小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

キリンビールが商品に含まれる純アルコール量の表示をスタート

2022.01.06

キリンビールがアルコール商品に含まれる純アルコール量の商品への表示を順次開始

キリンビールは、アルコールの有害摂取根絶(Zero Harmful Drinking)に向けた取り組みの一環として2022年5月から、国内で販売する主なアルコール商品に含まれる純アルコール量の商品への表示を順次開始し、2023年末までの完了を目指す。対象商品は、ビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)及びRTD※の350ml缶、500ml缶。

なお、純アルコール量の表示に加え、同社の適正飲酒に関するWebサイトへつながる短縮URL(tekiryo.jp)を併せて表示する。

キリングループでは、アルコール関連問題に真摯かつ適切に対応することは、アルコール飲料を製造・販売する企業としての社会的責任と考えている。

今回純アルコール量の表示のみならず、適正飲酒に関するWebサイトの短縮URLも表示することで、適正な飲酒量と飲酒に関する正しい知識を深めて、自身で飲酒量をコントロールできるようにすることで、アルコールの有害摂取根絶につなげていくという。
※:Ready to Drinkの略。栓を開けてそのまま飲める低アルコール飲料

【表示方法(イメージ)】

2010年にWHO(世界保健機関)で「アルコールの有害な使用を低減するための世界戦略」が採択され、SDGs (持続可能な開発目標)の健康分野でも目標の1 つとして明記されるなど、アルコール関連問題は社会全体で協議しながら取り組むべきグローバルな課題となっている。

また、国内では2021年3月にアルコール健康障害対策推進基本計画(第2期)が閣議決定され、アルコール関連問題への取り組みは加速している。キリングループはアルコールの有害摂取根絶に向けた取り組みを着実に進展させていく。

関連情報:https://www.kirin.co.jp/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。