小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2030年までに10億人に到達するデジタルノマドによってサイバー国家は生まれるのか?

2022.02.04

デジタル・エクソダス

 ITを活用し、働く場所に縛られない「デジタルノマド」と呼ばれる人が増えている。英国の『The Economist』誌によれば、今後数年で10億人のデジタルノマドが生まれるという。その背景にあるのが「デジタルノマド・ビザ」だ。

「エストニアやジョージアなどデジタルノマド・ビザを発給する国が増えています。好きな場所で働けるので、国に縛られる必要もない。彼らはインターネット上で分散型自律組織(DAO)によってゆるやかな結びつきを得て、サイバー国家が現実になりつつあります」

 そう話すメディア美学者の武邑光裕氏はこの現象を旧約聖書の「出エジプト記」になぞらえ、「デジタル・エクソダス」と呼ぶ。

「世界の変化に追いついていない現状の社会システムを変えられるのか。それができないのなら、従来システムから逃れて、新しく作ればいいのではないか。その結果として、インターネット上の国家の創出という動きが進んでいるのです。国家にとって人材の流出は大きな問題ですが、この流れはパンデミックでさらに加速しています。デジタルノマドたちの動向はポスト・コロナを語るうえでのメガトレンドになっていくでしょう」(武邑氏)

 デジタルノマドの人々を自治体レベルでどう受け入れるかという視点も重要だ。その土地の魅力を発信し、ノマドワーカーが集まれば、地方創生へつながる可能性もある。

デジタルノマドの提唱者は日本人!

Digital Nomad

『Digital Nomad』は、日本人エンジニアの牧本次生氏と、デビッド・マナーズ氏の共著(日本語版は絶版)で提唱された。

インターネット国家「Plumia」

Plumia

サイバー国家のひとつである「Plumia(プルミア)」は国境を越えた機会とサービスへのアクセスを提供する国の構築に取り組む。

取材・文/橋本 保

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。