小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

NFTを売買できるマーケットプレイスの選び方

2022.01.10

NFT

NFTはどこで売買できるのか? ネット上で売買できる場所を総称して「NFTマーケットプレイス」という。ここではオークションサイトで手持ちの商品を出品するかのごとく、NFTコンテンツを出品できる。また、国内外のNFTアーティストやコレクターの交流の場にもなっており、それがNFT市場を拡大へと導いているようだ。

国内外で取引が活況なNFTマーケットプレイスとは?

 クリエイターが制作したNFTコンテンツを売買したり、ユーザー同士が保有するNFTコンテンツを取引したりできる場所を「NFTマーケットプレイス」という。2021年10月末現在では、最大の流通量を誇るマーケットプレイスとして「OpenSea」が知られている。事実上のNFTマーケットプレイスのデファクトスタンダードといえそうなほど、クリエイターにもユーザーにも浸透し、日本人のクリエイターでも出品に使っている人は少なくない。

 国内では、仮想通貨取引所を運営するCoinCheckやインターネット企業GMOが手がけている。これら以外にもコンテンツのジャンルに特化したNFTマーケットプレイスが、〝乱立〟ともいうべきスピートで、様々な企業によって立ち上げられている。代表的なものを下の表にまとめたが、趣味で楽しむものから実用的なものまで多種多様だ。海外のNFTアーティストが作った作品を気軽に鑑賞したり視聴したりでき、気に入ったものがあればすぐに購入できるというのも魅力だ。

●主なマーケットプレイスの一覧

主なマーケットプレイスの一覧

 NFTマーケットプレイスで購入したNFTコンテンツの対価は仮想通貨を使って決済され、利用手数料も仮想通貨で支払うのが一般的だ。使われている仮想通貨は「イーサリアム」が多い。2021年初頭からNFTの注目度が高くなるにつれ価格が高騰してきている。2020年11月には1枚4万円だったのだが、2021年11月時点では1枚50万円を超える価格になっている。そのため、イーサリアムで支払う手数料額が相対的に上がってしまっており、1回の取引で数千円以上の手数料がかかるなど、利用者の負担が大きくなっているという課題もある。

まずは「OpenSea」でNFTのトレンドをチェックしてみよう

 前述のとおり、最大のマーケットプレイスとなっている「OpenSea」で出品されているNFTコンテンツを見てみると、最新のNFTトレンドを理解できる。OpenSeaが開示している、よく取引されているNFT一覧「TOP NFTs」をチェックすると、様々なNFTコンテンツ群、つまりコレクションが目につく。

 よく見ると正方形のイラストばかりが出品されているが、これはTwitterやInstagramなどのSNS用のアイコンとしての利用を想定しているらしい。また、売れているNFT作品を踏襲しているからなのか、一般的なイラストに比べて、キャラクターのデザインや色使いが独特であるのも特徴だ。意外なものに高値がつくこともあるが、NFTを出品する際はこういったトレンドの変化を抑えておく必要があるだろう。

●OpenSeaの検索画面の例

OpenSeaの検索画面の例

コレクションごとやカテゴリーごとで検索し、流通しているNFTを調べてみよう。

●OpenSeaで取引されている主なNFT

OpenSeaで取引されている主なNFT

1位の「CryptoPunks」はNFTアートの元祖といわれており、類似作品も多い。

日本円で取引ができるマーケットプレイスも登場

 購入するNFTの対価に、仮想通貨ではなく日本円が使えるNFTマーケットプレイスが登場している。仮想通貨投資を行なったことがないユーザーがNFTコンテンツとはどういうものか体験してみるのにちょうどよい。加えて日本人が運営しているため、出品や購入のサポートが手厚く、安心して利用できるメリットもある。

●国内企業が手がけ、日本人出品者が多いNFTマーケットプレイス「Adam byGMO」

国内企業が手がけ、日本人出品者が多いNFTマーケットプレイス「Adam byGMO」

日本円の表示だと安心して購入できそうなイメージがあるが当然、注意は必要。

他人の著作物を勝手に出品するようなマーケットプレイスは要注意!

他人の著作物を勝手に出品するようなマーケットプレイスは要注意!

最近、他人の著作物を勝手にNFTとして出品するケースが確認されている。NFTは「発行者のものである」ことは証明してくれるが「発行者が本物かどうか」は証明できないため、購入者が自分で見極める必要がある。

2022年は賢く稼ぐ!新時代のマネートレンドを完全網羅した「DIME MONEY 投資の強化書2022」

世界情勢が刻一刻と変化する今、世の中がどう変化しようと自分の力で本質を見抜き、自分に合った方法で資産形成をしていく必要性を感じている人も多いでしょう。本誌ではビジネスパーソンのためのライフハックマガジンとして積み上げてきた知見を生かし、株だけでなく、仮想通貨やNFT、DeFiといった昨今のニュースをにぎわす〝新しい資産〟についても解説していきます。経済誌やマネー誌とも違った視点で、投資を考える一冊です。新時代の資産形成の羅針盤としてお役立てください。

アマゾンでの購入はこちらから

今話題の「NFT」と「DeFi」についてもっと深く知りたい人はこちら

書籍やネットを探しても、「NFT」や「DeFi」をわかりやすく丁寧に解説しているものはほとんどない。むしろ「なにやら儲かるらしい」といった危険な情報が錯綜しており、誤った情報を吸収している人が増えている状況だ。

そこで、ビジネスパーソンに最新のトレンドを届けてきた雑誌「DIME」の編集部が、世の中を変貌させる力を持つ新たなテクノロジーをメリットとデメリットを明確にしながら、読者にわかりやすく解説する。

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

取材・文/編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。