小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

見る人の感性を刺激するインテリア雑貨21選

2022.01.06

感性を刺激する不思議なインテリア雑貨を@DIMEから厳選して紹介します。

感性を刺激する雑貨

自分の目をどこまで信じられるか!?現実と虚構の境界を曖昧にするユニークな雑貨5選

「自分の目で見たものしか信じない」。他人の意見には簡単に流されない立派な意見にも思えるが、残念ながらあなたのその目も簡単に騙される。そもそも視覚情報に絶対の自信を置いている点が誤りであり、目から入ってくる情報は頼りないものであることを念頭に置いて、自分の頭で見えているものを解釈することが大事なのだろう。

【参考】https://dime.jp/genre/1266195/

閉じ込めることで自分だけの空間を創り出すインテリア雑貨3選

今から30年近くも前の、私が幼少期の話だ。父の実家がある岡山で川遊びをしていた時に見つけたごく小さな魚を、蓋つきの試験管に入れて持ち帰ったところ両親に怒られたことがある。酸素を供給できない状況で魚が可哀そう、というのがその理由だが、当時の私はそこまで考えが至らなかった。その時の自分の中にあったのは、試験管に閉じ込めることでいつでも360度好きな角度から対象を観察することができる、という興奮にも似た感情だったように思う。もちろん今では生き物を閉じ込めようとは考えないわけだが、“対象を閉じ込めることで自分だけの空間を創り出す”という行為自体には、やはり万能感にも似た感情を覚えることがあるし、そうしたモノに出会うとまじまじと見つめてしまう自分がいる。今回紹介するモノたちはまさにそういうアイテムたちだ。

【参考】https://dime.jp/genre/1238456/

もはや芸術品!?突き抜けたこだわりとラグジュアリーをカタチにしたプロダクツ3選

世の中の製品を見ていると、そのデザインではなく値段に興味を惹かれる製品というものがある。と言ってもそれはお買い得な値段だからというわけではなく、むしろ高すぎる値段とそれに至った尖ったこだわりが興味を惹くという意味である。今回紹介する製品たちは、いずれもその尖ったこだわり故に、一般の感覚からするととびぬけて高級なモノたちばかりである。

【参考】https://dime.jp/genre/1224620/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。