小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ダカールラリー2022でTOYOTA GAZOO Racingのアル-アティヤ・ボーメル組が優勝

2022.01.23

14日間に渡って戦いが繰り広げられたダカールラリー2022がゴールを迎え、TOYOTA GAZOO Racing(以下TGR)のナッサー・アル-アティヤ/マシュー・ボーメル組のGRダカールハイラックスT1+が優勝を果たした。TGRにとっては初の総合優勝となった2019年大会以来3年ぶり2回目の勝利となる。

また、この日の最終ステージではヘンク・ラテガン/ブレット・カミングス組が、今大会2度目となるステージ勝利。4台体制で今大会に挑んだTGRは、4台全車が完走。全12ステージ中、5ステージを制した。

【ステージ12】

1月14日(金)、サウジアラビアの、紅海に臨む大都市ジェッダでダカールラリー2022がフィニッシュを迎えた。元旦にスタートが切られてから2週間、競技区間の合計4261km、移動区間も含めた総走行距離8119kmを走り抜いてきた「世界一過酷なラリー」を制したのは、TGRのアル-アティヤ/ボーメル組が駆る、GRダカールハイラックスT1+だった。

ステージ1でトップに立つと、その後は首位の座を譲ることなく2位に33分差をつけて最終ステージに臨んだアル-アティヤ/ボーメル組にとって、今大会最短である競技区間165kmのステージ12は、ナビゲーションこそ難しかったものの、大きな問題にはならなかった。今大会2度のステージ勝利を挙げたアル-アティヤ/ボーメル組は最終ステージをトップから約8分遅れの19位でフィニッシュしたが、最終的には2位に27分46秒差をつけての総合優勝に輝いた。

この勝利は、アル-アティヤにとって特別なものとなった。カタール人のアル-アティヤにとって、2020年から中東・サウジアラビアが舞台となったダカールラリーを制することは悲願であり、2020年、2021年大会共に優勝争いをしながらも僅差の2位と涙を飲んできたが、今年ついにその雪辱を果たすことになった。そしてこの勝利は同時に、チームにとっても特別なものとなった。

今大会に向けチームは新たに、大径化されたタイヤとホイール、拡大されたサスペンションストローク、そして新型ランドクルーザー300 GR SPORTの新開発3.5リッターツインターボV6エンジンなどを採用した、GRダカールハイラックスT1+を開発した。この勝利は、チームが「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」の信念の下に、技術の限界に挑んだ結果である。

最終ステージは、ラテガン/カミングス組にとって雪辱のステージでもあった。ラテガン/カミングス組は前日のステージ11で、総合優勝を争うアル-アティヤ/ボーメル組をサポートするために彼らを待ち、ステージ争いに参加出来きなかった。そしてフルアタックの許された最終ステージ12では、前日の順位により後方からのスタートを余儀なくされ、タイヤのパンクにも見舞われながらも猛烈な走りを見せ、今大会2度目となるステージウィンを飾った。

一方、ジニエル・ド・ヴィリエール/デニス・マーフィ組にとっては浮き沈みの激しい大会となった。前半戦は表彰台圏内を争っていたが、ステージ7でオイルパイプの破損に見舞われて無念のタイムロス。しかしそれでも彼らはステージ9での1勝を挙げ、最終的に総合トップ5で走り抜いた。最終ステージ12では、首位のラテガン/カミングス組から5分30秒遅れの12位フィニッシュとなったが、それでも総合5位の座を守るには十分であった。

シャミア・ヴァリアワ/ダニー・スタッセン組は、今大会初めてのコンビながら、ラリーを戦っていく中で力をつけていった。ラリー序盤戦の不運で順位は落としたものの、後半戦に入ると何度も好結果を残し、最終ステージでも着実に走り抜いて、総合15位でフィニッシュ。ヴァリアワにとっては2度目、コ・ドライバーのスタッセンにとっては初のダカール完走となった。

今年の大会で通算44回目を迎えた「世界一過酷なラリー」ダカールラリーが初開催されたのは1978年。2007年までは主にアフリカ大陸北部が舞台として戦われてきた。2008年はテロの脅威によりイベントがキャンセルされ、翌2009年より舞台が南米へと移ると、以来10年にわたって壮大な景観と過酷な路面の中でラリーが争われてきた。2020年、ダカールラリーは初めて中東へと移り、サウジアラビアで開催。今年もサウジアラビアを舞台に、世界中から集まった冒険者達が数々のドラマを繰り広げた。

【ダカールラリー2022 最終結果】

ダカールラリー終了後のコメント

■チーム代表 グリン・ホール氏
ナッサーとマシュー、そして我々チーム全員にとっても本当に最高の勝利です。新しいGRダカールハイラックスT1+が、デビュー戦のダカールラリーで勝利でき、感激しています。この勝利を、長年にわたってTGRのダカールプロジェクトをサポートし続けてくれたヨハン・ファン・ゼイル博士(元欧州トヨタCEO:2021年7月逝去)に捧げます。今年成し遂げたこの勝利を心から誇りに思っていますし、きっと博士も喜んでくれていると思います。

