小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「テレワーク求人」の掲載数はコロナ前と較べてどこまで増えた?

2021.12.06

Withコロナの今の時代。リモートワーク・テレワークはもはや会社の業態や仕事内容にもよるが、「導入していて当たり前」になりつつある。逆に、リモートワーク・テレワークが一切ない会社であれば、応募を断念する求職者さえいることだろう。

転職サービス「doda」はこのほど、20~30代のdoda会員を対象に、「リモートワーク・テレワーク企業への転職に関する調査」を実施した。詳細は以下の通り。

転職を検討する際に、リモートワーク・テレワークを実施しているかどうかが「応募の意向に影響する」人は約6割(55.7%)

「転職を検討する際にリモートワーク・テレワークを実施しているかどうかは、応募の意向に影響しますか?」と尋ねたところ、「とても影響する」と回答した人は約3割(33.0%)、「やや影響する」と回答した人は約2割(22.7%)となった(図①参照)。多くの転職希望者が新型コロナウイルス感染症拡大をきっかけに自身の働き方を見直し、より柔軟な勤務スタイルを求めている傾向があると思われる。

テレワーク求人を2020年1月と2021年10月で比較すると、掲載数は約10.3倍、応募数は約10.5倍に増加

「doda」に掲載されているテレワーク求人※1の掲載数と応募数を2020年1月と2021年10月で比較すると、掲載数は約10.3倍、応募数は約10.5倍に増加していることがわかった(図②参照)。新型コロナウイルス感染症の影響が出始めてから2年近くが経過し、より多くの企業でリモート環境が整ってきたことが読み取れる。

※1:求人票内に「テレワーク」「リモートワーク」「在宅勤務」「在宅ワーク」のいずれかの文言が入っている求人

転職後は「毎日」リモートワーク・テレワークで働きたいという回答が約3割(34.2%)で最多

転職後にリモートワーク・テレワークを行いたい頻度を尋ねたところ、「毎日」と回答した人が最も多く、前回調査※2から5.1ポイント増加し34.2%という結果になった。次いで、「週3日」が20.6%(前回調査比-9.9ポイント)、「週2日」が18.8%(前回調査比-1.7ポイント)だった(図③参照)。オフィスに出社せず、完全在宅(フルリモート)での働き方を希望する人が増えていることがわかった。

※2: https://www.persol-career.co.jp/pressroom/news/research/2021/20210322_01/

完全在宅(フルリモート)勤務の仕事を探す際に、「自宅と会社の距離が遠くても気にならない」と回答した人は約5割(53.7%)

「完全在宅(フルリモート)勤務の転職先を探す場合、自宅と会社の距離は気になりますか?」と尋ねたところ、「全く気にならない」と回答した人が23.5%、「あまり気にならない」と回答した人が30.2%という結果になった(図④参照)。実際にリモート下で働いた結果、自宅が会社から離れていても問題ないと半数以上の人が感じていたと推測できる。

完全在宅(フルリモート)勤務の仕事を探す際に、「部署やチーム内でのコミュニケーションの取り方」は気になる?

「完全在宅(フルリモート)勤務の仕事に転職する際に、特に気になるところはありますか?」と尋ねたところ、「部署やチーム内でのコミュニケーションの取り方」と回答した人が最も多く、35.2%という結果になった。次いで、「特にない」が16.1%、「年間出社日」が12.5%だった(図⑤参照)。リモート下で仕事を進める上で、特にコミュニケーションの取り方を気にしていることがわかった。

<調査概要:図①、③、④、⑤>
・対象者:20~30代のdoda会員
・回答人数:361人
・調査手法:インターネット調査
・調査期間:2021年10月28日~11月3日

<調査概要:図②>
2020年1月1日~2021年10月30日の間に「doda」に掲載された求人・応募データをもとに算出

出典元:doda
https://doda.jp

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。