小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

貯蓄と消費、サプライチェーン、デジタル化、旅行、経済リスク、2022年世界経済の見通しは?

2022.01.11

2020年年明けに新型コロナウイルスの流行が始まって早2年。世界的にワクチンが普及しつつも、オミクロン株のような新株のリスクが懸念される2022年、世界経済はどのような見通しが予想されるのだろうか?

Mastercard Economic Institute (Mastercard経済研究所) は、新型コロナウイルス感染拡大から2年の節目に際し、2022年の世界経済の見通しに関するレポート「Economy 2022」を発表した。

本レポートでは、貯蓄と消費、サプライチェーン、デジタル化の加速、旅行、経済リスクの増大という5つの基本的要因における重要な動向に基づき、世界経済をどのように形成していくかを明らかにしている。

なお本記事は、12月10日にMastercardがシンガポールで発表したプレスリリースに基づいた日本マーケット版となる。

旅行

2022年には徐々に海外渡航が可能になることにより、レジャーを目的とした旅行の需要が高まり、中・長距離のフライトが増加する。 2021年は渡航規制の影響でアジア太平洋地域全体における旅行の回復は遅く、新型コロナウイルス感染症拡大以前の69%近くまで国内旅行が回復したオーストラリアなど一部の市場に限り国内旅行の回復が見られているが、2022年は地域全体の旅行需要の回復が期待される。

中でも日本の国内旅行においては、新型コロナウイルス感染症拡大以前の約52%で、短距離旅行が3%、中距離旅行が20%、長距離旅行が19%となっている。

貯蓄と消費

アジア太平洋地域の先進国における余剰貯蓄は、2022年以降の消費の力強さの根源となる。日本における余剰貯蓄は38兆2,870億円に達する見込みで、アジア太平洋地域で余剰貯蓄の消費が加速すると、オーストラリア、ニュージーランド、日本、韓国などの市場で2022年の個人消費が2%ポイント伸びることが予測される。

世界的には、新型コロナウイルス感染症拡大による規制が緩和されることで、積み上がった貯蓄の個人消費が2022年の世界のGDP成長率にさらに3%ポイント寄与する可能性がある。

デジタル

小売業のデジタル化のうち20%は、そのまま継続され、消費者が購入するモノと購入方法が変化する。2021年には、32の市場に渡る約88%の国でサブスクリプションサービスの利用が前年に比べて急増し、アジア太平洋地域の6つの市場では、総消費額に占める小売サブスクリプションの割合が 2020年から2021年にかけて平均で1.25倍に増加したことから、電子商取引のサブスクリプションモデルが人気を博していることがわかる。

特に、自動車会社、バーチャルフィットネス事業、自転車レンタル、ペットサービスなど、多くの業種がこのモデルの恩恵を受けている。中でも日本では、2021年の総消費額に占める小売りサブスクリプションの割合が前年比で1.4倍増加した。

サプライチェーン

2022年には、アジアにおいて、サービスへの家計の支出は加速し、モノへの需要も堅調に推移すると予想される。サプライチェーンの混乱が続き、物流コストの高騰や世界的な商品価格の高騰が長引く一方で、輸出は引き続きアジア地域の主要なプラス要因となっている。

リスク要因

世界経済を混乱させる可能性のあるリスクは残る。当面はオミクロン株のようなコロナウイルスの新株が最大のリスクだが、その他にも、住宅価格の急激な再変動、原油価格の高騰、先進国の財政の崖など、景気回復を妨げる可能性のあるリスクが存在する。

出典元:Mastercard

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。