小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

仕事で英語を使っている人に聞いた英単語の効果的な学習ツールTOP3

2022.01.09

英語学習の基礎となる英単語の習得。社会人になってから英会話力を身に付けるべく「まずは単語から…」と考えていても、勉強時間の確保が難しく、なかなか効果的な学習ができないという人も多いのではないだろうか?

そこでビズメイツ株式会社ではこのほど、仕事で日常的に英語を使用しており、社会人になって英語を学習した経験があるビジネスパーソン111名を対象に「社会人の英単語学習」に関する実態調査を実施。「英単語」についての考え、また、実際に英会話力の習得へとつながった学習法などについて聞いた。詳細は以下の通り。

英語を日常的に使っている人の96.4%が、「英語を使って仕事ができるようになるために、英単語学習は重要」と回答

「Q1.英語を使って仕事ができるようになるために、英単語学習は重要だと思いますか。」(n=111)と質問したところ、「非常に重要」が73.9%、「やや重要」が22.5%という結果となった。

優先的に取り組むべきことは「リスニング」が62.2%、「スピーキング」が46.8%

Q2.英語を使って仕事ができるようになるために、特に優先的に取り組んだほうが良いと思うものを上位2つまで教えてください。」(n=111)と質問したところ、「リスニング」が62.2%、「スピーキング」が46.8%、「英単語を覚える」が29.7%という結果となった。

英単語を覚える理由、「すべての基本」、「単語がわからないと読み書き話すができない」など

「Q3.Q2で「英単語を覚える」と回答した方にお聞きします。その理由を教えてください。」(n=33)と質問したところ、「すべての基本だから」「単語がわからないと読み書き話すができないから」など26の回答を得ることができた。

<自由回答・一部抜粋>
・26歳:すべての基本だから。
・39歳:単語がわからないと読み書き話すができないから。
・46歳:単語を並べさえすれば、どうにか思いが伝わるから。
・55歳:語彙が多いとコミュニケーションがとりやすいから。
・57歳:知らない単語は聞けないし話せないから。

89.2%が「社会人になって英単語を覚えることに対し、負担を感じた経験」あり

「Q4.社会人になって英単語を覚えることに対し、負担を感じたことはありますか。」(n=111)と質問したところ、「非常にある」が50.5%、「ややある」が38.7%という結果となった。

英単語の習得を負担に感じた理由、「学生の頃のように覚えられない」、「なかなか時間が取れない」など

「Q5.Q4で「非常にある・ややある」と回答した方にお聞きします。その理由を教えてください。」(n=99)と質問したところ、「学生の頃のように覚えられない」「なかなか時間が取れない」など81の回答を得ることができた。

<自由回答・一部抜粋>
・44歳:学生の頃のように覚えられない。
・39歳:なかなか時間が取れない。
・51歳:思うように学習できない。
・46歳:継続的に勉強を続ける必要があるから。
・53歳:記憶力が若い頃に比べ減退しているので、学んだことの定着に時間がかかる。
・33歳:集中が続かない。

英単語を効率的に覚えることができた学習方法、「自分の仕事でよく使う単語を優先的に覚える」が63.1%で最多

「Q6.英単語を効率的に覚えることができた学習方法を教えてください。(複数回答)」(n=111)と質問したところ、「自分の仕事でよく使う単語を優先的に覚える」が63.1%、「単語と一緒に使い方も覚える」が48.6%、「わからない単語を都度調べる」が46.8%という結果となった。

「ネイティブと友人になる」、「英字新聞・英文雑誌を読む」なども効率的

「Q7.Q6で「特にない」以外を回答した方に質問します。Q9で回答したもの以外に、英単語を効率的に覚える事ができた学習方法があれば、自由に教えてください。」(n=105)と質問したところ、「ネイティブと友人になる」「英字新聞・英文雑誌を読む」など71の回答を得ることができた。

<自由回答・一部抜粋>
・53歳:ネイティブと友人になる。
・59歳:英字新聞を読む。
・69歳:英文雑誌を読む。
・44歳:ネイティブ話者とスカイプでチャットをする。
・47歳:語彙辞典が効果的だった。
・28歳:何度も目で見る、声に出して耳で聞く。

効果的だった学習ツール、「英単語学習アプリ」が48.6%で最多

「Q8.英単語を効率的に覚える事ができた学習ツールを教えてください。」(n=111)と質問したところ、「英単語学習アプリ」が48.6%、「オリジナル英単語帳」が44.1%、「英会話レッスン」が40.5%という結果となった。

他にも、「ラジオ」や「インターネットの英語のウェブページ」などを利用して効率的に覚えたというエピソード

「Q9.Q8で「特にない」以外を回答した方に質問します。Q7で回答したもの以外に英単語を効率的に覚える事ができた学習ツールがあれば、自由に教えてください。」(n=100)と質問したところ、「ラジオ」「インターネットの英語のウェブページ」など70の回答を得ることができた。

<自由回答・一部抜粋>
・40歳:ラジオ。
・47歳:インターネットの英語のウェブページ。
・47歳:ロングマン英和辞典とネイティブな人と実際話すこと。
・28歳:小さい付箋やメモに書いて移動中などに繰り返し見ること。

■まとめ

今回の調査を通じて、日常的に英語を使用して仕事をしているビジネスパーソンにとって、英単語の学習は重要でありながらも、学生時代と比べて時間が取れないことや記憶力の低下により、単語学習に対し負担を感じていることが明らかとなった。

そんな状況下で最も効率的な学習方法は、「自分の仕事でよく使う単語を優先的に覚える」こと。膨大な量の英単語を広範囲に手をつけるのではなく、自身の業務に関連している単語に絞り学習することがコツのようだ。

また、「単語と一緒に使い方も覚える」という回答が二番目に多く、自身の業務に関連する単語を仕事でよく使うフレーズや熟語として覚えていくことが、忙しいビジネスパーソンの英単語学習の効率性を上げるための大きなポイントとなることがわかった。

英単語を効率的に覚えることができた学習ツールについては、「英単語学習アプリ」が最多で、次いで「オリジナル単語帳」が上位にくる結果となった。場所を問わずにスキマ時間などにも手軽に単語学習できるアプリと、自身に必要な単語や苦手な単語を集中的に覚えることができるオリジナル単語帳のニーズが高いようだ。

このような調査結果から、自身の業務に必要な英単語学習ができる学習ツールを使用することが、ビジネスで使える英語を習得するための最短距離だといえる。

<調査概要>
調査概要:「社会人の英単語学習」に関する実態調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年12月9日〜同年12月11日
有効回答:仕事で日常的に英語を使用しており、社会人になって英語を学習した経験があるビジネスパーソン111名

出典元:ビズメイツ株式会社
https://www.bizmates.jp/

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。