小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

村上春樹原作映画、チェーホフの演劇、ビリオンダラー・コード、ヒヤッとするSF、Licaxxxの読書×鑑賞文・傑作選

2021.12.05

【Licaxxxの読書×鑑賞文・part2】関連記事を@DIME記事の中から3本を厳選して紹介。

Licaxxxの読書×鑑賞文

【Licaxxxの読書×鑑賞文・第4回】村上春樹原作の映画とチェーホフの演劇について感情的に綴る

映画『ドライブ・マイ・カー』を見た。注目の邦画として気になっていたが3時間の長編、気合いを入れて何もない日の昼に見にいく。コロナ禍で座席が半数とはいえ平日にも関わらず、大きめのスクリーンがほぼ満席状態だった。公式サイトにはこうある。 ――数々のベストセラーを生み出してきた作家・村上春樹による、珠玉の短編小説「ドライブ・マイ・カー」。妻を失った男の喪失と希望を綴ったこの作品に惚れ込み映画化を熱望、自ら脚本も手掛けるのは、いま世界が最も熱い注目を寄せる濱口竜介監督。(中略)

【参考】https://dime.jp/genre/1222535/

【Licaxxxの読書×鑑賞文・第5回】Googleを訴えた芸術家とハッカーのドラマ「ビリオンダラー・コード」から知的財産について学ぶ

今回紹介したい作品は、Netflixが実話に基づいて制作したミニシリーズであるドラマ『ビリオンダラー・コード』だ。 1990年代に“テラ・ビジョン”という地球上のどこでもいきたいところにデジタル上でいけるというシステムを作った2人のドイツ人が、Google Earthが特許侵害をしているとしてGoogleを相手取り訴える話だ。話の展開は、2010年あたりに行われた裁判の準備から裁判までの道筋を軸に、過去が回想される形で話が進んでいく。

【参考】https://dime.jp/genre/1245492/

【Licaxxxの読書×鑑賞文・第6回】短いのにヒヤッとするSF作品はコレ!

今回の読書×鑑賞文は、短いけどしっかりヒヤッとするSFを紹介。 この連載、幅を持たせて設定したつもりが生活と密着しているがゆえにどうしてもSF方面に偏りがちなのです。観る映画も読む本も、やっぱりSFばかりなので、1本に絞れもしない…。ラストは最近Licaxxxが吸収したSF作品もサイドストーリーとして紹介します。早いですけど年末年始のお供にも是非ご活用ください。

【参考】https://dime.jp/genre/1268589/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。