小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

無料のツマミを骨まで愛して!立ち呑み業界の黒船「PBY」へ再び

2021.12.28

■連載/カーツさとうの週刊★秘境酒場開拓団

(写真はイメージです。本文とは関係ありません)

オヤジナリティー ★★
家計貢献度    ★★★
エルドラ度    ★★
コロナ対策度   

 前にも書いたことある立ち呑み業界の黒船『PBY(仮名)』。

 全然気付いてなかったんだけど、レシートの下の方が『次回おつまみ一品サービスチケット』になってんのね!

 一カ月くらい前に、家の近くの『PBY』で3杯くらい軽く呑んで御会計してもらう時、店員さんに、

「次回おつまみ一つ無料ですから!」

 って言われて初めて気がついた。コロナでそれほど行ってなかったってのもあるし、レシートもらっても大した金額じゃないからクチャクチャ~って丸めてポケットつっ込んだりしてたんでホント気付かなかった。

 でもついに気付いてしまった!! 気付いてしまったらやっぱり使うよね、生まれついての庶民だから。

 で、それから一週間くらい後。2~3杯呑める時間がある状態で店の前をフラフラ~ッと通り掛かったんで、フラフラ~ッと入店。

「すいません、これって使えます?」

 初め使うんで様子見的なムード出しつつ、例の『次回おつまみ一品サービスチケット』をカウンター越しに店員さんに見せてみた。予想としては「ハイハイ使えますよ」的な一言が、かぶせ気味で返ってくると思ってたんだけど、それが違った。

「あ、ちょっと待ってください…」

 とだけ言って、厨房奥側の方にいっちゃった。

 ありゃ~。これはもしや、使う人がほとんどいないので、店員さんも「こんなの使えるんだっけか?」と、確認してるんだろうか? ちょっとコッ恥ずかしくなる。しかし、その店員さんは消えたと思った瞬間には戻ってきた。

 そして!!

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。