小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

勤務先に対する満足度と働き方や社内制度に対する満足度は比例する?

2022.01.26

地域別・働き方リサーチ 理想と現実編

新型コロナウイルス感染拡大が引き金となり、時差出勤やテレワーク・在宅勤務等といった多様な働き方への注目度はこれまで以上に高まりをみせている。テレワーク制度を導入したばかり、もしくは今まさに働き方の多様化を進めている企業も多いのではないだろうか。

ネオマーケティングは全国(7つの地域区分)の20歳~79歳の男女2100人に対し、現在の働き方・利用している制度といった実態、さらには転職・異動を考えるうえでの「働き方」の影響度合い等、様々な軸で調査をした。

知っている働き方・制度と勤め先で導入している働き方・制度

自身が知っている働き方・制度を聞いた。また、お勤め先または主なお勤め先で導入している働き方・制度を聞いた。 

「テレワーク・リモートワーク(自宅に限らず会社から離れた場所での勤務)」「在宅勤務(自宅での勤務)」は共に認知率70%越え、導入率はそれぞれ16.8%・18.7%とまずまずの結果に。新型コロナウイルスの影響により勤務場所の多様化が注目され認知度の高まりはありつつも、実際の導入状況については発展途上のようだ。

他方、「ワーケーション」を知っている方は33.8%と一定程度の割合を獲得したが、「ワーケーション」をお勤め先で導入している割合は2.0%と、まだまだ少数派であることが分かった。

また、お勤め先または主なお勤め先で導入している働き方・制度について、在住している地域別に回答を比較すると、「テレワーク・リモートワーク」「在宅勤務」の割合について、特に地域差がみられた。 

「テレワーク・リモートワーク」「在宅勤務」の導入について関東ではそれぞれ27.0%・29.0%となり、最も割合の低かった東北の13.0%・13.0%と比較してその差はそれぞれ「テレワーク・リモートワーク」で14ポイント、「在宅勤務」で16ポイントだった。

またこの関東の導入率は、近畿の「テレワーク・リモートワーク」17.3%・「在宅勤務」22.7%の導入率と比較しても、それぞれ9.7ポイント・6.3ポイント分の差があり、やはり関東の導入率が非常に高いことが分かった。

現在の働き方・制度と理想の働き方・制度

勤め先または主なお勤め先での、自身の現在の働き方・利用している制度をお聞きしました。また、理想の働き方・制度も聞いた。(働くことを前提として回答)

現在の働き方で89.0%の割合となった「出社して働く」は、理想の働き方となると56.4%と約半数にとどまった。

また出社以外で、現在の働き方と理想の働き方の乖離が5ポイント以上だったのが、「本業と副業の両立」「会社に属さず自営業・個人事業主・フリーランスとして働く」「在宅勤務(自宅での勤務)」だった。 

現在の働き方で13.3%の割合となった「テレワーク・リモートワーク(自宅に限らず会社から離れた場所での勤務)」が、理想の働き方としても16.4%とあまり乖離が無いことを踏まえると、「勤務する場所が自由に選べる」よりも「雇用形態・稼ぎ方が自由に選べる」ことを理想だと感じている方が多いことが読み取れる。

また、在住している地域別に回答を比較すると、九州・沖縄において「本業と副業の両立」「会社に属さず自営業・個人事業主・フリーランスとして働く」ことを理想とする割合が、他の地域に比べ高いことが分かった。

特に、「本業と副業の両立」を理想とする割合は20.3%となり、最も割合の低かった北海道の11.7%よりも8.7ポイント、そして関東の14.3%と比較しても6ポイント分高いことが分かった。

出社している理由

勤め先または主なお勤め先に出社して働いている方に対し、出社している理由を聞いた。

「出社した方が仕事がはかどる・集中できるから」「対面でコミュニケーションが取りたいから」等、自ら進んで出社する方がそれぞれ10%弱いる一方で、「社外で業務をするためのシステムが無いから」出社している方が約30%存在した。また「社外で業務をするためのPCが無いから」も7.2%と、お勤め先の用意する環境が整っていないことが要因で出社する割合は多いようだ。

勤め先に対する総合満足度と働き方・制度に対する満足度

現在のお勤め先または主なお勤め先に対する総合満足度を聞いた。また、現在のお勤め先または主なお勤め先の働き方・制度に対する満足度についても聞いた。

どちらも、「満足している」のみだと約15~16%ではあるものの、「満足している」「やや満足している」合計では60%を超えた。

一方、前掲した設問【知っている働き方・制度と勤め先で導入している働き方・制度】にて、お勤め先が「ワーケーション」を導入している場合・「在宅勤務」を導入している場合の、お勤め先に対する総合満足度を見ると、満足度はそれぞれ81.4%・73.1%とさらに高まることが分かった。

特に、ワーケーション導入の場合は「満足している」のみで約30%を獲得している。反対に、「ワーケーション」「在宅勤務」といった各種制度を何も導入していない場合の総合満足度は60.9%にとどまった。

調査概要

調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施

調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、全国の20歳~79歳の男女

有効回答数:2100名(北海道在住:300名、東北在住:300名、関東在住:300名、中部在住:300名、近畿在住:300名、中国・四国在住:300名、九州・沖縄在住:300名)

調査実施日:2021年12月3日(金)~2021年12月7日(火)

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。