小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ネタバレなし!マトリックス直撃世代による新作「マトリックス レザレクションズ」レポート

2021.12.17

1999年の秋、僕は中学生だった。 

ぶらぶらと街を歩いていると、ちょうど映画館から1人の中年男性が出てくる場面に出くわした。 

その男性は、全身に異質なオーラを滾らせながら街を睨みつけ、次の瞬間、「ザシュ、ザシュ」と口で足音を鳴らしながら颯爽と雑踏に消えて行った。 

今見たばかりの映画に対する興奮が、おじさんをそこまで恍惚とさせてしまったのだ。 

一体、その映画は何なんだ……!? 

映画館の看板を見上げると、そこには黒ずくめのキアヌ・リーブスのポスターが貼り出されていた。 

映画のタイトルは……、『マトリックス』 。

それからしばらくして、僕も『マトリックス』を見た。 

まさに中二病の真っ只中にいた僕は、『マトリックス』の衝撃と影響をモロに受けて、思った。 

「おれは、ネオだ。」 

そして、近所のジーンズメイトに駆け込んで、黒いコートとサングラスを試着した。 

中坊の童顔にサングラスが似合うわけもなく、キアヌとの差に絶望したし、黒いロングコートは高くて買えなかった。 

仕方ないので、ちょっと革っぽい素材のサイバーなデザインの黒いジャケットを買った。 

家に着いたら、どう考えても自分の生活範囲で着られるジャケットじゃなかった。 

結局、ほとんど着なかったと思う。 

今でも、『マトリックス』のビル攻め銃撃戦シーンを見ると、あの時の熱狂とジーンズメイトに駆け込みたい衝動が蘇ってくる。 

そんな興奮を覚えたのは、何も僕とあのおじさんだけではなく、世界中に物凄い数のネオが生まれたのだ。 

『マトリックス』は、それくらいの熱狂を持って受け入れられた。 

 

あれから、22年。 

当時中学生であった自分も、劇中のネオの(マトリックス内での)年齢・37歳まであと少しとなった。 

そんな中、『マトリックス』の新作映画が公開というニュースが飛び込んできたのだ。 

しかもキアヌ、そしてトリニティ役のキャリー=アン・モスは続投だと言うんだから、そりゃもう世界中に激震が走った。 

『マトリックス』は、2003年に公開された続編『リローデッド』『レボリューションズ』を含むトリロジーで完結を迎え、劇中でトリニティ、そしてネオも死亡し、神話的存在へと昇華されているのだ。 

果たして、あの「つづき」を描けるのか、それともまったく新しい世界を描くのか、予測不可能な新作、見ないわけにはいかねぇ…… 

と思っていたところ、なんと幸運にも一足先に観賞出来る機会に恵まれたのだ。 

※ここからのレポートは、ストーリー上の「ネタバレなし」で書きますが、まったく何の情報も入れずに観賞したい方は注意されたし。

 『マトリックス レザレクションズ』は、 

示唆に富み、挑戦的で、そしてとても奇妙な、そう、「マトリックス的」映画体験だった。 

アップデートされたアクション(意外なところでヨン・サンホ監督『新感染』シリーズの影響も感じるシーンも)の魅力もさることながら、「かつて見たことのないような構造を持った映画を見た」という意味でだ。 

『マトリックス』トリロジーという映画史にそびえ立つ金字塔を、極限までメタ的に扱い、時になぞり、時に自ら弄ぶような「挑戦的な再消費」。 

『レザレクションズ』は、誰もが想像するような「リブート(再起動)」ではなく、『マトリックス』という世界を別のレイヤーで作り直す=まさしく「レザレクション(復興、復活)」となっているのだ。 

もちろん、シリーズのファンにはあのキャラクターやアイコンたちが思わぬ形で登場する興奮もある。 

(マトリックス未体験の方は、出来ればぜひトリロジーを予習のうえ見てほしい) 

そんな中で個人的に印象的だったのは、「とあるキャラクター」がネオ以上に重要な存在として描かれていることだ。 

ある意味で、『マトリックス』を新たに作る理由は、このキャラクターにあったとすら言えるかもしれない。 

そして、これには、ウォシャウスキー兄弟がトランスジェンダーを告白し、「姉妹」になったこととも無関係では無いだろうと思う。 

時間は進み、世界も変わっていくのだ。 

黒いコートとサングラスがクソカッコ良いのは、変わらなくとも。 

会場を出た僕は、あの日のおじさんのように足音を口で鳴らすことは無かった。 

あのサイバーなジャケットは、もうどこにやったかもわからないし、大人になった今、何事にもあの頃ほどの熱狂を感じられなくなったように思う。 

それでも、「ネオだった記憶」が、たしかにそこでじんわりと熱を持っていた。 

あの日、映画館の前で会ったおじさんも、どこかで『レザレクションズ』を見るだろうか。

『マトリックス レザレクションズ』全国絶賛公開中!

もし世界がまだ仮想世界=マトリックスに支配されていたとしたら? ネオ(キアヌ・リーブス)は、最近自分の生きている世界の違和感に気付き始めていた。 やがて覚醒したネオは、マトリックスに囚われているトリニティーを救うため、何十億もの人類を救うため、マトリックスとの新たな戦いに身を投じていく。

オフィシャルサイト:matrix-movie.jp
オフィシャルTwitter:@matrix_movieJP #マトリックス
©2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.

『マトリックス トリロジー <4K ULTRA HD & デジタル・リマスター ブルーレイ>(9枚組)』発売中

『マトリックス トリロジー <4K ULTRA HD & デジタル・リマスター ブルーレイ>(9枚組)』

©1999, 2003 Village Roadshow Films (BVI) Limited. ©1999, 2003 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

 

文/タカハシヒョウリ
ミュージシャン、文筆家、作家。特撮ファン。
ロックバンド「オワリカラ」ボーカルギター。
サブカルチャーへの造詣と偏愛的な語り口から、執筆や番組出演多数。
近年は円谷プロ公式メディアでも連載。
クリエイティブチーム「操演と機電」を結成し、10月には『ウルトラ怪獣もののけ絵巻展』を開催。

編集/福アニー

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。