小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

緊急事態宣言が解除されてから飲食店の6割強で人手不足に

2021.12.02

2021年10月より、最低賃金の引き上げが実施された。さらに、緊急事態宣言などの解除で人流抑制策が全国で緩和されつつあるなか、飲食店などの個人消費関連の業種では再び人手不足感が高まっている。

そこで、帝国データバンクは人手不足に対する企業の見解について調査を実施した。本調査は、TDB景気動向調査2021年10月調査とともに行った。

居酒屋など飲食店の6割以上でアルバイト・パートが不足、個人消費関連の人手不足が急上昇

アルバイトやパートなどの非正社員が不足している企業は25.1%となった。特に、10月から営業時間の制限が段階的に解除となっている居酒屋など「飲食店」では、非正社員の人手不足割合が63.3%と前月(44.1%)から急上昇。

また、アパレルなどの「繊維・繊維製品・服飾品小売」(47.1%、前月比13.8ポイント増)や「旅館・ホテル」(35.9%、同22.3ポイント増)など、個人消費関連の業種で非正社員の人手不足感が10月に大きく上昇した。

正社員の不足割合は43.8%、コロナ前から人手不足が叫ばれる業種を中心に上昇傾向続く

正社員が不足している企業は43.8%となった。正社員の人手不足割合は、2020年5月(29.1%)を底にして上昇傾向が続き、2年前の水準(50.1%)に近づきつつある。業種別にみると、「農・林・水産」が64.2%と51業種中で最も高い割合となった。次いで、IT人材の不足が影響している「情報サービス」が63.9%、職人の高齢化などが懸念される「建設」が62.1%で続いた。

緊急事態宣言などの解除で人流抑制策が緩和され人出が増加するなか、10月は特に個人消費関連の業種で人手不足感が急上昇した。また、「農・林・水産」「建設」など、以前から社員の高齢化などで人手不足が高水準にあった業種でも、足元で再び高まりつつある。

「デジタル化も重要ではあるが、外食産業としては、今後の労働力減少を見据えたロボット化も併せて進めていく必要がある」(西洋料理店)との声にあるように、今後の労働人口の減少を見据えた省人化への取り組みは、重要性がより高まっている。

正社員・非正社員の人手不足感

※  調査期間は2021年10月18日~31日、調査対象は全国2万4,052社で、有効回答企業数は1万1,332社(回答率47.1%)なお、雇用の過不足状況に関する調査は2006年5月より毎月実施しており、今回は2021年10月の結果をもとに取りまとめた

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。