小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマホ中毒の人におすすめ!タイムロッキングコンテナ「Z-Bag」でデジタルデトックスしてみた

2022.01.29

「スマホ症候群」が重症化する前に負の連鎖を断ち切りた~い!

一日中、スマートフォンをずっと使いまくることにより、頭痛・肩こり・眼精疲労・ドライアイ・うつなどに悩まされてしまうといわれるのが、「スマホ症候群」。ようするに体調がカナ~リ悪くなります。

別名「スマートフォン症候群」と呼ばれることもあります。さすがに「ガラケー症候群」とは呼ばれないようです。

特にここ最近は、寝食を忘れてスマホと真摯に向き合う律儀な人が後を絶たず、大きな社会問題となっています。

もし子供がスマホ症候群になった場合、学力低下や不登校につながる可能性もあるので、要注意です。

なんてこったい!

そんな深刻すぎる「スマホ症候群」ですが、遊ぶ時間を決めて、それ以外は強靭な意思の力でスマホを触らないようにしようと決心しても、いわゆる依存症状態であり、初心を貫くことは困難です。

その結果、どんどん症状が悪くなり、しまいには寝込んでしまいます。

これを克服するには、物理的にスマホが使えないようにするしかありません(ただしスマホを壊すのは不可です。もったいないし、緊急の電話が取れないともしもの時に困ります)。

取りあえずこれは由々しき問題です。

デジタルガジェット全盛のこの時代、スマホを任意の期間、物理的に使えないようにしてくれて、かつスマホ自体を壊さなくてすむような素晴らしい商品は存在しえないのでしょうか……?

できれば任意で時間設定ができるとなお良いです。

実はあります。

このたびクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」にて出品を開始したY&Y STOREより、スマホ症候群のあなたに朗報! 物理的にスマホに触れられないようにするタイムロッキングコンテナ「Z-Bag」が発表されました!

……何でもこのタイムロッキングコンテナ、タイムをロッキングしてくれるんだそうです。なんじゃそりゃ!

スマホへの誘惑を断ち切り、モリモリ勇気が沸いてくるオドロキのコンテナが登場!

GREEN FUNDING|物理的にスマホに触れない環境を作る! 使用時間を制限してスマホ依存症を効率的に断つ! 時間を自由に設定可能なタイムロッキングコンテナ「Z-Bag」

物理的にスマホが触れない環境を作る! 使用時間を制限することでスマホ依存症を効率的に断つ! 時間を自由に設定可能なタイムロッキングコンテナ「Z-Bag」

このたび、物理的にスマホを触れないタイム(時間)を自由に設定可能な、ロッキングコンテナ(ようするにスマホを使えないようにする箱みたいなもの)が登場いたしました!

その名も「Z-Bag」です!

このコンテナはようするに以下を実現します。

・ディスプレイを搭載! 何と5分から99時間59分までタイマーを設定可能!
・スマホをロックしても電話応答・音楽再生などの操作はカンタンにできる!
・わずか1時間の充電で30日から50日までの長い連続使用時間を実現!

……と痒いトコロに手が届く、スマホ症候群による禁断症状を強制的に抑えてくれる逸品なのです!

スマホ症候群対策に最適! 「Z-Bag」の特徴とは?

それではスマホ・ロッキングコンテナ「Z-Bag」の特徴をご説明いたします。

こんな人にオススメ!

「Z-Bag」は、時間を設定するとその間、スマホを物理的に触れなくするガジェットです。

・スマホ依存症からはやく脱出したい人!
・学校の受験や会社の面接を控えている人!
・様々な誘惑に負けやすい人!

に最適です。「Z-Bag」ではやくスマホ依存症を治して、健全な人生を歩みましょう。

スマホを使えなくなる時間を分単位で設定可能!

本体上部にタイマー式の鍵がついており、5分から99時間59分までのタイマーを設定可能です。

ボタンの機能は、左から「ロックボタン」・「時間設定」・「分設定」・「リセット」となります。

うっかり99時間なんかに設定してしまったら、もう大変なので気をつけてください。

2つ穴が開いている! ……だから何?

「Z-Bag」は前面に2つの穴が開いています。

だから何やねん、と思われがちですし、筆者も当初そう思ったのですが、これがなんと、緊急時の電話の応答や音楽の再生であれば、この窓からの操作でソレが可能になるんですねぇ(スマホにもよりますが大体大丈夫な筈)。さすがにこの発想はなかった!

ちなみに底の部分にはスマホが充電できるような穴がすでに用意されているので、そこから充電すれば、バッテリー切れの心配もありません。

目から鱗片!

時間が来たら、ロックがオープン・ザ・ウィンドゥ!

タイマーの設定時間が到来したら、音が鳴ってロックがパチッと解除され外れます。これは楽しい!

ちなみにコンテナ自体がバッテリー切れになった時も、ロックが解除されるので、もしもの場合ににっちもさっちもいかなくなることはありません。

良かった!

