小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【今月の一冊】米コミック界の巨匠アラン・ムーアの世界観にどっぷり浸る傑作「ネオノミコン」

2022.02.21

『ネオノミコン』『月の番人』

 アメリカンコミックのファンなら知らぬ者とていない巨匠が、漫画原作者のアラン・ムーア。よく知られている作品としては『ウォッチメン』が挙げられると思うのですが、わたしが心酔しているのはグラフィックノベル『フロム・ヘル』(みすず書房)です。これまで数多くの研究書やトンデモ系の謎解き本を生み、大勢の小説家の想像力を刺激してきた19世紀末のロンドンに出現した殺人鬼、切り裂きジャック。『フロム・ヘル』はその決定版ともいうべき作品になっているんです。

 ヴィクトリア女王をはじめ、実際の捜査にあたったアバーライン警部、「エレファント・マン」ことジョン・メリック、王室侍医ウィリアム・ガルなど、実在の人物が多々登場。切り裂きジャックを起点に、ロンドンの歴史や文化、建築、オカルティズムと様々な話題へとつなげていく、まさに百科全書的な1冊になっていて、物語としておもしろいのはもちろん、知的好奇心も満足させてくれる稀有なコミックなんです。

オカルト×ミステリー……おぞましき怪作

 その傑作を生んだアラン・ムーアが、ラヴクラフトのクトゥルー神話とがっぷり四つに組み、グラフィックノベル界で初めてホラージャンル最高の賞ブラム・ストーカー賞を受賞したのが、今回紹介する『ネオノミコン』。

 物語は、FBI捜査官のサックスが凄惨な連続殺人事件と関係するカルトの正体を暴くべく、潜入捜査をしているシークエンスから始まります。やがて、サックスは、同じような殺し方をしながらまるで関係のない3人の殺人犯の接点として、クラブ・ゾティークというライブハウスと、弱い幻覚剤DMT-7があることを発見。クラブでクスリを売っているカルコサという男と接触するんです。

 ところが、クスリの受け渡し場所として指定されたカルコサの家で、サックスは異様な体験をします。軽い幻覚剤を服用し、目を閉じたサックスの耳に、「ウザ=イ・エル」と呪文のような言葉を吹き込むカルコサ。それを合図にまがまがしい世界に取り込まれてしまうサックス。彼は、3人の犯人と同じやり方で人を殺し、特殊な殺人者のために用意された病棟に収容されてしまうんです。

 と、ここまではほんの序盤。2人の捜査官がサックスに面会する場面以降の展開は、作画のジェイセン・バロウズのすばらしい画業もあいまって、おぞましいのに一瞬たりとも目をそらせない不穏な美をたたえて至高のひと言に尽きます。ラヴクラフトマニアのみならず、ホラー小説や漫画ファンなら瞠目間違いなしの傑作です。怖いもの見たさで、ぜひご一読を!

 一転、トム・ゴールドの『月の番人』は、これ以上ないってくらい静かなコミックです。住人がどんどん地球に帰ってしまい、閑散とした月のコロニーで警察官を務めている青年の日々を、アイコンのようにすっきりとしたスタイリッシュな描線で描き、月世界に漂う淋しさや侘しさに、暗い気持ちになるのではなく逆に心慰められてしまう。そんな摩訶不思議な読み心地が味わえる逸品。手元に置いておき、時々開いてみたくなる魅力がこのコミックにはあります。

『ネオノミコン』『月の番人』

『ネオノミコン』

著/アラン・ムーア 画/ジェイセン・バロウズ 訳/柳下毅一郎
国書刊行会 3080円

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

『月の番人』

著/トム・ゴールド 訳/古屋美登里 亜紀書房 1650円

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

豊﨑由美
ようやく、なじみの居酒屋に行けるようになり、感無量の日々。でも、神楽坂の「モー吉」がコロナ禍で閉店したことを知り、そういう店が多いと思うと喜んでばかりもいられません。COVID-19めー。

未来は自分の手でつかむ!【編集部イチオシの3冊】

『独身偉人伝』

著/長山靖生 新潮社 814円

『独身偉人伝』

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

■ 独身だからできることもある

本書に出てくる偉人たちは、恋多き人生、さらなる芸術を求めてなど、様々な理由から独身を貫いた人物たち。彼らのように世界を変えられないが、信念があれば、非婚でも豊かな人生は歩めると勇気湧く1冊だ。

『23区格差』

著/池田利道 中央公論新社 968円

『23区格差』

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

■ 住むならどの区にしますか?

港区と足立区の所得格差は約4倍、世帯年収が1000万円を超える世帯の比率の差など、東京23区の所得格差を調べ上げた1冊。歴史的背景をふまえたその理由の考察も面白く、東京の素顔が見えてくる、話題の書。

『幻の旗の下に』

著/堂場瞬間一 集英社 1980円

『幻の旗の下に』

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

■ 戦争なんかに負けてなるものか!

日中戦争の影響で1940年の東京五輪を返上し、代わりに大日本体育協会が開催した「東亜競技大会」。スポーツが政治に翻弄された史実をベースに、2人の若者が大会成功を目指し、傷つきつつも奔走するさまを描く。

文/編集部

※本記事内に記載されている商品やサービスの価格は2021年11月30日時点のもので変更になる場合があります。ご了承ください。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。