小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

個人投資家1000人に聞いた長期的に成長が期待できそうな市場TOP3、3位環境エネルギー、2位先進医療、1位は?

2022.01.13

2021年が幕を閉じ、新しい年を迎えた。投資家たちは、の市場に対してどのような印象を持っているのだろうか?また、2022年にどのような展望を抱いているのだろうか?

スパークス・アセット・マネジメントはこのほど、2021年の日本株式市場を総括し、また、2022年以降の見通しについて探るため、2021年11月22日~11月24日の3日間、全国の20~79歳の投資経験者(日本株式、外国株式、公社債、投資信託、REIT、金・プラチナなどの金融資産への投資経験がある人)を対象に、「日本株式市場の振り返りと展望に関する意識調査2021」を実施し、1,000名の有効サンプルを集計した。

なお本記事は、サンプル調査という性質上、実態を全て反映したものではない。また、特定の投資商品や個別銘柄の取引を勧誘する目的で作成したものではない。

2021年、投資経験者・投資家の実態

■20代投資家の3人に1人が「2021年、投資デビュー」の新人投資家

全国の20~79歳の投資経験者1,000名(全回答者)に、現在の投資状況について聞いたところ、現役投資家(「現在、投資をしている」と回答した人)は86.2%、投資離脱者(「過去に投資をしていたが、現在はしていない」と回答した人)は13.8%だった。

次に、投資の経験年数を聞いたところ、現役投資家(862名)では、「2021年、投資を始めた」が15.9%、「1~3年程度」が27.5%、「4~6年程度」が13.5%、「7~9年程度」が6.8%、「10年以上」が36.3%となった。

年代別にみると、「2021年、投資を始めた」は20代では32.8%、30代では21.1%、40代では14.2%、50代では5.3%、60代・70代では2.7%となり、20代投資家の3人に1人、30代投資家の5人に1人が2021年投資デビューをした新人投資家という結果となった。

投資離脱者(138名)についてみると、投資の経験年数は、「1年未満」が15.9%、「1~3年程度」が26.8%で、合計した『3年以下で離脱』は42.7%。また、「4~6年程度」は13.0%、「7~9年程度」は5.8%、「10年以上」は38.4%だった。

■「投資信託」に投資する人は投資家の56%、2020年より約6ポイント上昇

現役投資家(862名)に、現在投資している金融資産を聞いたところ、「日本株式」(66.2%)が最も高くなり、「投資信託(REIT以外)」(56.3%)、「外国株式」(20.3%)、「外貨(FXを含む)」(15.5%)、「日本公社債(国債/地方債・社債など)」(11.7%)が続いた。

年代別にみると、「日本株式」(20代60.7%、30代62.6%、40代63.3%、50代69.4%、60代・70代77.3%)では年代が上がるにつれ高くなる傾向がみられた。他方、「外国株式」(20代33.9%、30代23.7%、40代17.2%、50代13.5%、60代・70代10.7%)では日本株式とは逆に、若い年代ほど高くなる傾向がみられた。

2020年の調査結果と比較すると、「投資信託(REIT以外)」は2020年50.8%→2021年56.3%と5.5ポイント上昇し、「外国株式」は2020年15.3%→2021年20.3%と5.0ポイント上昇した。2021年はNYダウ平均株価が過去最高値を更新するなど、米国株式が堅調に推移したことから、外国株式を投資対象とする人が増えたようだ。

■投資家のポイント投資利用率は40%、30代・50代投資家では2020年より10ポイントを超える大幅上昇

次に、近年注目されている投資サービスについて質問した。

現役投資家(862名)に、共通ポイントなどで投資できる「ポイント投資」、買い物のおつりを自動で積み立て投資してくれる「おつり投資」、ロボットが資産運用を代行してくれる「ロボアドバイザー投資」、好きなテーマを選ぶと最適な銘柄を自動で選択してくれる「テーマ型投資」、ネット上でお金を借りたい企業を仲介してもらい投資できる「ソーシャルレンディング投資」の5つのサービスを提示し利用状況を聞いたところ、それぞれのサービスの利用率は、「ポイント投資」では39.9%、「おつり投資」では6.0%、「ロボアドバイザー投資」では8.8%、「テーマ型投資」では6.6%、「ソーシャルレンディング投資」では4.5%となった。

