小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

全部で何足持ってる?履かなくなった「埋蔵靴」の実態調査

2021.12.01

あなたは靴を何足もっているだろうか?また、その中でもっともよく履く靴の種類は何だろうか?

そんな「靴」に関する実態調査がこのほど、Tropicfeel Japanにより、20代から50代までの全国男女400人を対象として実施された。

無駄が多い?靴の保有数1位は「8足以上」で34%、良く履く靴の数1位は「2足」で36%

Tropicfeel Japanは、2021年3月より日本国内で一般販売を開始、多機能、かつ環境配慮を意識した製造取り組みが評価されて、2020年、欧米を中心に3億円(クラウドファンディング)を売り上げたシューズブランド「Tropicfeel」の日本法人だ。

トロピックフィールジャパンが20代から50代までの男女400人(年代100人ずつ、男女均等)に対して、「現在、靴を何足持っていますか?」という質問をしたところ、1位は「8足以上」で34%(135人)、2位が「5足」、「3足」でそれぞれ14%(57人)、4位が「2足」で10%(42人)という結果となった。

続けて「その中で最近「良く履く靴」は何足でしょうか?」という質問に対して、1位が「2足」で36%(144人)、2位が「3足」で25%(101人)、3位が「1足」で22%(87人)という結果となった。3割のユーザーが8足以上の靴を保有しながら、良く履く靴は「2足」で4割近く、「3足以下」とすると、83%と8割を占める結果となった。

さらに「その中でも「良く履く靴」1位をお選びください」という質問に対して、1位が「スニーカー」で62%(248人)、2位が「革靴(ビジネスシューズ)」で16%(67人)、3位が「パンプス」で7%(28人)という結果になった。

「スニーカーが増えた、履かない靴が今後増えるだろう理由として、出勤が減った、お客様への訪問が減った、冠婚葬祭が減ったなど、TPOが減ったことが大きく影響しているだろうと思われます」(トロピックフィールジャパン、マーケティング担当・小川麻織氏)

これからは余計な靴を買わない?!「履かない靴」がある65%、買い替え頻度が減った30%

次に実際にどの程度「履かない靴」が存在するのかを問うために「最近履かなくなった靴は何足ありますか?」という質問したところ、「履かない靴は無い」が35%(139人)と1位だが、2位は「1足」で18%(72人)、2位が「2足」で17%(70人)、3位が「3足」で11%(45人)、4位が「4足」で7%(27人)と続く結果となった。つまり、1足以上あると答えた人は65%(261人)の6割を超えるユーザーが「履かない靴がある」と回答している。

「誰にでも履かない靴は必ずあるので一概にコロナの影響とは言えません。しかし、引き続きウィズコロナを考慮すると、無駄にならないよう、履かない靴が増えないようにと、消費者心理が進むと予測されます」(トロピックフィールジャパン、マーケティング担当・小川麻織氏)

さらに「靴の購入(買い替え)の頻度は、コロナ以前に比べて増えていますか?」という質問に対して、「はい、増えています」が4%(18人)、「いいえ、減っています」が30%(120人)、「どちらでもない」が66%(242人)という結果となった。

「3割のユーザーが、買い替え頻度が減ったと回答しています。これは、無駄な買い物をせず、本当に必要とする靴だけを購入する、消費者が選ぶ時代になったという表れでもあると、私たちは捉えています」(トロピックフィールジャパン、マーケティング担当・小川麻織氏)

”埋蔵靴”が勿体ない!不要となった靴は廃棄(捨てる)が44%で1位、続いてそのまま放置が40%で2位

続いて「履かなくなった靴が増えたらどうしますか?」という質問に対して、1位が「廃棄(捨てる)」44.0%(176人)、2位が40.8%(163人)、3位が「手入れをして保管」が19.5%(78人)という結果になった。

4割のユーザーはゴミとして廃棄し、4割のユーザーが下駄箱の中に閉ったままという状況のようであり「下駄箱に閉っていて大掃除の時に不要な靴はまとめてゴミとして廃棄する。そんな勿体ない”埋蔵靴”を増やす経験をしている方は多いのではないでしょうか。CO2削減や、人口減を背景に大量消費の見直しも必要とされる中で、長く使う消費も注目を浴びる中、靴もサステナブルを考える時代になったと実感しています。本当に必要なものを消費者へ提案する売る側の責任も重大だと感じています」(トロピックフィールジャパン、マーケティング担当・小川麻織氏)

出典元:株式会社クラウド・マーケティング
https://crowdmarketing.jp/


構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。