小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

女性が不安を感じる犯罪被害TOP3、3位ネットのトラブル・SNS悪用、2位ストーカー、1位は?

2021.12.03

可能な限り避けて通りたい犯罪被害。特に女性は、自分の身を守るために様々なシーンで用心する必要があるだろう。

セコムはこのほど、全国の10代以上女性(10-19歳、20-29歳、30-39歳/各50名の計150名)を対象に、「女性の『安全・安心』に関する意識調査」を実施した。本調査では、ネット・SNSのトラブルや悪用被害に関する項目も設定し、身近な犯罪被害の原因になり得る、ネット環境への意識についても調査した。

1.5割以上の女性が犯罪被害の不安を感じ、3割は実際に被害を経験。

女性が巻き込まれる犯罪被害に関して、不安に感じたこと、および、実際にあった経験【図1】を聞いたところ、52.7%がこれまでに何らかの不安を感じ、30.7%が実際に被害にあったことがわかった。

具体的に不安に感じたことの1位は「痴漢(30.7%)」、2位「ストーカー(20.7%)」、3位「ネットでのトラブル、SNS悪用(19・3%)」で、実際に被害にあったことでも「痴漢(18.0%)」が最も多い結果となった。

図1:女性が巻き込まれる犯罪被害の不安および経験の有無(MA)

2.犯罪被害にあう不安を感じた・被害にあったときの対応は「何もできなかった」が約4割で最多。

犯罪被害にあう不安を感じた、および、実際に犯罪被害にあった女性にどのような対応をしたか【図2】を聞いたところ、「何もできなかった(39.0%)」が4割で最も多い結果となった。

次いで「逃げた(26.8%)」「家族や友人に相談した(22.0%)」が上位を占めた一方、「周りの人に助けを求めた(8.5%)」「警察や駅員に通報したり、犯人を突き出した(8.5%)」のように周囲に助けを求める等の対応は10%に満たないことが判明した。

「護身グッズや防犯グッズを使用した」という人は7.3%で、前回(2020年6月実施)の3.9%より増えたものの、いまだ防犯グッズの活用が浸透していないことが読み取れる。

図2:犯罪被害にあう不安を感じた・被害にあったときの対応(MA)

3.ネットやSNSのトラブルでは、「詐欺メール」「フィッシング詐欺、なりすまし詐欺」の詐欺に関するトラブルが上位。

ネットのトラブルやSNS悪用の被害にあう不安を感じた、および実際に被害にあった女性に具体的にどのような経験をしたか【図3】を聞いたところ、「詐欺メール」が55.2%、「フィッシング詐欺、なりすまし詐欺」が48.3%で、詐欺に関するトラブルが上位となった。

図3:女性が経験したネットでのトラブルやSNS悪用の不安・被害(MA)

4.ネットでのトラブルやSNS悪用の被害に遭わないための対策は「PC、スマホにパスワードを設定」が約5割で1位。

ネットのトラブルやSNS悪用の被害対策【図4】を聞いたところ、1位「PC、スマホにパスワードを設定(53.3%)」、2位「不審なメールは開封せず削除している(45.3%)」、3位「信頼できないWiFiを使わない(44.7%)」となった。不正アクセスや情報漏えいに対する警戒意識の高まりが読み取れる。一方、14.7%は「特に対策をしていない」と回答し、いまだ対策していないことが判明した。

図4:ネットでのトラブルやSNS悪用の被害対策(MA)

5.歩きスマホをする人は約7割で、10代が最も多く78.0%が歩きスマホをすると回答。

歩きスマホをすることがあるか【図5】を聞いたところ、全体の69.3%が「はい」と回答した。昨年の77.5%よりも減少したものの、いまだ約7割の女性は歩きスマホをしていることが判明した。年代別で見ると10代が最も多く、78.0%が歩きスマホをしている。

図5:歩きスマホの有無(SA)

<調査概要>
・調査期間:2021年10月22日~10月23日
・対象:全国10代から30代の女性150名
・方法:インターネットによるアンケート回答方式

出典元:セコム株式会社
https://www.secom.co.jp/anshinnavi/


構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。