小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2022年の欧州株式、テーマ型株式、グローバル債券はどう動く?

2022.01.02

「2022年市場見通し:欧州株式、グローバル / テーマ型株式、グローバル債券」

アセットマネジメント企業・シュローダーは、レポート「2022年市場見通し:欧州株式、グローバル / テーマ型株式、グローバル債券」を公開した。

欧州株式

マーティン・スカンバーグ氏
欧州株式ファンドマネジャー

需要の堅調さが2022年に向けて引き続きユーロ圏株式市場の押し上げ要因となる可能性があるが、年の後半にかけてリスクが高まると予想される。需要の堅調な回復が、少なくとも2022年前半において株価の下支えとなることが期待される。欧州は、グリーン・テクノロジーやその他の革新的かつ急成長する業界において、市場をリードする企業から恩恵を受けている。

相対的に高いインフレ期待が定着するリスクがあり、高水準の政府債務を考慮すると中央銀行は難しいバランスの維持に直面している。欧州は旺盛な需要に恵まれつつ、2022年を迎える。企業利益は急増し、企業がサプライチェーンを再構築し、サステナブルな技術へ方向転換する中、新しい投資機会の波が押し寄せてきている。

しかしながら、近い将来に陰りが見え始めている。陰りとは、特に年末に向けて、インフレ率の上昇、金利の上昇、そして大きく変化した投資環境だ。

テーマ型株式

アレックス・テダー氏
グローバル株式・米国株式ヘッド兼CIO

2022年は企業の価格決定力が重要になると考えている。サプライチェーンの混乱の影響は大きいものの、2022年中の回復が見込まれる。インフレは多くの業種で依然として重大なリスクであり、投入コストの上昇、特にエネルギーコストの上昇は、すでに消費者価格や賃金に反映されている。企業は利益率が圧迫される可能性が高いため、価格設定力が重要になる。

グローバル債券

ポール・グレインジャー氏
ヘッド・オブ・グローバル・フィクストインカム&カレンシー

ジェイムス・ビルソン氏
グローバル・フィクストインカム&カレンシー・チーム ストラテジスト

2022 年は経済成長のピークを迎え、中央銀行がインフレ対応に取り組むとみられることから、グローバルのマクロ環境は変動が大きくなるとみています。2021年は、様々な観点で通常とは大きく異なり、そして困難な市場環境となりました。グローバルの経済活動は多くの市場参加者の予想をはるかに上回るスピードで回復し、世界のインフレ率はここ何年も見られなかった水準に達し、また、新型コロナウイルスの変異株(デルタおよびオミクロン)の出現もありました。

これにより、足元のマクロ経済環境には大きな不確実性が生じています。2022年に向けての見通しを整理、そして精査する中で、2021年の動きからどのような学びを得、ポートフォリオに反映させていくべきでしょうか。

関連情報:https://www.schroders.com/ja-jp/jp/asset-management/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。