小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

3Gサービスの終了時期、5Gのサービスエリア、ドコモの大規模通信障害、通信ネットワークの最新トピックス

2022.01.04

スマホの通信ネットワークに関連する記事を@DIMEから厳選して紹介します。

スマホの通信ネットワークにまつわるニュースをピックアップ

auは来年3月、ソフトバンクは2024年1月、ドコモは2026年3月、シニア世代の4人に1人が知らない「3Gサービスの終了時期」

au(KDDI)が2022年3月いっぱい、ソフトバンクが2024年1月下旬、ドコモが2026年3月いっぱいと、各通信会社は3Gサービスの終了と終了時期を公表している。 このことを知っているシニア層はいったい、どの程度いるのだろうか? MMD研究所ではこのほど、モバイル端末を所有している60歳~79歳の男女10,000人を対象に2021年8月27日~8月31日の期間で「3Gサービス終了に関する実態調査」を実施した。調査結果は以下のとおり。

【参考】https://dime.jp/genre/1220781/

エリア拡大中とは言うものの「iPhone 13」で5G通信はどれくらい使えるのか?

 

5Gのエリアが急拡大している。KDDIとソフトバンクでは、2022年3月頃までに人口カバー率を90%まで拡大する予定だ。最近は主要駅とその周辺で5Gの電波をつかむことも多い。『iPhone 13』シリーズへの乗り換えで〝5Gデビュー〟するには絶好の時期だ。スタート当初は利用できる場所がかなり限られていた5Gだが、都市部を中心にエリアの拡大が進んでいる。中でもKDDIやソフトバンクは、4Gからの周波数を5Gに転用することでエリア拡張のペースを上げている。都市部では、駅から離れた場所まで面でカバーする場所も増えてきた。『iPhone 13』はミリ波以外の周波数帯をすべてカバーしており、5Gを利用できる場所は多い。

【参考】https://dime.jp/genre/1246666/

ソフトバンクが超高速、大容量、超低遅延、多数同時接続の通信を実現するスタンドアローン方式の5Gサービスをスタート

ソフトバンクは、スタンドアローン(Stand Alone)方式による5G(第5世代移動通信システム)の商用サービス(「5G SA」)の提供を、SoftBank Airの新機種で5Gに対応した「Airターミナル5」の発売に合わせて、2021年10月から国内で初めて開始した。5G SAは、これまで同一のネットワークによる実現が困難だった超高速・大容量、超低遅延、多数同時接続の通信を実現。また、5G SAは、従来の4Gコア設備と5G基地局を組み合わせたシステム構成のノンスタンドアローン(Non Stand Alone)方式による5Gサービス(「5G NSA」)とは異なり、新たな5G専用コア設備と5G基地局を組み合わせた最先端の技術を用いている。

【参考】https://dime.jp/genre/1244959/

発生原因は何だったのか?ドコモの大規模通信障害で浮き彫りになった「IoT」の課題

 

スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回は2021年10月14日に発生した、ドコモの大規模通信障害について話し合っていきます。

【参考】https://dime.jp/genre/1255333/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。