小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

中古iPhoneの機種別年間販売数ランキング、3位iPhone SE 64GB(第2世代)、2位iPhone 7 32GB、1位は?

2022.01.07

2021年中古iPhone年間売買ランキングトップ10

スマホの買い替え時に「中古iPhone」を選択肢の一つとして検討する人が増えている。そんな中、携帯市場は2021年中古iPhone年間売買ランキングトップ10を発表した。

「みんなのすまほ」2021年中古iPhone販売数ランキング(2021年1月1日~12月17日)

2021年中古iPhone年間販売数ランキング1位は「iPhone8 64GB」

(※)価格は2021年12月17日時点の価格。価格はBランクの最安値。変動する可能性がある。

2021年、中古iPhone年間販売数1位は「iPhone8 64GB」、客単価は5000円の上昇

2021年の中古スマホの顔となったiPhone8 64GB

2021年1月1日から12月17日にかけて、携帯市場が取り扱う中古iPhoneの年間販売台数ランキングを見ると、年間1位がiPhone8 64GB(2017年9月発売)、年間2位がiPhone7 32GB(2016年9月発売)、年間3位がiPhoneSE第二世代 64GB(2020年5月発売)という結果となった。

昨今のコロナ禍の影響を受けて、指紋認証(タッチID)を求めるユーザーも増えた背景もあり“iPhone8”の人気は根強く、それに引きずられる形で、同タイプで比較的新しいiPhoneSE第二世代 64GB(3位)、価格比較で1万円前半と安いiPhone7 32GBがトップ3を形成する状況を続けている。

2021年の初期はiPhone7が主流でした。中盤にかけてiPhone8へ移行し、それにつられる形でiPhoneSE第二世代が伸びてきた印象です。よって客単価も1万5千円から2万円前半と5000円ほど上昇しました」(携帯市場EC1部、松崎剛士)。

iPhone8、iPhone7のシェアが4割。指紋認証(タッチID)だけでない安定した需要の理由(わけ)とは

内閣府の消費動向の調査結果(平成31年3月調査)によると、世帯主の年齢別でみた携帯電話の平均使用年数は、29歳以下で「2.6年」、40~49歳で「3.2年」、60~69歳では「4.7年」と年齢が進むにつれて長期化している。

最近のスマホには防水仕様など強度化されたものも増えている。「買い替えタイミングの長期化、端末の長寿命化も理由の一つだが、それ以前にiPhone8とiPhone7は世界的にみてもよく売れた端末だろう。

特に、法人の利用が多いのがこの2機種。法人営業部門もこの1年は過去最高の売上を記録した。

新型コロナウイルスの影響を受け、法人の買い替えサイクルや買い控えも起きておきており、使い勝手が良く、2万円以下で買えるiPhone8、iPhone7に集中してきたのだろう。

そのような背景もうけて、販売されてから4年が経つiPhone8 64GBと5年が経つiPhone7 32GBの2機種が中古販売でのシェアを伸ばしており、携帯市場ではこの2機種のみでiPhone販売の約4割を占める結果となっている。

指紋認証が人気という理由もありますが、数も沢山あり、高機能で圧倒的な価格メリットがあるのがiPhone8、iPhone7と言えるでしょう」(携帯市場EC1部、松崎剛士)。

「みんなのすまほ」2021年度中古iPhone買取数ランキング(2021年1月1日~12月17日)

2021年の中古iPhone買取でも存在感を見せたiPhone8 64GB

引き続きiPhone8、iPhone7を中心に買取を強化。高価格帯のiPhoneは買取額が高騰する懸念あり

2021年の中古iPhoneの年間買取数ランキングを見ると、年間1位は「iPhone8 64GB」(2017年9月発売)、年間2位がiPhoneSE第二世代 64GB(2020年5月発売)、年間3位が「iPhone7 32GB」(2016年9月発売)という結果となった。

販売ランキングとほぼ同じような結果となり、この3機種が販売、買取ともに市場をリードしている状況と言える。

2022年も2021年と同じような傾向が続くと見ています。理由は、半導体の影響で一次市場の不確実さが見え始めており、iPhone11、12などの高価格帯の中古iPhoneの買取価格が高騰する懸念もありますが、当社としては人気のiPhone8やiPhone7のシリーズの買取量を増やし、臨機応変に対応できる仕組みづくりを強化したいと考えています。最近では、販売価格が3万円代のiPhoneXRも買取も増え始めており順調に売れています。

iPhone8、iPhone7に続く“中古iPhoneの顔”となるように、我々が育てていく必要があると考えています」(携帯市場営業部、粟津裕吉)。

https://www.minnasumaho.com/

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。