小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

AI分析で判明したデジタル上で最もクリックされやすい色は?

2021.12.02

Shutterstock「2022年版:カラートレンドレポート」

Shutterstockは、「2022年版:カラートレンドレポート」を発表した。

本レポートでは、Shutterstockでダウンロードされた数百万点の画像とピクセルデータを基に2022年のトレンドカラーを予測し、日本を含む世界20ヵ国で人気上昇中の3色を公開している。

さらに2022年版では、新たに「広告キャンペーン」のカテゴリーが追加されており、Shutterstock.AIが特定したCTR(クリック率)とコンバージョン率が最も高かったカラーについても公開している。

デジタル上で最もクリックされやすい色は「グリーン」

Shuttersotck.AIが行なった数千億件のデジタル広告・クリエイティブデータの分析によると、デジタル上で最もクリックされやすい色は「グリーン」であることが分かった。

グリーンは健康的なライフスタイルを連想させるため、生鮮食品の広告や、環境問題に対する取り組みを表す色としても頻繁に用いられる。Shutterstockでは、山を撮影した空中写真など、緑を基調とした風景の画像のダウンロード数が年々増えている。

この結果は、CTR(クリック率)と顧客コンバージョンの増加を狙う広告主やマーケターが、広告素材やデジタルキャンペーンの色を選定する上で活用できる。

2022年のトレンドカラーは、カーミング・コラル、ヴェルベット・バイオレット、パシフィック・ピンク

「2022年版:カラートレンドレポート」は例年に比べて、より落ち着いたミニマリスティック(最小限主義的)かつ柔らかい色が特徴となっている。

派手な要素や人工的な色彩を排除した、シンプルで繊細、かつ優美な風合いが2022年のトレンドであることが示されている。そのため、2022年の色選びのポイントは「静けさ」。

こうした特徴を体現する2022年のトレンドカラーは、カーミング・コラル、ヴェルベット・バイオレット、パシフィック・ピンクの3色。

カーミング・コラル (#E9967A)

「穏やかな珊瑚の色」を意味するカーミング・コラルは、夕日がほのかに色褪せたような桃色。この色は、素朴でトーンダウンした印象を与える。健康や幸福感を表現する際は、カーミング・コラルを使用してみては。

ダスティイエローやピンクと合わせれば、ノスタルジックなデザインに仕上がる。また、コントラストにスカイブルーを差し色として用いることで、自然で安らぎのある配色になる。

ヴェルベット・バイオレット(#800080)

ヴェルベット・バイオレットは、ピンクを下地にした紫色で、胡蝶蘭のような華やかさと優雅さを彷彿とさせる。2022年のトレンドカラーの中では最も大胆な色だが、上品で慎ましやかな特徴も帯びている。

エメラルド・グリーンのような対照的な色と合わせると、より一層この色の良さが引き立つだろう。

パシフィック・ピンク (#DB7093)

パシフィック・ピンクは、活力と静けさが融合した綿菓子のようなピンク色。濃いピンクの上に、繊細で淡いピンクがかぶさるこの色は、バラの花を思わせるような濃淡のコントラストを有している。

ピンクや桃色の系統色と組み合わせても映えるほか、ティールブルーと合わせれば、ビーチに沈む夕日のような色彩を表現できる。

Shutterstockのクリエイティブ・ディレクターであるFlo Lau氏は、次のように述べている。

「2021年は昨年に続き、世界的に困難の多い一年となっており世界中の企業やクリエイティブ制作の現場が、人々に心の安らぎを与えるデザインを模索しています。こうした状況のなか、2022年版のカラートレンドレポートでは、AIによる分析を活用することで、データに基づいたインパクトのある結果を紹介しました。

Shutterstockでは従来、ダウンロード数などのデータを通じてカラーやコンテンツに関わるトレンドを紹介していましたが、今回新たに人工知能(AI)を組み合わせることで、より精度の高い予測が可能になりました。今回予測したトレンドカラーを見ると、オーガニックで落ち着きのある色が人々に求められていると分かります。クリエイティブ業務に携わる方々が作品を制作する際、本レポートが参考になることを願っています。」

日本では小麦色がトレンドカラーに

また、本レポートでは世界20カ国のデータを分析し、国別でトレンドカラーを予測している。日本では、「小麦色」(#F5DEB3)がトレンドカラーとして挙げられている。英語では「Wheat(ウィート)」と呼ばれるこの色は、日本でも世界的な潮流に合わせて優しい色合いがトレンドになると予測されている。

また、韓国では白っぽいアーモンド色(#FFEBCD)、米国では薄い桃色(#FFE4E1)、オーストラリアでは明るい茶色(#FAF0E6)が人気になると予測されている。

「2022年版:カラートレンドレポート」
https://www.shutterstock.com/blog/trends/ja/color-trends

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。