小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これで5880円!?90種類のスポーツモード搭載で12日間バッテリーが持続するスマートバンド「realme Band 2」は買いか?

2022.01.24

コロナ禍の影響もあり、自宅で過ごす時間が増えた一方で、運動不足が気になるという人は多くいるでしょう。そんな中、手軽に身体の健康管理や、ワークアウトのサポートができるとして人気を博しているのが、「スマートウォッチ」や「スマートバンド」という製品です。

スマートウォッチは、より時計に近い形状で、多数のアプリをインストールし、“腕に巻くスマートフォン”のように使うことが多い製品。代表格ともいえる「Apple Watch」シリーズでは、決済アプリも使えます。

一方のスマートバンドは、より健康管理機能やワークアウトモードに特化した製品が多いのが特徴。身体の状況を検知する様々な機能や、豊富なスポーツモードが収録されていることが多いので、フィットネスのサポートアイテムとしておすすめの製品。また、スマートウォッチと比較すると、機能が若干少ない代わりに、安価な製品が多いのも特徴です。

【参照】realme 公式HP

今回は、90種類のスポーツモードを搭載し、消費カロリーや時間を記録できる機能を備えながら、連続最大12日間の駆動時間を持つ「realme Band 2」を実際に試し、使用感を紹介していきます。

「realme」は、2018年に設立されたばかりのデジタルブランド。ブランドのコンセプトとして、「若者向け」とあるように、質の高いテクノロジーの製品を、比較的安価に展開しており、グローバル市場では、2020年第3四半期に、5000万台のスマートフォンを出荷するなど、急速に成長しています。

日本においては、スマートフォンの販売こそまだありませんが、ワイヤレスイヤホンやスマートウォッチを発売中。2021年12月26日に、新たに「realme Band 2」を日本市場向けのラインアップに加えた形で、Amazon、楽天市場より5880円で販売されています。

【realme Band 2】外観/装着感

ディスプレイは長方形の約1.4インチで、解像度は167×320となっています。スマートバンドとしては比較的大きい画面になっており、スマートフォンに届いた通知も手元でしっかり確認できます。TFT液晶を採用していますが、ディスプレイ輝度は5段階で調整できるようになっており、屋外でもしっかり視認できました。

本体サイズは約259.9mm×約24.7mm×約12.1mm、質量は約27.3g(いずれもストラップ含む)。若干分厚い印象もありますが、かなり軽量になっており、一日中腕に着けていても疲れにくいのが特徴です。ストラップは丈夫で軽量なポリカーボネート素材が採用されています。

【realme Band 2】基本機能/性能

realme Band 2の大きな特徴が、バッテリーの持続時間。最長で12日間持続するようになっており、週に1回でも充電しておけば、基本的にバッテリーが切れる心配がないので、常時健康状態をモニタリングするという観点で非常に有用でした。毎日充電するのがわずらわしいという人にもピッタリでしょう。

また、本体は水深50m相当の圧力に対応する「5ATM」に対応しています。着けたままプールやお風呂に入っても、故障の心配がほぼありません。

スマートフォンとの接続は「realme Link」というアプリを使って行います(Android 5.1及びiOS 11.0以上)。アプリを使用することで、通知や着信の確認ができるほか、再生している音楽のコントロールやカメラのコントロールも行えます。

文字盤のデザインは50種類以上が収録されています。シンプルな時計のデザインから、ワークアウトの状況を確認できるデザイン、ポップなデザインなどが豊富に用意されているため、仕事/プライベートなど、シーン別に適したデザインに変えても楽しめるでしょう。

【realme Band 2】健康管理機能/ワークアウトモード

健康管理機能としては、24時間継続の心拍数モニタリング機能を搭載。心拍数が異常値になった場合には、アラートが鳴るようになっています。また、血中酸素レベルモニタリング機能も搭載しているので、身体の状態をこまめに集計することができます。

また、睡眠モニタリング機能も搭載されており、毎日の睡眠の質やデータを、realme Linkアプリから確認することが出来ます。最長12日間持続するバッテリーを有しているため、夜間に毎日充電しておく必要がないという観点から見ても、嬉しい機能でした。

スポーツモードはウォーキングやサイクリング、水泳など90種類を収録。realme Band 2本体には14種類の運動を登録しておくことが可能です。下図はサイクリングをしている際の画像で、心拍数、継続時間、消費カロリーがひと目で確認できるようになっています。

スマートバンドに求められる健康管理機能/スポーツモードを豊富に備えながら5880円の安価が嬉しいrealme Band 2

冒頭でも触れた通り、スマートバンドは健康管理機能やスポーツモードを豊富に搭載した製品が多く、realme Band 2もこちらは同様。加えて、最長12日間持続するロングバッテリーを搭載することで、各機能を思う存分堪能できるのが魅力でもあります。

また、なんといっても5880円とかなり安価に購入できるのも嬉しいポイント。手軽に身体の状態を計測できる製品として、スマートバンド/スマートウォッチをこれまで使ってこなかったという人にも、試してほしい1台です。

取材・文/佐藤文彦

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。