PETomorrow ペットゥモロー

ログイン
小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

25歳のおばあちゃん猫、初めての入院

2021.12.25

20214月に25歳を迎えたおチビさん。3本脚ながら懸命に生きているおばあちゃん猫を見ているとすごくほっこりして元気をもらえます。そんな四半世紀を生きてきた彼女の日常をつらつらとお届けします。

第一話はこちら https://dime.jp/genre/1133081/

第二話はこちら https://dime.jp/genre/1160438/

第三話はこちら https://dime.jp/genre/1194366/

第四話はこちら https://dime.jp/genre/1221967/

第五話はこちら https://dime.jp/genre/1287149/

25歳のおばあちゃん猫】6回 【緊急事態】25歳のおばあちゃん猫が大変なことに!!

猫と暮らしていると想像を超えた事態に遭遇することがある。窓を開けた瞬間突然外に飛び出したり、昨日まで普通だったのに今日見たら歩き方がヘンだったり、いきなり吐いたり。筆者は心配性ゆえ何かある度に病院に連れて行きたくなるのだがそれはそれで猫にとってストレスなはず。ご飯もトイレも普段通りなら数日様子を見るよう心がけている、めっちゃ心配だが。

しかし、明らかに様子がヘンだったり身体を触った時に違和感があったらすぐに受診した方がいい。特に寒さに弱い猫はこの時期病気にかかりやすいと言われている。中でも多いのが下部尿路疾患というオシッコの出が悪くなる病気。また寒い季節はあまり水を飲まないようになるので膀胱炎になることも。

ちなみに猫は体温と近い温度の水を好むらしく冬場は38度程のぬるま湯を用意するのがベスト。すぐに冷たくなるので40度ぐらいがちょうどいいかもしれない。

それはともかく、今回も事件だ。人間年齢120歳近いおばあちゃん猫の一大事だ。とにかく大変だったから詳細に紹介したい。

もはやこの写真のこの表情で最悪な事態がお分かり頂けるはず。猫の苛立ちがこれほど伝わってくる写真も珍しい。心霊写真の霊気以上に怒りの怨念が画像から漂っている。一体ナニがあったというのか?飼い主のTomokoさんはこう語る。

「まだ1歳の大後輩三毛猫タローをいじめていた日の午後におチビは突然脱水症状になりました。そのまま急いで病院で診てもらうことに

おチビさんの人生で初めての入院。健康優良猫を自負していた自分が脱水症状になったことに不甲斐ない、情けないとの想いがあったのかもしれない。プライドを傷つけられ若輩にブザマな姿を見せてしまったその悔しさがこの表情に現れているのかもしれない。

それよりも心配なのはおチビさんの病状だ。その後どうなったのか?

「入院したはいいものの夜中に他のワンちゃんネコちゃんに威嚇のシャウトをしていたという報告がありました。その子達が睡眠不足や若干の体調不良にもなったらしく、元気すぎる25歳の最年長入院患者はその翌日から強制退院させられ自宅療養を命じられました」(Tomokoさん)

強制退院直後のおチビさん

120歳近いおばあちゃんが強制退院させられることなどあるだろうか?そんなに元気なおばあちゃんがこの世に居ること自体驚きであり、病院側の苦労も計り知れない、そう実感する。看護師さん達がどれだけ大変だったか当事者でない筆者もそれを考えるだけで申し訳なく思ってしまう。ところがだ!

「帰宅したおチビはササミを食べて昼寝して、またタローをいじめに出かけていきました」(Tomokoさん)

「ヤバい!おばあちゃん帰ってきた!」

「どうしようか(タローくん思案中)」

「一旦隠れておこう、そうしよう」

強制退院で迎えにきた家族にも威嚇のシャウトをお見舞いし、病院には絶対に行かないと心に決めたおチビおばあちゃん。動物病院初のブラックリスト入りしたかもしれないがそんなことおかまいなし。彼女は25歳の今を精一杯生きようとしているだけなのだ。

「シャバの飯は美味い

「もう二度と入ってたまるか」

兎にも角にもおチビさんが元気そうでなにより。そんな元気すぎるおばあちゃん猫の一方でまた新たな事件が起きていた。それは「ぶくぶく小太り事件」。

1歳のタローくんがちゅーるにハマってしまった。その結果

豊満ボディが魅力的な肉々男子に変貌。肩甲骨が肉に埋もれてフロントラインもつけられないほど。冬毛のせいと言いたいがそれを超える成長が垣間見れる。「あんまり食べてないのに太っちゃう体質なんすよねジブン」そんな言い訳も聞こえてくるほど。

これはおチビさんとの戦いに備えた危機管理なのか?丸くなって転がって戦いから逃亡するための肉体改造なのか?1歳と25歳の世代を超えた一大決戦の行方は、果たして!?

次回予告『せいぜい受け身の練習でもしとくんだな byおチビ』

おチビさんインスタグラム
@briciolinatomoko

/太田ポーシャ

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。