小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

モバイルアプリ、AI、サイバーセキュリティー、2022年のテクノロジートレンドを占う

2022.01.02

2022年に予測されるテクノロジートレンドを@DIMEからセレクトしました。

2022年の展望〈テクノロジー編〉

NFT×ゲームに商機?2022年のモバイルアプリ市場における4つのトレンド予測

マーケティングソフトウェアのリーディングカンパニーであるAppLovin(アップラビン)はこのほど、モバイルアプリ市場における4つのトレンドを予測した。また、日本におけるモバイルアプリ市場のトレンドも併せて紹介する。

【参考】https://dime.jp/genre/1282051/

超高速AIの時代がやってくる!?NVIDIAのトップエキスパートに聞くAIが2022年世界の産業に与える影響

NVIDIAが2022年度にAI が世界の産業に与える影響に関するレポートを公開した。 ■執筆者: CLIFF EDWARDS氏 不確実な時代にこそ優れたビジネスが発展すると、古くから言われている。大規模な激変の前兆が見える 2022 年、このことが試される年になることは間違いないだろうか。 パンデミックによるサプライチェーンの混乱は、自動車や電子機器から玩具やトイレット ペーパーに至るまで、あらゆるものの生産に影響を及ぼしている。また、食料事情に関しては、労働者の不足、工場の閉鎖、商品価格の高騰により、最 も高度な予測や物流業務ですら計画が破綻したため、世界の食料価格はここ 10 余年で最高水準に跳ね上がった。

【参考】https://dime.jp/genre/1288628/

Nuclear Ransomware 3.0、AIの悪用、メタバースへの攻撃、サイバーセキュリティーの動向予測

KnowBe4はサイバーセキュリティ専門家チームによる2022年のサイバーセキュリティ動向予測を発表した。 次の9点を要注意と指摘しているので要チェックだ。まず、最初の要注意動向は、Nuclear Ransomware 3.0と呼ばれるランサムウェア攻撃の進化だ。1つの傾向として、ハッカー集団が将来に向けて動き出していること。

【参考】https://dime.jp/genre/1285817/

レノボのデビット・ベネット社長が予測する2022年のテクノロジートレンド

レノボは、毎年恒例の翌年のテクノロジートレンド予測を発表した。2022年およびさらにその先のテクロノジートレンドについて、同社社長のデビット・ベネット氏は以下の10個の予測を立てている。「テレワークと出社を併用したハイブリッド型勤務体制への移行が加速していく中で、2022年は人々のインタラクションを向上させる新しいデバイスのフォームファクタやITサービス、セキュリティサービスといったテクノロジーが幅広く提供されていくと考えられます。また、よりよい社会を実現するためのテクノロジーにますます重きが置かれるようになるでしょう。具体的には以下のようなテクノロジートレンドが進むと予測します。」(デビット・ベネット)

【参考】https://dime.jp/genre/1288892/

10インチ電子メモパッド付録つき!DIME最新号は「2021年ヒット商品総まとめ」と「2022年トレンド大予測」の2大特集

DIME2・3月号の特別付録は、仕事でも家庭でもいろいろ使える特大10インチの電子メモパッドです。 絵や文字をたっぷり書き込める、特大の10インチサイズながら、厚さ6mm、重さ143gと、薄型&軽量で持ち運びやすいのが特徴。しかも約10万回書き換えが可能です。 フックに引っかけたり、紐で吊るしたり、専用ペンを支えにして立てかけたりと使い方はいろいろ。

【参考】https://dime.jp/genre/1286935/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。