小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

グローバルエナジー、sid、サステイナブル企業のリーダーに聞くSDGs達成に向けた挑戦

2022.01.11

@DIMEから注目のサステイナブル企業のリーダーへのインタビュー記事を厳選して紹介します。

サステイナブル企業のリーダーたち

【サステイナブル企業のリアル】「従来の風車の倍以上の能力があることを証明したい」グローバルエナジー・鈴木政彦社長

今回紹介するのは(株)グローバルエナジー 代表取締役鈴木政彦さん(70)。静岡県浜松市にある会社で、従業員は8名。すべて技術者である。静岡県浜松市出身の鈴木さんは、ニューベルシオンという小型風車を開発。ニューベルシオンの羽根は、従来の風車の羽根の長さの半分以下で、倍以上の出力を得られる。風力発電の風車に付きものとされた低周波の音もまったくしない。再生可能エネルギーの飛躍的な前進に、大きく貢献する発明の可能性があるのだ。

【参考】https://dime.jp/genre/1227773/

【サステイナブル企業のリアル】「この羽根にはエネルギー革命を起こす可能性がある」グローバルエナジー・鈴木政彦社長

(株)グローバルエナジー 代表取締役鈴木政彦さん(70)は静岡県浜松市に本拠を置く。従業員8名はすべて技術者だ。抵抗と考えられている力をエネルギーとして利用する、一般的な科学の常識とは真逆の発想で風車の開発を進め、羽根の形、長さ、厚さの試行錯誤を繰り返し、数えきれないほどの試作を重ねた。その結果、羽の長さが半分以下で倍以上の出力を得られる、しかも風切音がしない画期的な羽根、ベルシオンを開発。

【参考】https://dime.jp/genre/1227784/

【サステイナブル企業のリアル】「会社を自主廃業した時にこのままでは終われない、と思いました」sid・清水勝明社長

sid株式会社 代表取締役清水勝明さん(75)。hare-hare(以下・ハレハレ)と名付けたこのグラスを開発するまでには、高性能真空注型機の開発、自主廃業、会社の再建、特殊な耐熱性樹脂の開発――町の発明家の50年近い波乱万丈の物語があった。

【参考】https://dime.jp/genre/1208394/

【サステイナブル企業のリアル】「グラスだけでなく日用品など多岐に及ぶハレハレの可能性を追求したい」sid・清水勝明社長

sid株式会社 代表取締役清水勝明さん(75)。試作品製作の会社を起業したアイデアマンの清水さん。シリコンで型を作り樹脂を流し込み、自動で試作品が作れる真空注型機を開発。会社は成長したがリーマンショックで銀行の貸し剥がしを食らい、借入金の返済のため資産を売却し自主廃業。再建した真空注型機で小ロットの製品と、試作品の製作を手掛ける会社が軌道に乗りはじめた2013年頃、シンデレラの”ガラスの靴“の製作が舞い込む。これがhare‐hare(以下・ハレハレ)グラスの開発に繋がっていく。

【参考】https://dime.jp/genre/1208404/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。