■ナッサー・アル-アティヤ選手
ダカールでの勝利は最高の気分です! 我々は序盤からラリーをリードし、大会を通してペースをコントロールしてきましたが、それを成し遂げての勝利は格別です。TOYOTA GAZOO Racingとサポートしてくれたスポンサーの皆様に感謝します。また、この素晴らしいGRダカールハイラックスT1+を生み出してくれた、チーム代表兼テクニカルマネージャーでもあるグリン・ホールにも感謝しています。最高のダカールでしたし、本当に嬉しいです。

■ジニエル・ド・ヴィリエール選手
最終ステージはナビゲーションが難しいポイントが数多くあり、とても大変でした。我々が正しいルートを見つけた瞬間にステファン(ペテランセル)が追いついてきたこともありました。彼は幸運でしたが、我々は何度もルートを探すために何度も引き返さなくてはなりませんでした。最終ステージにもかかわらずそれほどナビゲーションの難しいステージでした。最終的に、我々は総合5位でフィニッシュできましたが、表彰台に届かなかったのは少し残念です。ナッサーとマシューの勝利を本当に喜んでいます。クルマは最高でしたし、チームも素晴らしい仕事をしてくれました。こうしてダカールラリーを無事に完走できたことに満足しています。

■ヘンク・ラテガン選手
ようやくダカールを最後まで経験できました。序盤にステージ勝利を飾ることができた一方で、暗くなるまで砂漠でサポートを待つこともあり、最高の瞬間も、最悪とも思える瞬間も経験することができました。昨日のステージ11でトラブルに見舞われたのもあって、昨夜はちょっと落ち込んでいましたが、一晩寝て気持ちを切り替えました。今日の最終ステージでは多くの車両を追い抜く必要がありましたし、パンクにも見舞われました。その時には我々にとってのステージ2勝目の夢は潰えたかと思いましたが、諦めずに最後までハードに攻めた結果、最終ステージで勝利することができました。

■シャミア・ヴァリアワ選手
今日の最終ステージスタート前はちょっとナーバスになっていましたが、フィニッシュできて最高です。これで私にとって2度目、ダニーにとって初のダカール完走を果たせたので本当に嬉しいです。とても感激していますし、来年も戻って来たいと思います。

【豊田章男社長コメント】

ダカールラリーに挑んだチームトヨタのみなさん、世界一過酷と言われる8000キロの道を14日間、本当にお疲れさまでした。無事に走破し帰ってきてくれて安心しました。皆さんに、ハイラックスも、ランドクルーザーも、そして日野のトラックも、また一段と強いクルマに鍛えていただき感謝しています。

ナッサー選手、全12ステージずっと順位を落とさない頼もしい走りでの勝利でした。3年振りの総合優勝おめでとう!

ヤジード選手も総合3位での表彰台おめでとう!

日野自動車の菅原選手、連覇が途絶えてしまったことは悔しいですが、様々な困難を乗り越え過酷な道を走り切ってくださいました。これからもダカールの道でトラックを鍛え続けていっていただければと思います。
よろしくお願いします。

トヨタ車体チームランドクルーザー(TLC)のみなさんはランドクルーザー200でのダカールラリーラストランをワンツーフィニッシュで締め括り、市販車部門9連覇を成し遂げてくれました。

三浦選手はじめチームの皆さん、本当におめでとうございます!

今年もTLCのランドクルーザーはTOYO TIRESのタイヤを履いていました。昨年までは市販のタイヤを使っていましたが、今年からはダカールに向けて新しいタイヤを専用開発いただき戦いに挑めたと聞きました。

新しいタイヤでの走りを三浦選手に聞いてみると「従来はタイヤに合わせた走りをしないといけない時がありました。しかし、今年はランクルのポテンシャルをいかす走りが積極的にできるようになりました」と教えてくれました。

専用開発いただいたタイヤのおかげで、ランドクルーザー自体も、更に鍛えられるようになったということです。クルマは、多くの部品が集まってつくられ、その部品ひとつひとつによって性能や走りの味が大きく変わってくるということだと思います。レースやラリーでは多くの仲間が同じゴールを目指して1台の車をつくり、その中で様々な技術が育っていきます。

トヨタ自動車、そしてトヨタグループ各社は2022年もモータースポーツを起点として、もっといいクルマづくりを進めてまいりたいと思います。

ダカールを走った仲間達からの知らせを聞き年初にその想いを一層強めることができました。ダカールを走り終えた仲間達、本当にお疲れ様でした。

みんな、ありがとう!

トヨタ自動車株式会社 代表取締役社長 豊田章男

追伸 三浦さんへ
「ランクル200に出会えてドライバーという夢が叶いました。クルマにこんなに夢中になれることを教えてくれたランクル200は特別なクルマであり、まさに人生のパートナーと思えるクルマです」
とゴール後さっそく私にメッセージを送ってくれましたね。嬉しかったです。ランクル300もまた次の夢を叶えてくれるパートナーになってくれると思います。
今まで200を鍛えてくれてありがとうございました。
これからの300もよろしくお願いします。
12連覇まであと3勝!(笑)

関連情報:https://toyotagazooracing.com/

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。