小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【DeFi投資入門】レンディングプラットフォームを使って暗号資産を貸し出す方法

2022.01.16

DeFi

ここまでの説明で、DeFi投資を始めるにあたっての前提知識が整理できたので、実際のDeFi投資を行なう手順の説明に移ろう。まずは初心者が投資のイメージをしやすい「レンディングプラットフォーム」を使って仮想通貨を貸し出す取引を、DeFi界隈では最大手となる「Compound」を使った手順で解説する。

Compoudで貸し出すまでの準備

貸し出しまでの3ステップ

STEP1 国内取引所で貸し出したい仮想通貨およびイーサリアムを調達する
STEP2 MetaMaskに、調達した仮想通貨とイーサリアムを移動しCompoundへ接続する
STEP3 貸し出し(レンディング)を実行して利息を得る

 Compoundでの手数料支払いにはイーサリアムを使うため、貸し出す仮想通貨に迷ったらイーサリアムにするとよい。調達は、国内のどの取引所を使っても構わないが、ウォレットへの送金は必要だ。使用するウォレットはChapter3でも紹介した「MetaMask」でよい。

利用するブロックチェーンネットワークには種類がある

DeFiでは、サービスを実現するブロックチェーンネットワークの正しい選択がマスト。Compoundでは「イーサリアム」のネットワークを使うが次ページのPanCakeSwapでは、「バイナンススマートチェーン」を使う。

STEP1 国内取引所で貸し出したい仮想通貨とイーサリアムを調達する

 まずはCompoundで貸し出すための仮想通貨と、手数料支払い用イーサリアムを調達しよう。普段使っている仮想通貨取引所があればそこを使うとよい。使ったことがない場合は、できれば「板取引」という、投資家同士が売買し合う取引ができる取引所を使いたい。例えば、「ビットフライヤー」や「GMOコイン」では、イーサリアムの板取引を提供している。手数料用に調達するイーサリアムは、少なくとも1万円分は購入しておかないと、足りなくなる恐れがある。

●国内仮想通貨取引所で日本円と交換

国内仮想通貨取引所で日本円と交換

コインチェックのような販売所形式の取引所で調達してもよいが、コストが割高になってしまう。

STEP2 MetaMaskに、調達した仮想通貨とイーサリアムを移動しCompoundへ接続

それぞれの仮想通貨の調達ができたら、MetaMaskに送金しよう(MetaMaskの設定方法はこちらで紹介しているのでここでは省略)。その後、MetaMaskのブラウザー機能から、Compoundに接続して、MetaMaskとCompoundとを接続する。接続の時に「ガス代」と呼ばれるネットワーク手数料がイーサリアム払いで請求される。支払いを行なうと、Compoundでの貸し出しができるようになる。

●MetaMask宛に送金を行なう

国内仮想通貨取引所で日本円と交換

MetaMaskのウォレットアドレス宛に送金。ここでも送金手数料がかかる場合があるため、少し多めの調達を心がけたい。

●Compoundでウォレットに接続する

Compoundでウォレットに接続する

接続するウォレットでMetaMaskを選択。接続許可の確認表示になり「接続」を押すとガス代が引かれた後に、接続が完了する。

貸し出し·借り入れで仮想通貨がもらえる

Compoundでの貸し出しや借り入れを行なうと「COMP」という仮想通貨がもらえる。これは「ガバナンストークン」と呼ばれるもので、Compound内で行なわれる様々なプロジェクトに対する「投票券」となる。COMPを取引の対象にすることも可能で、もらったCOMPを売却して利益を得ることもできる。

STEP3 貸し出し(レンディング)を実行して利息をえる

 Compoundでは、仮想通貨の貸し借りが利用できる。貸したい場合は「Supply Markets」を選択する。また貸し出して得られる利息は日々変動しているため、貸し出し後もその利率は日々チェックしたい。

●貸し出す仮想通貨の数量を入力する

貸し出す仮想通貨の数量を入力する

Supply Marketsの一覧から仮想通貨を選択し、「SUPPLY」タブを選び、貸し出す数量を入力する。貸し出しを終える場合は同じ画面で「WITHDRAW」を選び数量を入力する。

Compoundで仮想通貨を担保に、他の仮想通貨を借りることも

Compoundでは保有する仮想通貨を担保にして、他の仮想通貨を借りることができる。借りた側が返せなくなるリスクを避けるために、借りる額の最低150%を担保とするルールがある。

●Supply Marketsの一覧で担保にする仮想通貨を選択する

Supply Marketsの一覧で担保にする仮想通貨を選択する

Supply Marketsで貸し出しを行なっている仮想通貨の一覧で「Collateral」のスイッチをオンにすると、それを担保に提供したことになる。

2022年は賢く稼ぐ!新時代のマネートレンドを完全網羅した「DIME MONEY 投資の強化書2022」

世界情勢が刻一刻と変化する今、世の中がどう変化しようと自分の力で本質を見抜き、自分に合った方法で資産形成をしていく必要性を感じている人も多いでしょう。本誌ではビジネスパーソンのためのライフハックマガジンとして積み上げてきた知見を生かし、株だけでなく、仮想通貨やNFT、DeFiといった昨今のニュースをにぎわす〝新しい資産〟についても解説していきます。経済誌やマネー誌とも違った視点で、投資を考える一冊です。新時代の資産形成の羅針盤としてお役立てください。

※オンライン書店は完売しております。お近くの書店でお買い求め下さい。

今話題の「NFT」と「DeFi」についてもっと深く知りたい人はこちら

書籍やネットを探しても、「NFT」や「DeFi」をわかりやすく丁寧に解説しているものはほとんどない。むしろ「なにやら儲かるらしい」といった危険な情報が錯綜しており、誤った情報を吸収している人が増えている状況だ。

そこで、ビジネスパーソンに最新のトレンドを届けてきた雑誌「DIME」の編集部が、世の中を変貌させる力を持つ新たなテクノロジーをメリットとデメリットを明確にしながら、読者にわかりやすく解説する。

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

取材・文/編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。