小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アンケート調査でわかったビジネスパーソンにとって最も効率的な英語学習法

2022.01.06

英語学習の最大のコツは「仕事でよく使う単語を優先的に覚える」

仕事で使える英会話力を身につけるために、まずは英単語を覚えることからはじめるビジネスパーソンも少なくない。

しかし、忙しいビジネスパーソンは学生時代のように単語学習に十分な時間を割くことは難しく、学習範囲も決まっていない。さらには、様々な英単語学習ツールや学習法が溢れているため、どのように学習をすることが効果的なのかわからない人も多いだろう。

そこでビズメイツは、社会人になって英語を学習した経験がある、実際に仕事で英語を使用しているビジネスパーソンの「英単語」についての考え、また、実際に英会話力の習得へとつながった学習法について調査した。

英語を日常的に使っている人の96.4%が、「英語を使って仕事ができるようになるために、英単語学習は重要」と回答

「Q1.英語を使って仕事ができるようになるために、英単語学習は重要だと思いますか。」(n=111)と質問したところ、「非常に重要」が73.9%、「やや重要」が22.5%という回答となった。

Q1.英語を使って仕事ができるようになるために、英単語学習は重要だと思いますか。

・非常に重要:73.9%

・やや重要:22.5%

・あまり重要ではない:2.7%

・全く重要ではない:0.9%

優先的に取り組むべきことは「リスニング」が62.2%、「スピーキング」が46.8%

Q2.英語を使って仕事ができるようになるために、特に優先的に取り組んだほうが良いと思うものを上位2つまで教えてください。」(n=111)と質問したところ、「リスニング」が62.2%、「スピーキング」が46.8%、「英単語を覚える」が29.7%という回答となった。

Q2.英語を使って仕事ができるようになるために、特に優先的に取り組んだほうが良いと思うものを上位2つまで教えてください。

・リスニング:62.2%

・スピーキング:46.8%

・英単語を覚える:29.7%

・リーディング:22.5%

・文法理解:18.0%

・ライティング:8.1%

・その他:0.0%

・わからない:0.9%

英単語を覚える理由、「すべての基本」、「単語がわからないと読み書き話すができない」など「Q3.Q2で「英単語を覚える」と回答した方にお聞きします。その理由を教えてください。」(n=33)と質問したところ、「すべての基本だから」「単語がわからないと読み書き話すができないから」など26の回答を得ることができた。

<自由回答・一部抜粋>

・26歳:すべての基本だから。

・39歳:単語がわからないと読み書き話すができないから。

・46歳:単語を並べさえすれば、どうにか思いが伝わるから。

・55歳:語彙が多いとコミュニケーションがとりやすいから。

・57歳:知らない単語は聞けないし話せないから。

89.2%が「 社会人になって英単語を覚えることに対し、負担を感じた経験」あり

「Q4.社会人になって英単語を覚えることに対し、負担を感じたことはありますか。」(n=111)と質問したところ、「非常にある」が50.5%、「ややある」が38.7%という回答となった。

Q4.社会人になって英単語を覚えることに対し、負担を感じたことはありますか。

・非常にある:50.5%

・ややある:38.7%

・あまりない:9.9%

・全くない:0.9%

英単語の習得を負担に感じた理由、「学生の頃のように覚えられない」、「なかなか時間が取れない」など

「Q5.Q4で「非常にある・ややある」と回答した方にお聞きします。その理由を教えてください。」(n=99)と質問したところ、「学生の頃のように覚えられない」「なかなか時間が取れない」など81の回答を得ることができました。

<自由回答・一部抜粋>

・44歳:学生の頃のように覚えられない。

・39歳:なかなか時間が取れない。

・51歳:思うように学習できない。

・46歳:継続的に勉強を続ける必要があるから。

・53歳:記憶力が若い頃に比べ減退しているので、学んだことの定着に時間がかかる。

・33歳:集中が続かない。

英単語を効率的に覚えることができた学習方法、「自分の仕事でよく使う単語を優先的に覚える」が63.1%で最多

「Q6.英単語を効率的に覚えることができた学習方法を教えてください。(複数回答)」(n=111)と質問したところ、「自分の仕事でよく使う単語を優先的に覚える」が63.1%、「単語と一緒に使い方も覚える」が48.6%、「わからない単語を都度調べる」が46.8%という回答となった。

Q6.英単語を効率的に覚えることができた学習方法を教えてください。(複数回答)

