小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ドコモがXR空間でアバターを作成して複数のサービスで利用できる「アバターポータル」を開発

2022.01.13

さまざまなXRサービスに同じアバターを連携させる「ドコモ・アバターポータル」

ドコモは、XR空間において利用者の分身やアイデンティティとなるアバターを作成し、ユーザーのアカウントに紐づけて管理できる「ドコモ・アバターポータル」を開発した。

本ポータルにより、ユーザーはアカウントをキーにして、作成したアバターを複数のサービスで共通して利用することができるほか、登録した複数のアバターのうち、サービスに応じて適切なアバターを選んで使うことが可能となる。

図1 ドコモ・アバターポータル TOPページ

現在のXRを利用する各サービスはアバターを作成するシステムがそれぞれ異なるため、サービスごとにアバターを作る必要があり、利便性が悪いという課題がある。

また、サービス提供者はアバター作成のためのシステム構築や管理などにコストがかかるという問題も。本ポータルはその課題や問題を解決するため、アバターをアカウントに紐づけて登録・管理し、アカウントをキーにして呼び出すことで、作成したアバターを連携するさまざまなサービスで利用することを可能とした。

また、OIDC(OpenID Connect)に対応しているため、連携可能なアカウントを柔軟に追加することができる。

本ポータルでは顔写真1枚から本人に似たリアルな3Dアバターを生成することが可能で、身長や体型、髪型や服装を選択することができる。

さらに、リアルな3Dアバター以外にも、プリセットのアバターを複数用意しており、自身の顔写真のアバターを利用したくないユーザーも利用できる。

図2 アバター生成イメージ

図3 プリセットアバター

今後ドコモは、外部のXRサービスと本ポータルを連携し、多くのサービスで簡単にアバターが使える環境を提供することをめざし、技術検証を進めるという。

なお、本ポータルはNTTグループが展開するXR事業(NTT XR)の取り組みの1つ。また、2022年1月17日(月)からオンライン上で開催する「docomo Open House’22」で活用する予定だ。

関連情報:https://www.nttdocomo.co.jp/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。