小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

VRアーティスト・せきぐちあいみさんが語るNFTが切り開くアートマーケットの可能性

2022.01.09

せきぐちさん

NFTコンテンツが円換算1300万円という高値で売れたことで、一躍話題となったせきぐちあいみさん。VRアートの第一人者でもある彼女は、なぜNFTに注目したのか? VRアートと親和性があると考えた背景など、インタビューからアーティストの抱える問題とNFTの将来像が見えてきた。

アーティストとして作品に値段がつくのがうれしい

「 NFTを知ったきっかけは、ブロックチェーン技術に明るい人に『VRとNFTとは相性がよいから早く参入したほうがよいよ』と声をかけられたからです。VRアーティスト活動の幅を広げようといろいろ考えていたのもあって、試しに販売してみようという気持ちで始めました」と、当時を振り返るせきぐちさん。「NFTによってデジタルデータが資産に換わるだけでなく、NFTの場合は2次流通などでもロイヤリティーが入ることがクリエイターにとって大きいと思います。作品を安く買い叩かれて理不尽な思いをすることがなくなり、作品価値が高まっていけばその恩恵も受けられます」

せきぐちあいみさん

「販売するからには、買ってよかったと思ってほしいですし、世界中のコレクターと出会えてうれしいです」

●円換算1300万円で売れたせきぐちさんのNFTコンテンツ

3Dのバーチャル空間内で描き上げた作品で、見た人の誰もがその迫力に全身の感覚ごと引き込まれそうになる。「1300万円という、私にとっては超高値ともいうべき金額での落札で驚きました」

円換算1300万円で売れたせきぐちさんのNFTコンテンツ

「OpenSea」で自身の最高値で売れた作品。

まずはチャレンジしてみることが大切
制作コンテンツの流通に悩むなら、NFT化し販売してみてください。新たな可能性に気づくはずです。私も、間もなくリリース予定の『クリプト神社』というメタバースコンテンツをはじめ、VRアーティストとして様々なNFTやメタバース関連のプロジェクトにチャレンジできるようになりました。

せきぐちあいみさん

VRアーティスト  せきぐち あいみさん

VR・メタバースの世界でのコンテンツには大きな伸びしろがある!

 オンラインでのコミュニケーションが当たり前になりつつある今、高速通信が可能な5Gなどの新技術を活用して、インターネット上でリアルタイムにアクセス可能な仮想現実空間(VR空間)が、多数立ち上がりつつある。総称して「メタバース」という言葉で表わすのが一般的だ。メタバースは、超越(Meta)と宇宙(Universe)を組み合わせた造語である。このメタバースとNFTとの親和性が高いとせきぐちさんは説明する。

「デジタル空間の中に資産を持った時、それが本物でかつ権利を自分が有しているか、他人に売却する時に権利がきちんと移転して対価が支払われるのか、という課題があります。この課題を解決してくれるのがNFTです」。NFTは、そのデータが唯一無二、または個数限定であることを証明し、オンライン上で流通しやすくできるメリットがある。

 一方で、NFTにはまだ様々な課題もあり、悪質な詐欺まがいの話もあるのも事実だ。だが、せきぐちさんはNFTを形作るブロックチェーンが持つデータを一度記録すると修正・削除できないという特徴によって、将来的には健全な方向へ進んでいくだろうと話す。「仮にNFTを使って悪いことをした場合、その履歴が半永久的に残ります。悪いことを考えている人の話もたくさん見聞きしてきましたが、その情報や仕組みが明らかになるにつれ、淘汰されていくでしょう」

 せきぐちさんは自身が手がけるVRアートや、デジタル彫刻の分野について、「メタバース構築に必要な様々な3Dオブジェクトを作る仕事なんて以前はありませんでしたが、これからNFTによって新しい仕事や資産がどんどん生まれていくでしょう。まずは一歩を踏み出すことが大切、リスクをとらないことがリスクだと思います。私自身も新しいことにチャレンジしていきたいですし、今後はプロジェクトを主導していくような立場にもなっていきたいです」。

2022年は賢く稼ぐ!新時代のマネートレンドを完全網羅した「DIME MONEY 投資の強化書2022」

世界情勢が刻一刻と変化する今、世の中がどう変化しようと自分の力で本質を見抜き、自分に合った方法で資産形成をしていく必要性を感じている人も多いでしょう。本誌ではビジネスパーソンのためのライフハックマガジンとして積み上げてきた知見を生かし、株だけでなく、仮想通貨やNFT、DeFiといった昨今のニュースをにぎわす〝新しい資産〟についても解説していきます。経済誌やマネー誌とも違った視点で、投資を考える一冊です。新時代の資産形成の羅針盤としてお役立てください。

アマゾンでの購入はこちらから

今話題の「NFT」と「DeFi」についてもっと深く知りたい人はこちら

書籍やネットを探しても、「NFT」や「DeFi」をわかりやすく丁寧に解説しているものはほとんどない。むしろ「なにやら儲かるらしい」といった危険な情報が錯綜しており、誤った情報を吸収している人が増えている状況だ。

そこで、ビジネスパーソンに最新のトレンドを届けてきた雑誌「DIME」の編集部が、世の中を変貌させる力を持つ新たなテクノロジーをメリットとデメリットを明確にしながら、読者にわかりやすく解説する。

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから

取材・文/編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。