自分の仕事でよく使う単語を優先的に覚える:63.1%

単語と一緒に使い方も覚える:48.6%

・わからない単語を都度調べる:46.8%

・覚えた英単語を実際に使う:45.9%

・発音と一緒に学習する:39.6%

・覚えるまで繰り返し学習する:36.0%

・単語の語源から覚える:21.6%

・その他:0.0%

・特にない:5.4%

「ネイティブと友人になる」、「英字新聞・英文雑誌を読む」なども効率的

「Q7.Q6で「特にない」以外を回答した方に質問します。Q9で回答したもの以外に、英単語を効率的に覚える事ができた学習方法があれば、自由に教えてください。」(n=105)と質問したところ、「ネイティブと友人になる」「英字新聞・英文雑誌を読む」など71の回答を得ることができた。

<自由回答・一部抜粋>

・53歳:ネイティブと友人になる。

・59歳:英字新聞を読む。

・69歳:英文雑誌を読む。

・44歳:ネイティブ話者とスカイプでチャットをする。

・47歳:語彙辞典が効果的だった。

・28歳:何度も目で見る、声に出して耳で聞く。

効果的だった学習ツール、「英単語学習アプリ」が48.6%で最多

「Q8.英単語を効率的に覚える事ができた学習ツールを教えてください。」(n=111)と質問したところ、「英単語学習アプリ」が48.6%、「オリジナル英単語帳」が44.1%、「英会話レッスン」が40.5%という回答となった。

Q8.英単語を効率的に覚える事ができた学習ツールを教えてください。

・英単語学習アプリ:48.6%

・オリジナル英単語帳:44.1%

・英会話レッスン:40.5%

・総合英語学習テキスト:35.1%

・ドラマや映画:35.1%

・市販の英単語学習本:33.3%

・TwitterやInstagramなどのSNS:27.0%

・音楽:21.6%

・その他:6.3%

・特にない:9.9%

他にも、「ラジオ」や「インターネットの英語のウェブページ」などを利用して効率的に覚えたというエピソード

「Q9.Q8で「特にない」以外を回答した方に質問します。Q7で回答したもの以外に英単語を効率的に覚える事ができた学習ツールがあれば、自由に教えてください。」(n=100)と質問したところ、「ラジオ」「インターネットの英語のウェブページ」など70の回答を得ることができた。

<自由回答・一部抜粋>

・40歳:ラジオ。

・47歳:インターネットの英語のウェブページ。

・47歳:ロングマン英和辞典とネイティブな人と実際話すこと。

・28歳:小さい付箋やメモに書いて移動中などに繰り返し見ること。

まとめ

今回の調査を通じて、日常的に英語を使用して仕事をしているビジネスパーソンにとって、英単語の学習は重要でありながらも、学生時代と比べて時間が取れないことや記憶力の低下により、単語学習に対し負担を感じていることが明らかになった。

そんな状況下で最も効率的な学習方法は、「自分の仕事でよく使う単語を優先的に覚える」ことだった。膨大な量の英単語を広範囲に手をつけるのではなく、自身の業務に関連している単語に絞り学習することがコツのようだ。

また、「単語と一緒に使い方も覚える」という回答が二番目に多く、自身の業務に関連する単語を仕事でよく使うフレーズや熟語として覚えていくことが、忙しいビジネスパーソンの英単語学習の効率性を上げるための大きなポイントとなることがわかった。

英単語を効率的に覚えることができた学習ツールについては、「英単語学習アプリ」が最多で、次いで「オリジナル単語帳」が上位にくる結果となった。場所を問わずにスキマ時間などにも手軽に単語学習できるアプリと、自身に必要な単語や苦手な単語を集中的に覚えることができるオリジナル単語帳のニーズが高いようだ。

このような調査結果から、自身の業務に必要な英単語学習ができる学習ツールを使用することが、ビジネスで使える英語を習得するための最短距離だといえる。

調査概要

調査概要:「社会人の英単語学習」に関する実態調査

調査方法:インターネット調査

調査期間:2021年12月9日~同年12月11日

有効回答:仕事で日常的に英語を使用しており、社会人になって英語を学習した経験があるビジネスパーソン111名 

構成/ino.

無料受講体験モニター募集!英語を使って叶えたいアナタの夢をENGLISH COMPANY×DIMEが応援します!!

