小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Garminがサーキットでのドライビングパフォーマンスを分析できるレーシングコーチデバイス「Catalyst」を発売

2022.01.17

あらゆるレベルのドライバーのために開発された業界初のレーシングコーチ・デバイス

アメリカ発GPS機器のパイオニア、ガーミンジャパンは、サーキット・トラックでのドライビングパフォーマンスを計測・分析して、パフォーマンスアップをサポートするデバイス『Catalyst(カタリスト)』を2022年1月20日(木)より発売を開始する。価格は150,000円。

『Catalyst』は、あらゆるレベルのドライバーのために開発された業界初のレーシングコーチ・デバイスだ。世界中のサーキットコースを収録したトラックデータベースがあらかじめセットされており、コースごとにトラックドライビングのパフォーマンス分析ができる。

最適なライン取りや他の走行データと比較した改善点を提案

陸海空あらゆる条件で、精密なGPSデータを計測できるGarmin技術を活用し、コーナーリング走行やラップタイムなど詳細データを取得。さらにこれらを分析することで、コーナーを曲がるときの最適なライン取りや他の走行データと比較した改善アドバイスを提案していく。

また、革新的なTRUE OPTIMAL LAP技術により、各トラックセグメントでの最短時間と実際の走行ラインに基づいた目標ラップタイムも毎回表示。ドライバーのパフォーマンス向上をリアルタイムとアフターセッションの両面でサポートする。

サーキットコースは手動で追加が可能で、走行中のドライビングアドバイスはヘッドホンやBluetoothを経由したカーステレオでの音声ナビゲートも提供。本体デバイスは7インチの大きく鮮明なディスプレイを備えているので、走行後すぐにデバイスの大画面でデータを確認することが可能だ。

『Catalyst』は、海外で先行発売され、すでに多くのプロドライバー、ドライビングコーチやサポートスタッフが活用。高精密な計測と的確な分析、アドバイスは高い評価を得ており、そんな中で今回の日本での発売に至ったという。

走行中の機能

■リアルタイムオーディオコーチング
・ヘッドホンやカーステレオ(Bluetooth経由)で、音声によるナビゲーションを提供。
■パフォーマンスデータの収集
・加速度計内蔵、画像処理と10ヘルツマルチGNSS(全地球航法衛星システム)測位。
・ベストラップタイム、適応デルタタイム、ラップ数と走行タイムの表示。
・偏光レンズカバー付きのリモートカメラは、解像度1080pのビデオを録画し、データ上書き同期機能を備えた『Catalyst』デバイスで再生。
■あらかじめインストールされたトラックデータベース
世界中のロードコースのデータがプリロードされ、コースに応じたデータ収集と分析に対応。また、トラックを手動で追加することもできる。
■運転席にしっかりと取り付け可能
付属の強力な吸盤、またはねじ込み式の取り付けアクセサリを使用して、簡単に固定できる。

様々なデータからパフォーマンス分析そして最適な提案を行なう

非走行時の機能

■実際のトラック位置
・画期的なテクノロジーで、トラック上の走行ラインを自動的に生成。ビジュアルでのリアルな走行データを確認できる。
■最適な目標ラップタイム表示
・各トラックセグメントでの最短時間と実際の走行ラインに基づき、達成可能な目標ラップタイムを表示。
■瞬時なセッション分析
・自動的に解析した詳細なパフォーマンスデータを、『Catalyst』デバイス本体の大きな画面で表示。
・走行データを比較して、効果的な提案を得ることが可能。
・Garmin独自のデータプラットフォーム「Garmin Connect」と連携することでアクテビティ記録が行なえる。

製品仕様

本体重量/437g
本体サイズ/幅19.9×高さ12.2×奥行き2.4cm
ディスプレイサイズ/幅15.2×高さ8.9cm
ディスプレイタイプ/6.95インチスーパーワイドビューIPS、カラーTFT、オンセル容量性タッチパネル
ディスプレイ解像度/1024×600ピクセル
ワイヤレス接続/Wi-Fiあり(2.4GHz)、Bluetooth対応、ANT互換性あり
モータースポーツ機能/TRUE TRACK POSITIONING (レーシングライン)、オーディオ・コーチング、ビデオ付きTRUE OPTIMAL LAP、内蔵アクセラレータ、ベストラップタイム・デルタタイム・ラップ数合計セッションタイムの表示、プリロード済みグローバルトラックデータベース、セッションの比較、ドライビングパフォーマンススコア、最大タイム短縮エリア自動特定、複数ユーザー/カードサポート、オントラックパフォーマンスの全履歴を保存、Wi-Fi経由の現在の天気と5日間の天気予報、セグメント分析(レーシングライン、速度および加速/減速)
電池タイプ/充電式リチウムイオン電池
稼働時間/約2時間

関連情報

https://www.garmin.co.jp/products/automotive/garmin-catalyst/

構成/清水眞希

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。