる。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント株式会社
http://www.smd-am.co.jp


構成/こじへい

2022年は賢く稼ぐ!新時代のマネートレンドを完全網羅した「DIME MONEY 投資の強化書2022」

世界情勢が刻一刻と変化する今、世の中がどう変化しようと自分の力で本質を見抜き、自分に合った方法で資産形成をしていく必要性を感じている人も多いでしょう。本誌ではビジネスパーソンのためのライフハックマガジンとして積み上げてきた知見を生かし、株だけでなく、仮想通貨やNFT、DeFiといった昨今のニュースをにぎわす〝新しい資産〟についても解説していきます。経済誌やマネー誌とも違った視点で、投資を考える一冊です。新時代の資産形成の羅針盤としてお役立てください。

セブンネットショッピングて購入する

https://7net.omni7.jp/detail/1230960330

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。