小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

インテル、レノボ、NVIDIAが見据える最新のテクノロジートレンド

2022.01.04

IT業界の巨人と言われる企業が発表した最新のテクノロジートレンドを@DIMEから厳選して紹介します。

最新のテクノロジートレンド

インテルがコンピューターの次の10年に向けた最新技術を公開

インテル コーポ―レーションは、ムーアの法則の継続に向けた絶え間ない取り組みの一環として、コンピューティングを次の10年に向けて進歩、加速させる基盤となるパッケージング、トランジスター、量子物理学での画期的な最新技術を公開した。

【参考】https://dime.jp/genre/1284632/

レノボのデビット・ベネット社長が予測する2022年のテクノロジートレンド

 

レノボは、毎年恒例の翌年のテクノロジートレンド予測を発表した。2022年およびさらにその先のテクロノジートレンドについて、同社社長のデビット・ベネット氏は以下の10個の予測を立てている。「テレワークと出社を併用したハイブリッド型勤務体制への移行が加速していく中で、2022年は人々のインタラクションを向上させる新しいデバイスのフォームファクタやITサービス、セキュリティサービスといったテクノロジーが幅広く提供されていくと考えられます。また、よりよい社会を実現するためのテクノロジーにますます重きが置かれるようになるでしょう。具体的には以下のようなテクノロジートレンドが進むと予測します。」(デビット・ベネット)

【参考】https://dime.jp/genre/1288892/

レノボが自社で開発したAI「Lenovo Brain」のコアテクノロジーを公開

レノボは9月8日、第7回Tech Worldを開催。Everything-as-a-Serviceプラットフォームへと拡大したLenovo TruScale(トゥルースケール)、 エッジからクラウドまでのポートフォリオ、ソフトウェア、新AI、環境や社会的責任に向けたイノベーション、 最新のYoga、Chromebookタブレット、モニターなど、レノボの最新テクノロジーを公開した。まず、注目なのは、TruScaleをこれまでのインフラストラクチャサービスから拡大し、Everything-as-a-Serviceとして、一つの傘の下に集約したと発表したこと。Lenovo TruScaleは、あらゆる規模の企業に、スケーラブルでクラウドのような消費モデルと、ハードウェアやサービスを含む予測可能な支払いオプションによって、競争力を維持するために必要な柔軟性を提供するとしている。

【参考】https://dime.jp/genre/1229051/

NVIDIAがAIカンファレンス「NVIDIA GTC」で大規模言語AIモデルなどを発表

 

NVIDIAは、同社主催のAIカンファレンス「NVIDIA GTC」にて、全世界の企業が大規模言語モデル(LLM)を開発および導入し、自社の領域に焦点を当てたチャットボット、パーソナルアシスタント、ならびに微妙な表現やニュアンスを前例のないレベルで理解できるAIアプリケーションを構築できるようにすることを発表した。NVIDIAは、数兆のパラメータを持つ言語モデルをトレーニングするためのNVIDIA NeMo Megatronフレームワーク、新しい領域や言語に合わせたトレーニングができるカスタマイズ可能なLLMであるMegatron 530B、およびマルチGPUかつマルチノードの分散推論機能を備えたNVIDIA Triton Inference Serverを公開。NVIDIA DGXシステムと組み合わせることにより、これらのツールは大規模言語モデルの開発と導入を簡素化する、プロダクションレディなエンタープライズグレードのソリューションとなるという。

【参考】https://dime.jp/genre/1267746/

3年後に主流になるのは?アクセンチュアが発表した世界のテクノロジートレンド

アクセンチュアはこのほど、世界のテクノロジートレンドに関する最新の調査レポート「Accenture Technology Vision 2021(以下、テクノロジービジョン2021)」を発表した。「テクノロジービジョン2021」は、今後3年間でビジネスや業界に大きな影響をもたらす重要なテクノロジーのトレンドを予測した、今年で21回目となる年次調査レポート。今回のレポートでは「熱望されるリーダーとは – 変化を捉えて主導すべき時(Leaders Wanted: Masters of Change at a Moment of Truth)」と題し、リーダー企業がどのようにして10年分のデジタルトランスフォーメーションを1~2年間で成し遂げているのかを明らかにしている。アクセンチュアの調査によると、リーダー企業は、デジタルをビジネスの中核に据えて素早いイノベーション創出の体制を構築することで、デジタル活用に出遅れた企業に比べて5倍のスピードで収益を伸ばしており、2015~2018年の期間ではこの差が2倍に留まっていたことがわかっている。その結果、多くの企業はテクノロジーイノベーションを用いて自社ビジネスの再創造を図ろうとしている。

【参考】https://dime.jp/genre/1106013/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。