小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「参加したくない忘年会」を回避したい! 断りづらい誘いを関係性を壊さずに断るコミュニケーション術

2021.12.07

身につけておきたいコミュニケーション術「アサーション」

10月から11月、いったん落ち着きを見せていたコロナ禍。12月に入ってオミクロン株が登場する、各地で再びクラスターが発生するなど、第6波を感じさせる出来事が増えてきた。

キリンホールディングスがコロナ禍を受けて行った調査では、20〜50代の男女のなんと4割が「もう忘年会はなくていい」と答えている。ちなみに、もともと飲み会自体が苦手な筆者も彼らと同じ考えだ。

半分近くもの人が「もう必要ない」と考えているうえに、感染対策上はリスクがいっぱいの忘年会。これはもう皆がそれぞれ断って断って回避していくタイミングに来ているのではないだろうか。

断りづらい誘いを関係性を壊さずに断る方法、「アサーション」について紹介する。

相手も自分も傷つけずに自己主張する「アサーション」

アサーションとは、「適切な自己主張」のこと。自分は我慢をせず、相手を傷つけることもなく、過不足のない自己主張を行うことで、対等で健康的な人間関係を円滑に継続していけるのがアサーティブ(アサーション的)な関わりだ。

4つの態度「誠実」「率直」「対等」「自己責任」

アサーションには土台となる4つの態度がある。「誠実」「率直」「対等」「自己責任」だ。

相手との関係性を大切にする誠実さ、自分の意見や感情を取り繕うことなくまっすぐに伝える率直さ、相手を抑圧したり相手から抑圧されたりしない対等さ、そして自己主張の結果の責任を自らで負う自己責任の態度。

この4つの態度は、大人同士が互いを尊重しあいながら健康的な人間関係を結んでいくために欠かせないものだ。

DESC法でアサーションを実践してみよう

アサーションの土台となる態度について知ったところで、具体的な手法に話を進めよう。

アサーションの手法の代表的なものに「DESC法」がある。各ステップを表す英単語の頭文字をつなげたもので、細かな用語や説明は資料によって違うが、おおまかに以下のようになる。

D(Describe):客観的状況を説明する
E(Express):主観的意見や感情を表現する
S(Suggest):具体的な提案をする
C(Choose):相手のYes/Noに対して代案を示す

妻と小さな子どもがいるビジネスパーソンが、いまの時分に上司から忘年会に誘われたとする。DESC法を実践すると例えばこんな感じになる。

D:状況説明
再び感染者も増え始め、実態のまだよくわからないオミクロン株も登場しています。妻も私もワクチンは打ちましたが、うちの子はまだ幼稚園なのでワクチンが打てていません。いっぽうでアルコールの入った会食は感染リスクが高いことがわかっています。

E:意見・感情の表現
私が家庭にウイルスを持ち込んで、うちの子に感染させて死なせてしまうのではないかと思うと心配でしかたないんです。

S:提案
こういった状況ですので、今回は忘年会への参加は遠慮させていただきたいのですが、いかがでしょうか。

C:代案
(いいよと言われた場合)ありがとうございます。コロナ禍が終息したらぜひまたお誘いいただけたら幸いです。

(だめだよと言われた場合)ではたとえば、ほかの参加者の人のスマホやPCを借りて遠隔で参加というのはいかがでしょうか?

これはあくまで例だし、言うこと全てが本当のことである必要もない。例えば、そういった事実はなくても「家族の職場のルールで会食全般が禁止になっている」とか、いくらでも便利な言い訳を考えればいい。

筆者の場合など、本当は忘年会そのものを中止にしてほしいところだし、コロナ禍が明けたとしても一生忘年会など行きたくはないし、遠隔でだって参加したくないのだが、まずは当面の折り合いがつくところまで妥協してみせることが大事だ。

多くの人が繰り返し断っているうちに上司も考えを変えるかもしれないし、世間の雰囲気自体も変わっていく可能性がある。遠隔で参加するように食い下がられた場合も、まずはハイと言って時間になったらとりあえず繋ぎ、早々に回線のせいにしてぶった切ったっていいのだ。こうしたちょっとした過不足ない自己主張の繰り返しが、関係性を徐々に健康的にしていく。

普段の関係性も健康的に

アサーションは、上司との関係性を悪化させずにハラスメントを無効化できる、防御の白魔法のようなものだ。飲み会の誘いなどへの対応だけでなく、普段の会話からいつもアサーティブなコミュニケーションを意識しておくと、パワハラ傾向のある上司さえ、徐々に弱毒化させることができるかもしれない。

もちろんこちらも必要以上に譲歩したりして我慢しなくてよくなるので、うつなどのメンタル不調リスクも避けやすくなる。

この機会に、ぜひ、出たくない忘年会を回避し、背負いたくない仕事を断ることのできる、「アサーション」を会得しておこう。

文/ヒルダ

自身の豆腐メンタルを克服しようと情報を集めまくっているうちにやたらとメンタルヘルスに詳しくなってしまったライター。

編集/inox.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。