小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ワクチン接種によって春の旅行意欲をもつ人が増加する一方、GWの旅行需要は横ばい

2021.12.28

じゃらんリサーチセンター「新型コロナウイルス感染症による旅行市場への影響」調査

リクルートの観光に関する調査・研究、地域振興機関『じゃらんリサーチセンター』は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の旅行業界への影響度を旅行者の視点から測り、地域および宿泊施設を主とした今後の回復期に向けた具体的施策の立案に役立ててもらうために、「新型コロナウイルス感染症による旅行市場への影響」調査を2020年3月より継続して実施しており、調査内容とともに最新の結果を報告した。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大から現在(2021 年 11 月末時点)までの旅行意欲の推移

新型コロナウイルス感染症の影響下の旅行意欲について、時期ごとの変化を分析した(図 1 参照)。「④旅行に行きたいが様子をみている層」「⑤予定をしており、気を付けながら行く層」「⑥予定をしており、気にせず行く層」を合計した「⑦旅行意欲ありの層」(赤い折れ線)は 67.7%となり、2021 年の年初から増加傾向にあり、2020 年 3 月の調査開始から最も高い値となった。

その内訳について「④旅行に行きたいが様子をみている層」は前回調査(2021 年 9 月)と比較すると微減しており、「⑤予定をしており、気を付けながら行く層」と「⑥予定をしており、気にせず行く層」がそれぞれ微増した。

ワクチン接種の広がりや感染者数の減少などにより、徐々に旅行の再開を検討しているようである。ただし、いまだ大多数は「④旅行に行きたいが様子をみている層」であり、旅行の再開には変わらず慎重な様子である。

2022 年の旅行予定の見通し

2022 年春の旅行の意欲を分析すると、GW を除く春については、前回調査(2021 年 9 月)と比較して 6.7pt 増加し、前年調査(2020 年 10 月)と比較すると 9.6pt 増加した。対して、2022 年の GW については、ほぼ横ばいであった。

特に、60 代・70 代女性については、GW を除く春については、前年調査と比較して 22.1pt と大幅に増加したが、GW については 1.4pt の増加にとどまった。

2021 年 11 月末時点での旅行予定者の属性分析

今後の旅行計画を、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種状況や接種意向をもとに分析した。ワクチン接種者で「旅行に行きたいが様子をみている層」(40.4%)が最も高く、「予定をしており、気を付けながら行く層」(15.8%)「予定をしており、気にせず行く層」(3.6%)を合わせた、旅行に前向きな姿勢の人(表 2 で赤枠で囲った部分)は 59.8%となった。

ただし、その中でもワクチン接種者の「旅行に行きたいが様子をみている層」と「予定をしており、気を付けながら行く層」といった、旅行に前向きだが実際の行動については慎重である人が全体の 56.2%を占めている。

『じゃらんリサーチセンター』による解説

『じゃらんリサーチセンター』研究スタッフ 五十嵐 大悟氏

徐々に旅行を再開する兆しはあるが、大部分が慎重な様子

旅行意欲そのものは、2021 年の年初から増加傾向であり、2020 年 3 月の調査開始から最も高い値となりました。第 10 回調査は 2021 年 11 月 24 日(水)に開始しましたが、この日は東京都において新型コロナウイルス感染症の新規感染者数が、7 日間連続で 20 人以下となった日でした。

今回の調査では、実際に旅行を予定していると答えた人が増加しましたが、ワクチン接種の広がりや、感染者数の減少を受けるかたちとして、徐々に旅行を再開する兆しが表れている可能性があります。しかしながら、旅行意欲のある人の大多数は、旅行に行きたいが様子をみている状況にあり、なお旅行の再開に関しては慎重な様子がうかがえます。

2022 年春の旅行意欲は高まり、GW はほぼ横ばい

2022 年の春について旅行の意欲を分析すると、GW を除く春は、前回調査(2021 年 9 月)より 6.7pt増加し、前年調査(2020 年 10 月)と比較すると 9.6pt 増加しました。これに対して、2022 年の GW の時期はこのような増加は見られませんでした。

コロナ禍が長引く中で、3 密の回避が求められ続け、人々は混雑を恐れている可能性があります。コロナ禍前から、日本の旅行市場においては、旅の分散化の実現やその対応が課題となっていましたが、2022年の春の旅行意欲を見ると、既に旅行者の間では繁忙期に限らない旅行の実施が進みつつあることが分かります。

感染の拡大が落ち着いた状況が続き、Go To トラベルキャンペーンなどが再開された際には、より多くの人が動き出す可能性があります。その旅行意欲に応えるためには、With コロナや After コロナの時期においては、今まで繁忙期とされてきた時期以外の年間を通した集客の実施や、コンテンツの提供がより重要となるでしょう。

ワクチン接種者で旅行意欲がある人の割合が増加

旅行意欲とワクチンの接種状況を掛け合わせて分析すると、ワクチン接種者で旅行に前向きな人は59.8%を占め、前回調査から 8.2pt 増加しました。

ですが、ワクチン接種者の「旅行に行きたいが様子をみている層」と「予定をしており、気を付けながら行く層」を合計すると、全体の 56.2%を占めており、ワクチン接種後も感染状況などを考慮した、慎重な行動を心掛けていることが分かります。引き続き 3 密の回避や、基本的な感染症対策の実施が重要となるでしょう。また、旅の分散化への対応はこうした観点からもますます重要になると考えられます。

調査対象者
マクロミル会員モニター20 歳以上 1,652 人
性別および年代(20~30 代/40~50 代/60~70 代)による均等割付を実施
調査時期
第 10 回:2021 年 11 月 24 日(水)~2021 年 11 月 25 日(木)
(過去の調査の調査時期)
第 1 回:2020 年 3 月 19 日(木)~2020 年 3 月 20 日(金)
第 2 回:2020 年 3 月 26 日(木)~2020 年 3 月 27 日(金)
第 3 回:2020 年 5 月 15 日(金)~2020 年 5 月 16 日(土)
第 4 回:2020 年 10 月 30 日(金)~2020 年 10 月 31 日(土)
第 5 回:2021 年 1 月 13 日(水)~2021 年 1 月 14 日(木)
第 6 回:2021 年 3 月 23 日(火)~2021 年 3 月 24 日(水)
第 7 回:2021 年 5 月 28 日(金)~2021 年 5 月 29 日(土)
第 8 回:2021 年 7 月 12 日(月)~2021 年 7 月 14 日(水)
第 9 回:2021 年 9 月 27 日(月)~2021 年 9 月 28 日(火)

関連情報:https://jrc.jalan.net/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。