小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ディズニーの長編アニメ最新作「ミラベルと魔法だらけの家」の見どころ

2021.12.05

2021年11月26日(金)より、ディズニー映画「ミラベルと魔法だらけの家」が公開されている。2017年に公開された『モアナと伝説の海』以来、4年ぶりの新作オリジナル・ミュージカル映画だ。ディズニー長編アニメーション60作目を飾る、記念すべき作品と言われている本作を鑑賞したところ、大人にこそわかる見どころが満載だった。

「ミラベルと魔法だらけの家」のストーリーは?

主人公のミラベルが生まれたのは、魔法の力を持つ不思議な家だった。魔法の家に住むマドリガル家に生まれた子どもはキャンドルのもたらす“奇跡”によって、5歳の誕生日を迎えると“魔法のギフト(才能)”を与えられるのだ。

“魔法のギフト”は1人1人違ったもので、花の魔法やパワーの魔法、変身の魔法、聴力の魔法など、ユニークなものばかりである。長姉・イサベラには植物を成長させ、花を咲かせる魔法のギフトが与えられた。イサベラの周りにはカラフルで美しい花が咲き乱れて、周りの人々を笑顔にする。

次姉・ルイーサには “力(パワー)のギフト”が与えられ、5頭のロバを担ぎ上げたり、レンガで出来た橋を簡単に持ち上げたり、強くて力持ちの働き者として、町の人や家族から頼りにされているのだ。

様々な魔法のギフトを持つ家族の中で、唯一特別な力を持たないのが、ミラベルだった。町の住人や家族のために魔法のギフトを使い、支えている家族たちの中で、ミラベルは疎外感や不安を抱えながらも、明るく前向きに過ごしていた。

ある日、ミラベルは魔法の家に亀裂が入っていることに気づいてしまう。魔法の力が失われ、家が崩壊してしまう危機に立たされながらも、ミラベルは勇敢にも立ち向かっていくのだ。

なぜミラベルだけが特別な力を持たなかったのか……。魔法のギフトがないミラベルに奇跡は起こせるのか……その展開に胸が熱くなる物語だ。

大人にこそわかる!「ミラベルと魔法だらけの家」の見どころ3選!

「ミラベルと魔法だらけの家」はミュージカル・ファンタジー・アニメーション映画であるため、ポスターを見ただけでは子どもじみているように感じるかもしれない。しかし、作中には大人にこそ響くメッセージや見どころが隠されていた。

1.物語の中に隠されたメッセージ

物語は、"魔法"という題材で展開されていく中で、"家族"がテーマになっている。個人的には、王子様と出会い、幸せに暮らすという、いわゆるプリンセスの王道物語ではない点にも共感できた。

"魔法"を使えるということは、使えない人からすると尊敬に値するものだ。しかし、使える人には使える人の葛藤や悩みがある。どんなに恵まれたように写っている家族像でさえ、それぞれに問題を抱えているのだ。

家族の中で1人だけ違うミラベルが卑屈になるのではなく、家族を愛し、大切に思う気持ちを忘れずに前向きに生きている点にも背中を押された。一番の魔法は"愛"というメッセージに胸を打たれる物語だと感じた。

2.色彩豊かな映像の追求

物語の舞台は南米のコロンビアである。自然に囲まれた土地にカラフルな魔法の家が建っている。細部の陰影が作り込まれていて、アニメーションでありながら、実写映像を思わせる奥行きを感じた。

また、イサベラが咲かす花をはじめ、自然に暮らす鳥や動物たちの色彩が色鮮やかで、アニメーションとは思えない映像美だ。筆者はコロンビアに行ったことはないが、外国の景色を想像できる点も面白かった。

3.耳に残る楽曲の数々

本作の序盤に衝撃を与えられたのは、ミラベルが歌う「ふしぎなマドリガル家」という楽曲だ。ミュージカル映画を象徴するかのような陽気な曲調と、ミラベルがアップテンポに家族を紹介していく様が爽快である。

「ミラベルと魔法だらけの家」では「イン・ザ・ハイツ」や「ハミルトン」のリン=マニュエル・ミランダが楽曲制作を担当している。これまでとは一味違うディズニー楽曲が数多く登場している点が最大の見どころのように思う。

メイン楽曲となる「奇跡を夢みて」では、ゆったりとしながらもラテンの独特なリズムを持つ楽曲にミラベルの心情を乗せているのだ。

リン=マニュエル・ミランダはこの楽曲について「この歌は、(全8曲の中で)最後に書いた歌。『リトル・マーメード』の“パート・オブ・ユア・ワールド”や『アナと雪の女王2』の“イントゥ・ジ・アンノウン”のように、主人公自身が本当に求めることについて歌った楽曲。」と語っている。

自分だけが違うことへの苦悩、そして自分も他のみんなと同じようにありたいという思いを持ちながらも、大切な人たちのため、自分にしかできないことを見い出し、前に進んでいくミラベルの姿にとても勇気づけられた。

「ミラベルと魔法だらけの家」
11月26日(金)より公開中
(C)2021 Disney. All Rights Reserved.

取材・文/RoMoKo

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。