英語パーソナルジムStudyHacker ENGLISH COMPANYと『DIME』によるスペシャルプログラム『「英語で夢を叶えたい」を応援する90日間コーチング。短期集中!英語力向上プロジェクト』が始動!約60万円相当のマンツーマンの英語コーチングサービスを3か月間無料で受講したいモニター5名を募集します。



StudyHacker ENGLISH COMPANY(以下、ENGLISH COMPANY)は、ベネッセグループの教育ベンチャーであるスタディーハッカー社が2015年より運営する、英語パーソナルジム。「短期集中で英語力を大幅に上げる」というコンセプトのもと、科学的な英語トレーニングを提供しており、累計受講者数は姉妹サービスと合わせて16,000人を超えています。

その特徴は、言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見に基づいた超合理的なカリキュラム、豊富な専門知識を持ったパーソナルトレーナーの存在、そして英語学習を継続するための科学的アプローチにあります。パーソナルトレーナーが受講生の課題や弱点を発見し、それを克服するためのトレーニングメニューをカスタマイズ。毎日の自宅学習もサポートしながら、最短ルートでの英語力アップを実現します。

【StudyHacker ENGLISH COMPANY詳細】

https://englishcompany.jp/

そんなENGLISH COMPANYと@DIMEがタッグを組んで立ち上げた『「英語で夢を叶えたい」を応援する90日間コーチング。短期集中!英語力向上プロジェクト』の参加者を募集します! もっと英語が得意だったら……英語力が原因で諦めてしまった夢がある……そういった過去や経験をお持ちの方に、ENGLISH COMPANYの「パーソナルトレーニングコース 90日間集中プログラム」(約60万円相当)を無料でご受講いただきます。

スペシャルサポーターに就任したタレントの関根麻里さん、DIME編集長・安田典人の2名が、アナタが英語を習得するまでの90日間を応援します。

【参加者オーディション募集フォーム】

90日間のトレーニングで英語力がどう伸びていくのか? 英語を身につけて夢や目標に向かってどう歩んでいくのか? 受講中や卒業後の様子などを取材・撮影し、@DIMEやYouTube等のメディアで記事・動画として配信させていただきます。

応募はこちらから

応募の締め切りは2022年1月15日(土)24時まで。その後オーディションを実施し、体験モニターを最終決定させていただきます。

このプロジェクトに参加し、ずっと叶えたかった夢への一歩を踏み出しませんか?たくさんのご応募お待ちしています!

=応募条件=
・20歳以上の方
・現在仕事で英語を使っている、または英語を使って将来やりたいことがある方
・3か月間のカリキュラムに最後まで取り組める方
 【週2回のマンツーマントレーニング受講ならびに毎日の自宅学習(目安:1日1時間半程度)】
・1次選考通過後に2次選考のオーディションに参加できる方
・受講後にTOEIC®またはVERSANT®を受験してスコアを公表できる方(※VERSANT®は受講前にも受験いただく場合がございます)
・氏名・年齢・職業等のプロフィールの公開ならびに顔写真の掲載をご承諾いただける方
・オーディション風景、トレーニングや勉強風景の取材・撮影にご協力いただける方
・取材・撮影時に東京都内のENGLISH COMPANYのスタジオ(銀座/新宿/神田のいずれか)にお越しいただける方
(取材・撮影がない場合はオンラインでの受講も可能です)
・撮影した写真や動画のWebでの公開、ならびにバナー広告や販促物での利用を承諾いただける方
※同業他社に勤務されている方、過去にENGLISH COMPANYを受講済みの方はお断りさせていただきます。

=選考方法=
・無料体験モニターは、1次選考(書類)と2次選考(オーディション)で決定します。
 1次選考を通過された方には直接メールでご連絡いたします。
 その際に日程や場所などの詳細情報をお送りします。
会場までの交通費等の費用はすべて自己負担となります。なお、オーディション日程は1月下旬~2月上旬を予定しております。

※下記の注意事項も必ずお読みください
=注意事項=
・受講開始は2022年2月を予定しています。
・取材・撮影は2022年2月~5月頃の期間内に複数回を予定しています。
・取材・撮影は東京都内のENGLISH COMPANYのスタジオ(銀座/新宿/神田のいずれか)にて実施します。
・取材・撮影場所までの交通費等の費用はすべて自己負担となります。
・オンライン受講をご希望される場合、オンライン受講に必要なPCやインターネット接続環境はご自身でご用意をお願いいたします。
・当選の権利を金銭その他の物品と交換することはできません。また、第三者に譲渡することもできません。
・応募フォームにも注意事項の記載がございますのであわせてご確認ください。

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。