ポイント投資の利用率を過去の調査結果と比較すると、2018年18.8%→2019年27.3%→2020年33.7%→2021年39.9%と、上昇傾向の継続が明らかになった。年代別にポイント投資の利用率の変化をみると、20代では2020年55.8%→2021年53.0%と微減したものの、30代(2020年39.9%→2021年52.1%)と50代(2020年17.6%→2021年30.0%)では2020年から大きく上昇した。

2021年の振り返り

■日本株式市場を表す漢字1位「上」「乱」

株式投資家(617名)に、2021年の日本株式市場を表す漢字1文字を聞いたところ、1位「上」「乱」(いずれも29名)、3位「変」「迷」(いずれも21名)、5位「病」(16名)となった。

それぞれの漢字を選んだ理由をみると、「上」では『株価が3万円近くまで上がったから』、「乱」では『株価の乱高下が激しい1年だと感じたから』、「変」では『社会や産業の転換時期にあるから』、「迷」では『投資の仕方に迷ったから』、「病」では『コロナの影響が大きい年だったから』といった回答がみられた。

2020年は、「禍」「病」「菌」などコロナ禍を象徴する漢字や、「落」「忍」など経済の厳しさを反映するネガティブな漢字が上位10位の半数を占めたが、2021年は、「上」「復」「昇」などポジティブなイメージの漢字が上位にランクインした。また、2021年は、「乱」「迷」「停」など、コロナ禍で混乱・低迷・停滞している経済を象徴する漢字も上位に挙がった。

■「2021年の投資損益はプラス着地」と予想する人は投資家の53%、2020年より約10ポイントの大幅上昇

現役投資家(862名)に、2021年1年の投資の損益着地予想を聞いたところ、「大幅にプラス着地」は7.9%、「ややプラス着地」は44.9%で、合計した『プラス着地』は52.8%、「大幅にマイナス着地」は5.6%、「ややマイナス着地」は13.0%で、合計した『マイナス着地』は18.6%となった。現役投資家の半数以上がプラス着地を予想する結果となった。

2020年の調査結果と比較すると、『プラス着地』と回答した人の割合は2020年43.0%→2021年52.8%と、9.8ポイント上昇した。

年代別にみると、『プラス着地』と回答した人の割合は、20代(58.5%)と40代(59.8%)では6割近くに。他方、50代(46.5%)と60代・70代(44.0%)では半数に満たない結果だった。

■投資プラス着地予想者の勝因3位「新型コロナウイルス感染収束・沈静化」、TOP2は?

2021年1年の投資の損益着地予想が『プラス着地』の人には勝因を、『マイナス着地』の人には敗因を聞いた。

プラス着地と予想した現役投資家(455名)に、勝因を一言で表してもらったところ、1位「株価上昇・株高」(50名)となった。アメリカ株の値上がりや日経平均株価の31年ぶりの高値など、好調な相場の恩恵を受けた人が多いようだ。次いで、2位「長期保有・長期投資」(23名)、3位「新型コロナウイルス感染収束・沈静化」(20名)となった。

他方、マイナス着地と予想した現役投資家(160名)に、敗因を一言で表してもらったところ、1位「新型コロナウイルスの影響」(27名)、2位「予想外れ」(14名)、3位「不調な銘柄」(10名)となった。

■投資家が選ぶ、2021年の経済分野の流行語 1位「SDGs」、「脱炭素」や「電気自動車」も上位に

2021年1年、投資家が注目していたキーワードやニュースについて質問した。

現役投資家(862名)に、2021年の経済分野の流行語(トレンドワードや新興の分野、技術、産業など)を聞いたところ、1位「SDGs」(93名)、2位「新型コロナウイルス」(50名)、3位「半導体/半導体不足」(49名)となった。そのほか、「カーボンニュートラル/脱炭素」(7位、23名)や「EV/電気自動車」(8位、17名)といった、地球温暖化対策に関連するワードが挙げられた。

