小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

タムロン、LEICA、SIGMA、オリンパス、撮ってわかった最新カメラレンズの実力

2022.01.12

最新カメラレンズのインプレッション記事を@DIMEから厳選して紹介します。

最新カメラレンズインプレッション

広角から超望遠まで1本でカバーするタムロンの万能ズームレンズ「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」お手並み拝見

TAMRONから16.6倍という高倍率ズームレンズが登場した。今回はSONY用だけでなく、FUJIFILM用のXマウントも初登場! FUJIFILMには35mm換算で27-200mmの「XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR」しかなかった。これがTAMRON「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」の登場により、一気に27-450mmになったのだ。

【参考】https://dime.jp/genre/1250339/

LEICAとSIGMAのLマウントレンズ4本を使い比べてわかった、フルサイズミラーレス「LEICA SL2」の実力

今回は「LEICA SL2」の魅力を満喫するため、Lマウントレンズに豊富なラインナップを持つSIGMAのレンズをチョイスした。同社にはArt、Contemporary、Sportsの3つのラインがある。中でも圧倒的な描写性能と芸術的表現力を最大の力点に置いたというアーティステック・ラインのレンズを2本、そして、手持ちで600mmが撮れるSportsの新製品「150-600mm F5-6.3 DG DN OS」を借用した。

【参考】https://dime.jp/genre/1219940/

手持ちで1000mmが撮れるオリンパスの超望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」でカワセミを撮る!

OLYMPUSとLUMIXが採用しているマイクロフォーサーズマウントは、ミラーレス専用の規格でセンサーサイズの最適化で、レンズの小型軽量化を実現。35mm換算で焦点距離が2倍になるため、特に望遠レンズでのメリットが大きい。 「OM-D E-M1X」ではコンティニアスAF時に鳥の瞳と頭部を自動追尾するインテリジェント被写体認識AFを搭載。クルマ、バイク、飛行機、電車に鳥を加えて、超望遠レンズでの撮影領域を広げている。

【参考】https://dime.jp/genre/1201698/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。