小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【DIMEトレンド大賞2021】エンタメ・カルチャー部門賞は興行収入100億円以上を記録した「シン・エヴァンゲリオン劇場版」

2021.12.21

1986年に創刊したビジネストレンドマガジン「DIME」の恒例企画「2021 第34回 小学館DIMEトレンド大賞」がついに決定しました!

その年を象徴するヒット商品や話題を集めたサービス、人物や団体、これからブレークがう予想されるモノ、コト、ヒトなどを表彰するこの賞も、今年で34回目を迎えます。トレンドをキャッチアップし続けてきた「DIME」が選んだ、今年を代表するヒット商品に選ばれたのは果たして!?

雑誌「DIME」、WEB「@DIME」やSNSで3万1618票の読者投票をもとに、編集部員、そして最終選考委員4名(小山薫堂氏、ヒャダイン氏、宇賀なつみ氏、安田典人DIME編集室長)により選ばれたヒット商品をまとめて発表。昨年に続き、今年もYouTubeでその詳細を配信中です。ぜひ、ご覧ください。

配信は終了しました

DIMEトレンド大賞2021【エンタメ・カルチャー部門賞】興行収入100億円以上を記録!カラー『シン・エヴァンゲリオン劇場版』

ファン待望の『新劇場版』4部作の完結編

YouTubeの公式チャンネルでは、公開に先駆けて特報動画を段階的にアップしてきた。そのたびにSNSでは話題に。作品への熱量が徐々に高まり、爆発的なヒットにつながった。

前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』で心を閉ざしたシンジは、アスカに導かれて、自然豊かな農村「第3村」にたどり着く。

本誌編集室長
安田典人
「コロナ禍で劇場に足を運びにくい中で、興行収入100億円突破は、まさに快挙といえるでしょう。同シリーズが持つ影響力の高さを、改めて実感しました。」

2021年の日本映画でナンバーワンのヒット作に!

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が、2021年3月8日から公開された。碇シンジをはじめとするキャラクターたちが、どんな結末を迎えるのか……。期待に胸を膨らませるファンを中心に、同作品に関心を抱く多くの人が映画館へ足を運んだ。

その結果、初日だけでも興行収入は8億円を突破。上映開始から約4か月たった7月には100億円到達の快挙を達成した。2021年の映画興行収入ランキングで、1位に輝くのは間違いないだろう。

庵野秀明監督作品の制作過程や関連資料が集められた『庵野秀明展』が10月1日から国立新美術館で始まり、初日から9日間で約1万5000人が来場。今後、大分展、大阪展、山口展も開催予定だ。劇場公開は終了したものの『シン・エヴァンゲリオン劇場版』に対するファンの熱い思いは、まだまだ収まりそうにない。

2021年のヒット商品、2022年のヒット予測を総まとめ!付録も豪華な年末年始の特大号が発売中!

12月16日発売の雑誌「DIME」最新号でも、今年の受賞ラインアップの紹介のほか、ヒットに至った秘密、舞台裏、2022年に流行りそうなものまで盛りだくさんに掲載!

アマゾンでの購入はこちらから

取材・文/DIME編集部 撮影/タナカヨシトモ

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。