また、「ワクチン」(4位、35名)や「アフターコロナ」(10位、11名)といった、感染拡大を抑制する取り組みやコロナ後の社会に関連するワードも上位に。

さらに、2021年、積極的に投資を進めようと思うきっかけとなったニュースを聞いたところ、1位「新型コロナウイルス感染拡大・長期化」(180名)、2位「ワクチン開発・ワクチン接種関連」(53名)、3位「円安・ドル高」(34名)、4位「株価上昇・株高」(27名)、5位「新型コロナウイルス感染収束・沈静化」(26名)となった。

■政府に期待することを表す漢字 1位「無」2位「金」3位「安」

2021年10月の衆議院議員総選挙で与党が絶対安定多数を確保し、11月には自民党の岸田文雄総裁が内閣総理大臣に就任した。投資経験者は、新しい政府に対しどのような期待を持っているのだろうか。

全回答者(1,000名)に、衆議院議員総選挙後、政府に期待することを表す漢字1文字を聞いたところ、1位「無」(84名)、2位「金」(42名)、3位「安」(41名)、4位「改」「誠」(いずれも30名)となった。

それぞれの漢字を選んだ理由をみると、「無」では『投資に対する課税を重くしてほしくないから』『政府が変わる期待ができなかったから』といったコメントがみられた。

「金」では『経済対策をしっかり行ってほしいから』『税金の使い方を真剣に考えてほしいから』など、経済・財政関連の施策に期待する回答が挙げられた。「安」では『安心して国民が暮らせるようにしてほしいから』など、社会や生活に対する不安の解消を願うコメントがみられた。

2022年以降の展望

■2022年以降の日本経済成長のために必要だと思うこと2位は「持続的な賃金上昇」、1位は?

2022年以降、日本経済が成長していくために何が必要か、投資経験者の考えを聞いた。

全回答者(1,000名)に、2022年以降の日本経済の成長のために必要だと思うことを聞いたところ、「新型コロナウイルス感染症の収束」(53.2%)が最も高く、次いで、「持続的な賃金上昇」(44.7%)、「新しい働き方の定着(副業・兼業やテレワークなど)」(41.7%)、「デジタル人材・デジタル産業の育成」(32.2%)、「AI・ロボットの普及」(24.6%)となった。

年代別にみると、20代では「新しい働き方の定着」が「新型コロナウイルス感染症の収束」と並んで1位となった。また、30代と40代では「AI・ロボットの普及」(30代32.0%、40代30.0%)が他の年代と比べて高く、60代・70代では「脱炭素社会の推進」(27.5%)や「農林水産業の発展」(29.5%)が他の年代と比べて高くなった。

2020年の調査結果と比較すると、「持続的な賃金上昇」は2020年33.3%→2021年44.7%と11.4ポイント上昇した。コロナ禍の長期化が雇用条件や賃金に影響し、賃上げの必要性を感じる人が増加したのではないだろうか。

一方、「新型コロナウイルス感染症の収束」は2020年63.3%→2021年53.2%と10.1ポイント下降した。第5波が収まり、コロナ対策と経済活動の両立を図ろうとするウィズコロナが意識される中、コロナの完全な収束が経済成長の必須条件だと考える人は減少したのではないだろうか。

■投資経験者が長期的に成長の期待が持てそうだと感じる市場 1位「知能化技術」2位「先進医療」

次に、全回答者(1,000名)に、今後、長期的に成長の期待が持てそうだと感じる市場(産業)を聞いたところ、「知能化技術(AI・自動運転車など)」(38.1%)が最も高く、次いで、「先進医療(再生医療・遺伝子治療など)」(35.8%)、「環境エネルギー(水素燃料など)」(34.8%)、「ロボット工学(家庭用・産業用ロボットやドローンなど)」(31.1%)、「情報・通信技術(IT/ICT)」(28.3%)となった。

