小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「ストリーミングでは稼げない」現実を変える、音楽配信サービスとアーティストの収益分配のあるべき姿

2021.12.06

@DIMEから音楽配信ビジネスに関する記事を厳選して紹介します。

音楽配信のあるべき姿とは?

m-floの☆Taku Takahashiさんに音楽配信の決済システム、アフターコロナの音楽業界について聞いてみた

DIME7月号(5/13発売)誌面のBuzzWordで紹介した「UCPS」。フランスのDeezer社が提唱する「UCPS=ユーザー主体支払いシステム(User-Centric Payment System)」とは、リスナーがアーティストを直接サポートする音楽配信の新たな支払いモデルだ。 @DIMEではこれに関連して、UCPSはじめコロナ以降の時代における音楽のあり方の可能性をタカハシヒョウリが音楽家目線で深掘り! 前編では、m-floのメンバーであり、インターネットラジオ「block.fm」や、述べ200万人以上が参加した「BLOCK.FESTIVAL」の主催者でもある☆Taku Takahashiさんとの対談をお届けします!

【参考】https://dime.jp/genre/1117549/

ユーザー主体の新決済システム「UCPS」は普及するか?音楽ストリーミングサービス「Deezer」幹部に聞く音楽配信の未来

DIME7月号(5/13発売)誌面のBuzzWordで紹介した「UCPS」。フランスのDeezer社が提唱する「UCPS=ユーザー主体支払いシステム(User-Centric Payment System)」とは、リスナーがアーティストを直接サポートする音楽配信の新たな支払いモデルだ。 @DIMEではこれに関連して、UCPSはじめコロナ以降の時代における音楽のあり方の可能性をタカハシヒョウリが音楽家目線で深掘り! 前編に続き後編では、世界で最初にUCPS形式の支払いモデルを提唱したDeezer社のChief Content and Strategy Officerを務めるAlexander Holland氏に、UCPSについて気になるところを根掘り葉掘り聞いてみた!

【参考】https://dime.jp/genre/1136748/

実際に聴いたアーティストだけに収益を還元する音楽配信の新しい支払いモデル「UCPS」は浸透するか?

UCPS

2020年末には国内での利用者が2390万人に達し、成長を続ける音楽ストリーミングサービスだが、現行の収益モデルの不公平性が指摘され、新たなシステムの模索が始まっている。  フランスのDeezer社が提唱する「UCPS」では、ユーザーから得たロイヤリティーを、そのユーザーが実際に聴いたアーティスト“だけ”に支払うことで、プラットフォーム全体のトータル再生数から分配方式で計算される従来型の収益モデルに対し、よりフェアで透明性の高い支払いが可能となる。

【参考】https://dime.jp/genre/1154928/

アーティスト、レーベル、権利者、ユーザー、全ての人にメリットがある音楽ストリーミングの収益分配方法とは?

コロナ禍を契機に、日本でもYOASOBIに代表される夜好性アーティストなど、これまであまり見られることがなかったSNSでのバイラルヒットを起点にした、数百万から数億再生を突破するような音楽ストリーミングサービスでのビッグヒットが生まれることも決して珍しくないようになってきました。それによって、かつての"ストリーミングでは稼げない"という以前の認識も今では改まりつつあります。

【参考】https://dime.jp/genre/1177532/

構成/DIME編集部

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。