小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コアゴルファーとエンジョイゴルファー1000人に聞いた悩みの違い

2021.12.06

コアゴルファーは「飛距離不足」、エンジョイゴルファーは「スライス」に悩み

ゴルファーそれぞれにどのような意識や違いがあるのか。キャロウェイゴルフは国のゴルファー男女1,000名(コアゴルファーとエンジョイゴルファー各500名ずつ)を対象に「ゴルファーの悩みと“ボールスピード”についての意識調査」を実施した。

(図1 ドライバーショットにおける気になる悩み(改善したい点)は。(n=1000))

「ドライバーショットにおける最も気になる悩み(改善したい点)をお答えください」(n=1000)と質問したところ、全体としては「スライスしてしまう」が27.6%と最も多く、次いで「飛ばない」20.4%、「力んでしまう」18.9%、という回答になった。

コアゴルファーとエンジョイゴルファーで比較を行うと、コアゴルファーでは「飛ばない」が最も多く22.4%、「スライスしてしまう」20.8%、「力んでしまう」19.2%という結果になり、エンジョイゴルファーでは、「スライスしてしまう」が34.4%と断トツで1位、「力んでしまう」が18.6%、「飛ばない」が18.4%という結果になりました。ゴルフが上達するほど、「飛距離を伸ばしたい」という欲求が強くなる傾向にあることことがうかがえる。

ドライバー(1W)の平均飛距離 約3割が「200~219yd」と回答

(図2 ご自身のドライバー(1W)の平均飛距離について)

 「ご自身のドライバー(1W)の平均飛距離をお答えください」(n=1,000)と質問したところ、「200~219yd」が29.7%と最も多く、「220~239yd」が26.1%、「240~259yd」20.0%という回答に。平均飛距離については、コアゴルファーとエンジョイゴルファーとの間に大きな差は表われなかった。

ゴルフギアにおける、いわゆる「飛びの3大要素」の認知率は4割程度

(図3 ゴルフギアにおけるいわゆる「飛びの3大要素」を知っているか。(n=1000))

「ゴルフギアにおけるいわゆる「飛びの3大要素」を知っていますか」(n=1,000)と質問したところ、「知っている」と回答したのは全体で43.3%という回答になった。また、その内、コアゴルファーでは53.0%、エンジョイゴルファーでは33.6%が「知っている」という結果に。

「飛びの3大要素」を知っている人のうち 「ボールスピード」を最も重視しているのは3割弱

(図4 飛びの3大要素の内、どの項目を一番重視しているか。(n=433))

また、飛びの3大要素を知っていると回答した人を対象に「飛びの3大要素の内、どの項目を一番重視していますか」(n=433)と質問したところ、「打ち出し角」が一番多く、全体で52.9%という結果となった。

一方で、スピン量とボールスピードについては、重視していると回答したゴルファーがそれぞれ2割程度に留まった。

以上の結果より、「飛ばない」といった多くのゴルファーの悩みを解消するために、最も重要な要素である“ボールスピード”は、ゴルファーの間でも、あまり重視されていないことが見えてきた。そこで今回、この“ボールスピード”について、より詳細な調査を行った。

全体での“ボールスピード”の認知率は約7割程度 で“ヘッドスピード”と比べると10%低下

(図5 ボールスピードの意味を知っているか。(n=1000))

(図6 ヘッドスピードの意味を知っているか。(n=1000))

「ボールスピードの意味を知っていますか」(n=1,000)と質問したところ、全体の約7割が知っていることが分かった。またその内、コアゴルファーだと73.4%、エンジョイゴルファーだと62.0%が「知っている」という回答に。また、「ヘッドスピードの意味を知っていますか」(n=1,000)の質問に対して、全体の8割以上が“ヘッドスピード”を知っていることが分かりました。またその内、コアゴルファーが86.4%、エンジョイゴルファーが73.4%が「知っている」という回答になった。コアゴルファー、エンジョイゴルファーいずれにしても、“ボールスピード”よりも“ヘッドスピード”の方が意味を理解していることが判明した。

ゴルフ経験者の7割が“ボールスピード”の意味を知らない、もしくは重視していない

 

(図7 ボールスピードの意味を知っているか、または重視しているか。)

 前頁の「ボールスピードの意味を知っていますか」という質問と合わせ、ゴルファー全体(1,000名)で見てみると、“ボールスピード”の意味を知っていて、かつ重視している“のは3割程度のみで、7割のゴルファーはボールスピードを重視していない、ということが分かった(図7)。

ボールスピードの意味を知っていると回答した人を対象に「ボールスピードを重視しているか」(n=677)という質問したところ、5割以上のゴルファーが「重視していない」という回答に。

一方 “ヘッドスピード”については、全体の約5割がを「重視している」と回答

(図8 ヘッドスピードの意味を知っているか、または重視しているか。)

 前頁の「ヘッドスピードの意味を知っていますか」という質問と合わせ、ゴルファー全体(1,000名)で見てみても5割以上のゴルファーがヘッドスピードを重視している、ということが分かった(図8)。“ボールスピード”の意味を知っている・重視しているゴルファーの割合と比較しても、2割程度高い結果となった。

ヘッドスピードの意味を知っていると回答した人を対象に「ヘッドスピードを重視していますか」(n=802)と質問したところ、6割以上が「重視している」という回答になった。

飛距離不足に悩みを感じている人が改善の為に取り組んでいること

 

(図9  具体的な課題改善ために取り組んでいることをお答えください。(n=204))

 ドライバーショット時における最も気になる悩みは「飛ばない」点であると回答したゴルファーを対象に「具体的な課題改善の為に取り組んでいることをお答えください(複数回答可)」(n=204)と質問したところ、「定期的に練習場で練習している」が44.1%と最も多い回答となった。

またコアゴルファとエンジョイゴルファーで比較すると、コアゴルファーでは、「ギアの変更を検討」や「筋力トレーニングやストレッチ」が高い傾向があり、エンジョイゴルファーは「雑誌を参考にしてスイングの改善」や「スクールやコーチ(上級者)についてスイングの改善」が高い傾向があった。

調査概要

調査概要:ゴルファーの悩みと「ボールスピード」に関する調査

調査対象:ゴルファー1,000名(下記定義に基づいてコアゴルファー/エンジョイゴルファーの各500名)

定義   :コアゴルファー …月1回以上プレー、かつ平均スコアが105未満

エンジョイゴルファー…年間3回以上、10回未満プレー

調査方法:インターネット調査

調査期間:2021年11月17日~2021年11月19日

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。