小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ユーザーの行動やニーズを先回りしてより簡単で、便利なものへと進化するIoT家電

2022.02.04

Amazon『Echo Show 15』

注目度  ★★★★☆

ユーザーの行動やニーズを先回りしてより簡単、便利に

 照明や生活家電から、鍵や電気メーターなどの住宅設備まで、家の中の様々なモノがIoT機器となりネットワークにつながる、スマートホームがさらに前進。家電の使用状況や消費電力の見える化、音声やアプリでの一括管理、遠隔操作に加え、状況に応じてメーカーの垣根を越えて家電同士が連動する自動化や、ECなどオンラインサービスとの連携が進む。センシング技術の進化により、IoT機器から収集されるデータが増え、そこからAIがユーザーのライフスタイルを学習。就寝時間が近づいたら照明を暗くしてテレビのボリュームを下げる、洗剤が切れそうになったら自動発注してくれるなど、行動やニーズを先回りし、よりユーザーフレンドリーでスマートな暮らしをサポートする。

 またコロナ禍に需要が高まった、離れて暮らす家族と緩やかにつながるための見守りデバイスも、高齢化や単身世帯増を背景に、さらに市場が拡大。製品やサービスのラインアップも広がる。

 一方で、プライバシーを保護するためにクラウドではなく、身近なデバイス内でAIの処理が行なわれるエッジ化、オンデバイス化の流れも加速することになるだろう。

【POINT1】IoT家電の連携強化で家事の効率化と省エネ化を実現

IoT家電はよりユーザーのライフスタイルに寄り添うものに。パナソニックは家電をメンテナンスやECなどとつなぐサービスも提供。またメーカーを超えて製品を一括コントロールする動きも広がっている。

パナソニック『IoT対応冷蔵庫 NR-F657WPX』

パナソニック『IoT対応冷蔵庫 NR-F657WPX』オープン価格(実勢価格約35万円)

GPSと連動して冷蔵庫が動作

パナソニック『IoT対応冷蔵庫 NR-F657WPX』

自宅から離れると「外出」を検知して節電モードに移行するなど、ユーザーの行動にあわせた最適な運転モードを提案。

パナソニック『ななめドラム洗濯乾燥機 NA-LX129A』

パナソニック『ななめドラム洗濯乾燥機 NA-LX129A』オープン価格(実勢価格約40万円)

洗剤が少なくなると自動で再注文

パナソニック『ななめドラム洗濯乾燥機 NA-LX129A』

Amazonのサービスと連携し、洗剤が少なくなったら自動で再注文する。今後IoT家電では様々な自動化が進みそうだ。

メーカーを超えて一括管理

三菱地所『HOMETACT』

三菱地所『HOMETACT』

三菱地所『HOMETACT』

マンション向けに、スマートスピーカーやスマートフォンから、複数メーカーの機器を一括管理、操作できるプラットフォームも登場。

【POINT2】音声操作は命令だけでなく家電からお知らせしてくれる

音声操作の入り口となるデバイスは、スマートスピーカーから、スマートディスプレイやスマートテレビなど、ディスプレイ付きのデバイスへと移行。音声で命令するだけでなく、家電などから様々な通知も受け取れるようになる。

Amazon『Echo Show 15』

Amazon『Echo Show 15』2万9980円(近日発売予定)
Amazonは壁掛け可能な大画面スマートディスプレイをラインアップに追加。複数の情報を表示することができる。

テレビから音声でお知らせ

Amazon『Echo Show 15』

パナソニックは洗濯の終了など、家電の動作状況の音声プッシュ通知サービスを提供。ゴミの日なども登録可能。

【POINT3】見守りデバイス&サービスが広がり〝離れていても安心〟が浸透

スマートスピーカーやスマートディスプレイ、ロボットなど、離れて暮らす家族とダイレクトにつながれるデバイスや、カメラや見守りが可能なセンサーを搭載した家電が引き続き市場を拡大。いざという時に通知するサービスなどと併せて、選択肢が広がる。

Amazonからロボットも登場

Amazon『Astro』

Amazon『Astro』
Amazonが見守り機能を備えたロボットを米国で発売しているほか、Googleも見守りサービスを提供している。

取材・文/太田百合子

※本記事内に記載されている商品やサービスの価格は2021年11月30日時点のもので変更になる場合があります。ご了承ください。

DIME最新号は「2022年トレンド大予測」と「2021年ヒット商品総まとめ」の2大特集

「DIME」最新号では、2021年にヒットした商品やサービスの紹介のほか、ヒットに至った秘密、舞台裏、2022年に流行りそうなものまでをすべて掲載。特別付録は、仕事でも家庭でもいろいろ使える特大10インチの電子メモパッドです。 絵や文字をたっぷり書き込める、特大の10インチサイズながら、厚さ6mm、重さ143gと、薄型&軽量で持ち運びやすいのが特徴。しかも約10万回書き換えが可能です。 フックに引っかけたり、紐で吊るしたり、専用ペンを支えにして立てかけたりと使い方はいろいろ。

【セブンネットショッピングで購入する】

https://7net.omni7.jp/detail/1231587976

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。