小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

オミクロン株、岸田政権、過去62年分のデータ、東証再編、2022年の株価を読み解くヒント

2021.12.28

@DIMEから反響の大きかった株価に関する記事を紹介します。

株価

「オミクロンショック」を受けて米国株はどう動く?

南アフリカで検出され、その後、世界各地で確認されている新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」。新たな脅威の出現によって、米国株式市場はどのような変動を見せているのだろうか? そんなオミクロ株と米国株式市場についてこのほど、三井住友DSアセットマネジメントが以下のレポートをまとめた。

【参考】https://dime.jp/genre/1272507/

自民党の絶対安定多数確保で株価はこれからどう動く?

衆議院議員総選挙の投開票が10月31日に行われた。自民党が選挙前の276議席から261議席に議席数を減らしたものの、絶対安定多数を確保する結果となった今回の選挙結果を受けて、株価はどのように変動したのだろうか。 そんな衆議院選挙後の株価動向についてこのほど、三井住友DSアセットマネジメントが以下のレポートにまとめた。

【参考】https://dime.jp/genre/1257292/

今は買いどき?日経平均過去62年分のデータでは年末から翌年の春先にかけて株価が上昇する傾向

三井住友DSアセットマネジメントがこのほど、同社チーフマーケットストラテジスト・市川雅浩氏による、その時々の経済・相場を読み解く「市川レポート」として、「日経平均株価のアノマリー~年度末までの上昇確率は7割強」と題したレポートを公開した。詳細は以下の通り。

【参考】https://dime.jp/genre/1276975/

岸田首相の金融所得課税見直し、中国恒大問題、日本株を取り巻く5つの懸念材料

日本株には現在、国内外にどのような懸念材料が存在するのだろうか? 三井住友DSアセットマネジメントではこのほど、同社チーフマーケットストラテジスト・市川雅浩氏による、その時々の経済・相場を読み解く「市川レポート」として、「日本株を取り巻く国内外の懸念材料を整理する」と題したレポートを発表した。詳細は以下の通り。

【参考】https://dime.jp/genre/1238992/

東証再編に向けた各企業の取り組みは株価上昇の追い風になるか?

国内最大の証券取引所として知られる東京証券取引所(以下、東証)。その株式市場は現在、「市場第一部」「市場第二部」「マザーズ」「ジャスダック」の4市場に区分されているが、これらは2022年4月4日より、「プライム」「スタンダード」「グロース」という3つの新しい市場区分へ再編される。

【参考】https://dime.jp/genre/1205083/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。