小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

実質GDP成長率、日銀短観、年末のトピックスから読み解く2022年の日本経済

2022.01.09

10-12月期の実質GDP成長率や12月日銀短観、「金」に決まった「今年の漢字」など……これら、昨年2021年下半期~年末のトピックスから、2022年の日本経済を読み解く、三井住友DSアセットマネジメント理事・チーフエコノミストの宅森昭吉氏によるマーケットレポートがこのほど公開された。

2021年10-12月期の実質GDP成長率は回復が見込まれる

21年の日本の実質GDP成長率は一進一退となったが、10-12月期は回復が見込まれる。この回復の理由として、①足元の国内でのコロナ感染者数の落ち着き、②緊急事態宣言の9月末での解除、③部品不足の緩やかな改善傾向、等があげられる。そしてこの傾向は2022年に入っても継続すると期待される。

日銀短観にはオミクロン型の不透明さが影響

21年12月調査の日銀短観では、大企業・製造業の業況判断DIは+18と前回調査から横ばいだったが、先行き見通しは+13と悪化する見込み。DIの中身を見ると、「悪い」は減少したものの、「さほど良くない」が大きく増加した形だ。新型コロナウイルスのオミクロン型の動向の不透明さが影響したようだ。

一方、大企業・非製造業の業況判断DIは+9と、コロナ前の19年12月の+20以来の水準となった。また、全規模・全産業の業況判断DIは+2と、前回の▲2のマイナスからプラスに転じ、緩やかな回復基調継続が期待される内容となった。

2022年度は今年に続いて2年度連続のプラス成長が期待される

毎年全国から公募で選ばれる「今年の漢字」は、その時々の景気局面や経済状況を映している。21年は「金」だった。夏季オリンピック開催年は、リーマン・ショックが発生した08年のようにショッキングな出来事がなければ金メダルにちなんで「金」が選ばれることが多いのだが、今年も「金」となったことは、20年5月を谷とする景気拡張局面が続いていることを示唆していると考えられる。

景気動向指数の基調判断は、生産指数等の動向から9月にそれまでの「改善」から「足踏み」に下方修正されたが、近々「改善」に戻りそうで、後退局面になる可能性は低いと見られる。

また、民間エコノミストのコンセンサス調査である「ESPフォーキャスト調査」(12月調査)では、22年度の実質GDP成長率の予測平均値は前期比年率+3.03%だった。20年度はコロナ禍により同▲4.5%と大幅減だったが、22年度は21年度の同+2.72%(予測平均)に続き、2年度連続でプラス成長となりそうだ。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント株式会社
http://www.smd-am.co.jp


構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。