小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「NHK紅白歌合戦」で視聴者が最も注目したシーンは?

2022.01.06

第72回NHK紅白歌合戦で、視聴者がどのシーンに注目したのか

TVISION INSIGHTSは、2021年の大晦日に放送された第72回NHK紅白歌合戦で、視聴者がどのシーンに注目したのかを分析した。

NHK紅白歌合戦の視聴データを1分毎に分析

72回目を迎えた紅白歌合戦。2021年のテーマは「Colorful~カラフル~」だった。これまで呼称が分かれていた「紅組司会」「白組司会」「総合司会」の司会は、今年は全員が「司会」とまとめて呼称された。

また、会場がNHKフォーラム改修のため東京国際フォーラムに変更され、少し違った演出となったり、初登場の歌手も多かったりと、例年と比べいろいろな変化のあった紅白となった。

そのような紅白歌合戦は、視聴者にどのように見られていたのだろうか?

テレビの視聴者の様子を、1分毎の「TVISION推定視聴率」と、「視聴者がテレビに視線を向けている割合=アテンション含有率※」のグラフで見てみた。

※アテンション含有率とは?
視聴者のうちの、テレビ画面注視者の割合を表す。

一番視聴者に注目されたのは冒頭、司会が挨拶するシーン。SixTONESのライブや、劇団ひとりさんの、東京オリンピックを思い出すようなパフォーマンスからマツケンサンバⅡへとつながる場面でも、視聴者は注目した。

TVISION推定視聴率は、番組終盤までじわじわと上昇。しかしアテンション含有率が低下していることから、番組後半は”ながら見”が増えたと考えられる。

最後は、東京オリンピック2020の振り返り映像からMISIAさんのライブ、最後の紅組・白組への投票の場面で視聴者の注目が増えた。視聴者はテレビを点けて、同居者との会話や身の回りの事をしながら年末最後を過ごしていたのではないだろうか。

関連情報:https://tvisioninsights.co.jp/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。