コンテナはUSB Type-Cで充電できる!

コンテナ上部にはUSB Type-Cの端子が内蔵されており、4500mAhのバッテリーに充電が可能です。

1回充電したら、約30~50日は連続使用が可能です。ようするにナノテクです。

とにかく丈夫!

カーフレザー(生後 6か月以内の子牛から取れた革。きめ細やかで滑らかなのが特徴)・ABS樹脂(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合合成樹脂)、PC(ポリカーボネート。フェノールAとホスゲン又はジフェニルカーボネートを原料とする熱可塑性プラスチック)製なので、ようするに丈夫です。

大容量!

スマホ2台を同時に収納可能です。かつそれほど大きく感じることもなく、持ち運びがしやすいです。

使い方はとてもカンタン!

「Z-Bag」の使い方はとてもカンタン。

1.鍵のマークのボタンを押して、ロックを開く。
2.スマホを入れる。
3.ファスナーを閉じてつまみの端を本体の穴に差し込む。
3.HボタンとMボタンで時間を設定して、最後に鍵のマークのボタンをダブルクリックしたらタイマーセット完了でカウントダウンスタート!

もうこれでスマホは設定時間内は使えません。良かったですね!

タイムロッキングコンテナ「Z-Bag」の主な仕様は以下の通りです。

製品:Z-Bag
サイズ:210×100×19mm
重量:125g
ディスプレイ:46.5×11mm
素材:カーフレザー+ABS+P
ロック時間:5分~99時間59分
入力:Type-C 5V/1A
バッテリー:450mAh
充電時間:1時間
連続動作時間:≧30日
スタンバイ時間:≧60日
作動温度:-20℃~65℃

……しかしこういったタイムロッキングコンテナは、実際にスマホをロックして、スマホ依存症に対応できるのかどうか試してみないと実際にどうなのか、よくわからないですよね。

そこでこのたび、タイムロッキングコンテナ「Z-Bag」を試用してみることと致しました!

さっそく開梱の儀です!

タイムロッキングコンテナ「Z-Bag」を試用してみました!

タイムロッキングコンテナ「Z-Bag」開梱の儀です。

とっても小さくてコンパクトかつ軽量です。でも普通のスマホよりは一回りくらいは大きいかな。スマホを中に入れるための入れ物なのですから当然っちゃあ当然です。

ファスナーを開けると、説明書やUSBケーブルのたぐいが入っていました。

あらかじめよく充電をしておきましょう。

スマホを中に入れて、ファスナーのつまみをロックの穴に入れたら時間をセットして、鍵のマークのボタンをダブルクリック!

タイマーが稼働します。これで設定時間に到達するまではスマホが使えなくなります。

スマホ依存症が治りそうな予感!

カウントダウン開始! 5……4……3……2……1……0! カチッ!

は、外れた~! 良かった~!

さあこれからスマホで一日中遊ぼう~っと! (GREEN FUNDING・Y&Y STORE・編集部「オイ!?」)

次回作はパソコン版のタイムロッキングコンテナをお願いいたします! 実はコチラの方が重症です!

※本記事掲載の内容・画像・動画は、©Y&Y STORE様・株式会社ワンモア(GREEN FUNDING)様よりご承諾をいただいております。
※他資料・画像引用 筆者自身の撮影によるもの、もしくはメーカー・販売店サイト、又はWikipediaなど。
※本記事は、執筆時点でネットに公開された資料や取材による情報に基づく商品やサービスの異訳調の紹介風なテキト~でいい加減な内容のエッセイとなりますが、筆者及び編集部はその内容や継続性などを保障するものではございません。(特に海外メーカーの場合、公開された仕様と実際の仕様が異なる場合があります。)
※筆者及び編集部は、記事中の商品やプロジェクトを保障するものではございません。購入は自己責任となります。ご注意ください。
※技術基準適合証明(技適)を取れていない商品がある場合、その機器の「使用」をすすめるものではございません。購入、利用に於いては、あくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。
※健康器具や健康食品の効果については個人差があるため、使用についてはあくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。
※クラウドファンディングには、立案会社の問題でプロジェクトが頓挫する可能性や支援金が戻らなくなるリスクもまれにあります。出資にあたっては、ご自身でご判断頂きますようお願いいたします。
※本記事に登場する、登場人物のキャラクターや言動は炎上しそうな箇所はおおむねフィクションです。

文/FURU
デジタル系ガジェットに散財する、自称漫画家 兼 実質ライター。 電脳ねたがテーマの漫画を得意とする→https://www.furuyan.com
ゆかいなデジねた漫画「でじ@おた!」 大ヒット絶賛公開中!→https://amzn.to/2XxEJQS
YouTubeチャンネル開設中→https://www.youtube.com/user/furucyan/videos?sub_confirmation=1
記事の内容について(おことわり)→https://tinyurl.com/2nvk2j4w

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。