小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍で勤務先、上司、同僚との結びつきはどう変わった?ビジネスパーソンの4割が「仕事への熱意が薄れた」

2022.01.05

ビジネスパーソンの約4割が、コロナ禍において仕事への熱意が薄れた

コロナ禍における勤務先および勤務先の上司・同僚との結びつきの変化について尋ねるとともに、『勤務先』『勤務先の上司』『仕事』という、働くうえでもっとも大きなウエイトを占める3つのカテゴリーにおいて、エンゲージメントを測るための様々な項目を立て、アデコは調査を行った。

今回は調査結果とともに、アデコの取締役ピープルバリュー本部長の土屋恵子氏のコメントを紹介しよう。

勤務先や勤務先の上司・同僚との結びつきについて、回答者の半数がコロナ禍でも結びつきに変化はないと回答したのは喜ばしいことですが、結びつきが弱くなったという回答も3割以上あったことから、職場におけるエンゲージメントの向上は引き続き大きな課題であると言えます。

さらに、ビジネスパーソンの約4割はコロナ禍で仕事への熱意が薄れたと回答しており、従業員のモチベーションを高めるための施策も重要になっています。

今後のキャリアに関する展望が描けているかどうかという質問には、5割以上が描くことができていないと回答していました。キャリアコンサルティングなどを通じて、従業員一人ひとりが将来のキャリアを考える機会を設けることによって、働く意味が明確になり、モチベーションの改善にもつなげられる可能性があります。

今回私が特に注目したのは、ビジョンに関する項目への回答です。『この会社/組織のビジョンに共感している』と、『自分のライフビジョンおよびキャリアビジョンと、会社/組織のビジョンとの繋がりを意識できている』という2つの項目のどちらに対しても、5割以上のビジネスパーソンが『そう思わない』と回答しました。

先を見通したり将来を予測したりすることが非常に難しい『VUCAの時代』と呼ばれる現代において、生き方やキャリアについてのビジョンを持つことはビジネスパーソンにとって極めて重要です。

また、ビジョンのレベルで共感できる組織に所属することは、キャリアのみならずウェルビーイングにも大きな影響を与えます。今後の職場では、ビジネスパーソンがライフビジョンをも踏まえたキャリアビジョンを描けるようになるためのサポートが重要な意味を持つと言えます。

より実務に近いところでは、上司からメンバーに対するフィードバックの内容や、そのタイミングについて、改善が必要な職場が多いことがうかがえました。上司からメンバーに対するフィードバックが重要であることは周知の事実ですが、特にその内容と頻度が重要になってきます。

多くの企業で年に数回、評価と合わせたフィードバックを行っていると思いますが、それに加えて、日常的な会話を通じて即時のフィードバックをしていくことが重要です。

そうすることで、従業員はフィードバックされたことを受け止めやすくなり、学びや気づきにつながります。日常的な会話は従業員のモチベーション向上やキャリア開発とも密接に関わっており、結果的に職場全体の活性化にも繋がります。

 

調査概要

回答者条件

就労状況:就労中

職業:会社員・公務員・団体職員

雇用形態:正社員、派遣社員、契約社員・嘱託社員

役職:一般社員、管理職

回答者属性

性別:男性1,185人、女性815人

居住地:全国

調査方法

インターネット調査

実施時期

2021年8月17日~18日

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。