小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ガシャポンのデパート、サラダ専門店、ヘアカラー専門店、コロナ禍でも行列ができる店の秘密

2021.12.03

行列ができる店に関連する記事を@DIMEから厳選して紹介します。

行列ができる店の作り方

専門店が続々オープン!400億円超の巨大市場へ進化するカプセルトイ

ガシャポンのデパート 池袋総本店

コロナ禍で様々な業界が苦戦を強いられる中、年間約400億円超にまで市場を拡大しているのが、カプセルトイ業界だ。東京・池袋の総本店が、設置数3000面でギネス認定される『ガシャポンのデパート』や、『#C-pla』、『ガチャガチャの森』など、全国に続々と専門店がオープンしている。『ガシャポンのデパート』を運営するバンダイナムコアミューズメントの佐々木晶士さんは、好調の理由をこう語る。

【参考】https://dime.jp/genre/1248698/

手間を惜しまないものづくりでファンを獲得!当日発売分が午前中に売り切れるジャムパン専門店「銀座 月と花」

『銀座 月と花』

2019年12月のオープン以来、日々完売が続くジャムパン専門店『銀座 月と花』。形も味わいも、これまでのイメージを覆す大人好みのジャムパンはいまだ行列の毎日だ。そこには、東京農大出身だという店主・結城義文さんのこだわりが詰まる。 「果物本来の食感を残すためカットはすべて手作業でランダムに。熱で香りを損なわないよう、ジャムは焼き上がった後、パンに注入します」

【参考】https://dime.jp/genre/1248724/

サラダのイメージを一新する主食型メニューで売り上げが1.5倍になったサラダ専門店「クリスプ・サラダワークス」のデータ解析力

カル・メックス

都内中心に19店舗を展開するサラダ専門店『クリスプ・サラダワークス』。昨年のステイホームでダメージを受けるも、今年に入ってコロナ禍前の約1.5倍までの回復を見せた。 「昨年10月に開始した独自のデリバリーが好評で、オフィス向けも80拠点まで拡大。データ活用でファンとともに取り組む顧客体験向上施策が勝因です」(広報・坂井奈央さん) 〝一度食べたら、もうコンビニのサラダには戻れない〟。そんな満足感で常連客を増やし続けている。

【参考】https://dime.jp/genre/1248729/

コロナ禍でも店舗平均で毎月1000人超が来店する「毛染めの窓口」グループの〝割り切り〟戦略

ヘアカラー

ヘアカラー専門店を全国250店舗展開する『毛染めの窓口』グループ。月間約17万人が利用するという一大市場の人気の秘密は、ターゲットとする30〜60代主婦層が利用しやすい条件をいかに満たすかにある。 「コスパはもちろんですが、忙しい主婦でも、パッと立ち寄れて、短時間で帰れること。これが3大条件です」(TREE代表・田崎光徳さん)  客のニーズを見事に捉えた戦略で、さらなる店舗増を見込んでいる。

【参考】https://dime.jp/genre/1248732/

DIME12月号の特集は「行列店に学ぶヒットの方程式」、特別付録は4WAYポータブルランタン

DIME12月号の大特集は「行列店に学ぶヒットの方程式」。大繁盛飲食店5つのルール、セオリー打破、専門特化型シフト、リユース需要、異業種参入、異業種コラボ、非接触ストア、ローカルパワー、SNS・クラファン活用etc.コロナ禍でも売り上げ激増の理由を解き明かします!さらに、特別付録は、キャンプ、登山、アウトドア、DIY、自動車の修理、防災グッズなど、いろんな場所で使える便利な「4WAYポータブルランタン」です。

Amazonで購入する: https://www.amazon.co.jp/dp/B09HFZWY4G

 

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。