年代別にみると、20代から40代では「知能化技術(AI・自動運転車など)」(20代26.0%、30代35.0%、40代44.5%)が1位だったが、50代では「環境エネルギー(水素燃料など)」(37.5%)が1位、60代・70代では「先進医療(再生医療・遺伝子治療など)」(51.5%)が1位だった。

2020年の調査結果と比較すると、「環境エネルギー(水素燃料など)」は2020年29.7%→2021年34.8%と5.1ポイント上昇した。化石燃料に代わる持続可能なエネルギーに対する注目度が高まっているようだ。

■東証市場の再編についての投資経験者の考え 1位「市場区分がわかりやすくなる」

2022年4月に、東京証券取引所の市場区分が、現在の5市場(東証一部、東証二部、JASDAQスタンダード、JASDAQグロース、マザーズ)から3市場(プライム市場、スタンダード市場、グロース市場)に再編される。この変更に対する、投資経験者の考えを聞いた。

全回答者(1,000名)に、東証市場の再編についての自身の考えを聞いたところ、「市場区分がわかりやすくなる」(18.9%)が最も高くなった。

新たな上場基準が設けられ、それぞれの市場の役割がより明確になるため、区分を理解しやすくなると考える人が少なくないようだ。次いで高くなったのは、「企業価値を高めようとする企業が増える」(17.1%)、「株価上昇の可能性が高まる」(12.5%)、「株式の持ち合いや親子上場の解消が進む」(11.0%)、「株式市場にお金が集まりやすくなる」(10.8%)だった。

■2022年12月末の日経平均株価 株式投資家の予想は平均28,970円

最後に、今後の日経平均株価がどのように変動するかについて、株式投資家の予想を聞いた。

株式投資家(617名)に、約1年後の2022年12月末の日経平均株価の予想を聞いたところ、「25,000円~30,000円未満」(32.7%)や「30,000円~35,000円未満」(36.0%)に回答が集まった。平均(「わからない」と回答した人を除いて算出)は28,970円となった。

日本企業が本来の実力を発揮し、株式市場で正当に評価された場合という条件を加えて聞いたところ、「30,000円~35,000円未満」(34.5%)に最も多くの回答が集まり、平均は32,854円と、条件を加えていない場合(28,970円)と比べて3,884円高くなった。

また、約10年後の2031年12月末の日経平均株価の予想を聞いたところ、「30,000円~35,000円未満」(23.5%)に多くの回答が集まり、平均は31,143円。

日本企業が本来の実力を発揮し、株式市場で正当に評価された場合という条件を加えて聞いたところ、「30,000円~35,000円未満」(19.3%)や「35,000円~40,000円未満」(14.9%)、「40,000円以上」(14.7%)などに回答が分かれ、平均は33,849円となった。

※スパークス・アセット・マネジメント調べ

<調査概要>
調査タイトル :日本株式市場の振り返りと展望に関する意識調査2021
調査対象 :ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員を母集団とする全国の20歳~79歳の投資経験者(日本株式、外国株式、公社債、投資信託、REIT、金・プラチナなどの金融資産への投資経験がある人)
調査期間 :2021年11月22日~11月24日
調査方法 :インターネット調査
調査地域 :全国
有効回答数 :1,000サンプル
実施機関 :ネットエイジア株式会社

出典元:スパークス・アセット・マネジメント株式会社
https://www.sparx.co.jp/

2022年は賢く稼ぐ!新時代のマネートレンドを完全網羅した「DIME MONEY 投資の強化書2022」

世界情勢が刻一刻と変化する今、世の中がどう変化しようと自分の力で本質を見抜き、自分に合った方法で資産形成をしていく必要性を感じている人も多いでしょう。本誌ではビジネスパーソンのためのライフハックマガジンとして積み上げてきた知見を生かし、株だけでなく、仮想通貨やNFT、DeFiといった昨今のニュースをにぎわす〝新しい資産〟についても解説していきます。経済誌やマネー誌とも違った視点で、投資を考える一冊です。新時代の資産形成の羅針盤としてお役立てください。

※オンライン書店は完売しました。お近くの書店でお買い求めください。

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。