小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

SNSで大反響!オタクやアニメ好きがついやってしまうこと

2021.12.05

SNSで共感を呼んだ!オタクやアニメ好きがついやってしまうこと

アニメ大国日本では、1クール(4半期)ごとにだいたい70~80本もの作品が放映されています。

アニオタやアニメ好きであれば最低でも10本以上は完走する(最終回まで見ること)のが普通といわれますが、それでも必ずハマる作品に出会えるとは限りません。

このアニメ飽和状態のなか、クールごとに全ての作品をチェックするのはけっこうな気力が必要。「良い作品とは出会いたいけど、近頃は時間も見る気力も無くて…」というちょっとお疲れ気味なアニメ好きもいるのでは?

そこでおすすめしたいのが、福田ナオ(@fukku7010gmail1)さんがツイッターに投稿し話題を呼んだこの遊びです!

「アニメの第1話だけ一気に観る会」

福田ナオさん1

 

最近ハマるアニメが見つからず気力が衰えていたナオさんが、同じく気力の衰えたオタク友達と開催しているという「アニメの第1話だけ一気に観る会」。

遊び感覚で第1話だけをみんなで視聴し、気に入った作品があればその後個人個人で完走するという、「オタクの合コン」的な仕組みになっているのです!

ご友人が考案されたこの遊びは、「本当はどの作品も最後まで見た方がいいのだけど、何も見る気力がなくなってしまっていたので気楽に1話だけ手をつけてみよう」という感覚でやり始めたのだとか。

まさに、恋に疲れたOLがやる気をふりしぼって合コンへ向かうような心境でしょうか…

ツイッターでは「めちゃくちゃわかる」「新規見る気力がない」「同じアニメばかり周回してる」など、同じように衰えたアニメ好きの人々から多くの反応が寄せられていたのでした。

オタクに刺さる日常漫画

漫画の作者・福田ナオさんは、主にツイッターへ漫画を投稿されている人気絵師さんです。ゆとり世代&デジタルネイティブ世代に生まれたオタクで、幼少期からずっとインターネットの沼にハマり続けているのだとか。

福田ナオさん3

そんなナオさんの漫画はオタクやインドア派の身につまされるようなネタが多く、投稿されるたびに多くの共感を呼んでいるのです。

もともとは1日1枚絵を描いてアップすることを日課にされていたそうで、そのなかで時々描いていた日常漫画を楽しんでもらえたのが嬉しくて、今では毎日漫画をアップされるようになったということ。

「昔は今よりコアな感じを強く出していて、自分だけが楽しめるASMRボイスを作る回はかなりお気に入りです」と、教えてくれたエピソードがこちらです。

福田ナオさん2

——―冒頭だけでも大分コアそうな雰囲気ですが、この後もしっかりマニアックな内容になっているので(笑)、興味がある方はぜひツイッターで続きをご覧ください。

https://twitter.com/fukku7010gmail1/status/1355521130728095744?s=21

「とにかく見ていただいた方に一瞬でも前向きな楽しい気持ちになってもらえたらと思って描いています」と、漫画に込めたポジティブな気持ちを語ってくれたナオさんでした。

■イラスト提供 福田ナオさん

超有能メイドの福田ナオです。インターネットとTwitterが大好きで、日々の楽しかったことなどを描いています。

■ツイッター

福田ナオ(日々のつぶやき) https://twitter.com/otona_o

福田ナオ絵(漫画アップ用アカウント) https://twitter.com/fukku7010gmail1

■ウェブサイト https://naofukuda.fanbox.cc

文/黒岩ヨシコ

編集/inox.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。