小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

三菱自動車が東京オートサロンでコンセプトカー「K-EV concept X Style」と「Vision Ralliart Concept」を公開

2022.01.14

三菱自動車工業は、2022年1月14日(金)から16日(日)まで幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催される世界最大級のカスタムカーの祭典「東京オートサロン2022」に『次の時代の、次の冒険を。』をテーマに出展する。

三菱自動車ブースでは電動車とSUVを中心に、環境に配慮しながらアクティブなカーライフを楽しめるコンセプトカーとカスタムカーを展示。世界初披露となるコンセプトカーの『K-EV concept X Style』と『Vision Ralliart Concept』に加え、クロスオーバーSUV『アウトランダー』及び『エクリプス クロス』、ミニバン『デリカD:5』、軽商用EV『ミニキャブ・ミーブ』のカスタムカーなど合計7台を参考出品。環境に配慮した安全・安心で快適な三菱車の魅力をいっそう高めて提案する。

コンセプトカー、カスタムカー概要

■K-EV concept X Style(ケーイーブイコンセプト クロススタイル)

『K-EV concept X Style』は、2022年度初頭に発売を予定している新型軽EVのコンセプトカー。取り回しがよく運転しやすい軽自動車の魅力と、滑らかで力強く気持ちのよい加速と静かで上質な乗り心地という電気自動車の魅力に、先進の運転支援機能やコネクティッド機能を加えた、環境に配慮した安心・安全で快適な三菱自動車らしい新世代の軽EVとなっている。

アクティブなSUVテイストのスタイリングに、クリーンかつソリッドなイメージのマットブルーのボディ色と、電気自動車のモーターコイルをイメージしたカッパーのルーフ色の2トーンカラーを組み合わせ、フロントバンパー、ボディサイド、リヤゲートには“X”のロゴをあしらわれている。この“X”は、軽ハイトワゴンにSUVテイストのスタイリングを掛け合わせたこと、さらにEVの魅力を掛け合わせたことを象徴している。

■Vision Ralliart Concept(ヴィジョン ラリーアート コンセプト)

『Vision Ralliart Concept』は、三菱自動車のエンジニアリング技術とクルマづくりにかける情熱を結集し、プレミアムで圧倒的な存在感のスタイリングとすることで、新しいラリーアートの可能性を表現。また、様々な天候や路面でも安心して快適に楽しめる三菱自動車らしい走りをさらに磨き上げたコンセプトカーとなっている。

重厚感があり機能美を感じさせる前後バンパーと大きく張り出した前後オーバーフェンダーによってボリュームのある筋肉質で力強いフォルムを実現し、ラジエーターシャッター付きのフロントグリル、レーシーな印象を与える大型リヤディフューザーによってスポーティさを際立たせている。ボディカラーは光の当たり方によってブルーのハイライトが浮かびあがる特殊な加工を施したマットブラックを採用。見る角度によって多面的で奥深い表情を見せ、プレミアムな印象を与える。

走りの面においては、ワイドトレッドとして22インチの大径ホイール&タイヤを装着。さらに強力なモータートルクに見合った制動性能を発揮する大径ブレーキディスクと対向6ポットキャリパーを採用し、「走る」「曲がる」「止まる」のレベルを一段と高めている。


■アウトランダー Ralliart Style、エクリプス クロス Ralliart Style


クロスオーバーSUV『アウトランダー』及び『エクリプス クロス』の「Ralliart Style」は、Ralliartアクセサリーの装着によって、自分らしい走りやスタイリングをお求めになるお客様に特別なワクワク感を提案。

ボディカラーは上質で高輝度なホワイトダイヤモンドとし、フロント、サイド、リヤのガーニッシュやテールゲートスポイラーにレッドのアクセントカラーを施し、スポーティな印象とした。また三菱自動車らしさを印象付けるRalliartロゴ入りのサイドデカールとマッドフラップを装着し、Ralliartの走りにかける情熱を表現。また、アルミホイールをブラックとすることで足元を引き締めた。


■デリカD:5 Tough×Tough(デリカD:5 タフ バイ タフ)

オールラウンドミニバン『デリカD:5』の「Tough × Tough」は、アフターパーツメーカーの多彩なパーツとRalliartアクセサリーを装着することで、『デリカD:5』が持つ「タフさ(Tough)」を、さらに強調するオフロード仕様として提案。

ブラックマイカのボディにマットブラックのフロントグリルとフェンダーガーニッシュを装着してブラックで統一。さらにRalliartアクセサリーであるレッドのドアミラーやフォグランプガーニッシュをアクセントとして装着した。さらにショックアブソーバーとスプリングを変更してリフトアップさせ、16インチのアルミホイール&オールテレーンタイヤを採用し、フロントガード、リヤガード、マッドフラップを装着することによってタフなオフロードスタイルを表現している。

また、2~3列目をフルフラットにするベッドキットや、クルマでテント泊ができるルーフラック&テントなどにより、アクティブでタフなオフロード&キャンプスタイルとしている。


■アウトランダー Wild Adventure Style

クロスオーバーSUV『アウトランダー』の「Wild Adventure Style」は、三菱自動車の純正アクセサリーと老舗アウトドアブランドogawaとのコラボレーションにより、アウトドアレジャーを満喫できる仕様として提案。

ボディカラーは光の当たり方によって多彩な輝きを放つブラックダイヤモンドとし、フロント、サイド、リヤのガーニッシュとリヤスポイラーによってスポーティな装いとし、サイドバー、リヤバンパープロテクター、マッドガードによってSUVのタフさを強調。ベースキャリアやトレーラーヒッチメンバー、ogawaとコラボレーションした純正アクセサリーのキャンプ用品により、ワイルドなキャンプスタイルとしている。


■ミニキャブ・ミーブ B-Leisure Style

軽商用EV『ミニキャブ・ミーブ』の「B-Leisure Style」は、平日は移動式オフィスとして、休日はソロキャンプを楽しむことのできる、EVならではの給電機能を活用したプライベートからビジネスまで快適に楽しめる仕様として提案。

森林やキャンプ場をイメージさせるモスグリーンのボディ色とアイボリーのルーフ色の2トーンカラーとし、ボディサイドにはEVを象徴する電源プラグやテントやデスクのデカールをあしらい、その世界観を表現している。

カーサイドタープやキャンプ用テーブル、ソファなどのキャンプ用品を装備することで、アウトドアスタイルとした。またリヤスペースをフルフラットとして居住性を高め、テレワークに必要なテーブルや座椅子、ラグマットなどを装備することで、プライベートな空間を演出。

さらに、駆動用バッテリーの電力を利用できる装置「ミーブ・パワーボックス」を活用することで、電気ケトルやコーヒーメーカー、パソコンなどの電化製品を屋外でも使用可能となり、 快適性と利便性を兼ね備えたアクティブなビジネス&レジャースタイルとしている。

関連情報:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/carlife/autosalon/tas2022/

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。